BLOG

英国ジュエリーとVINTAGE BIJOUX梅田店



こんにちは。
H.P.FRANCE BIJOUX梅田店のSUGIです。

皆さま先週のロイヤルウェディングのニュースはご覧になられましたか?

ニュースやインスタグラムで取り上げられた英国ヘンリー王子の姿と
ジバンシィのウェディングドレスをまとった、米国女優メーガン・マークルさんの美しさに
思わずため息がこぼれました。


IMG_1953wed.JPG



お祝いムード高まるイギリスから、
今日はBIJOUXのロンドンブランドをご紹介いたします。




LOQUET LONDON(ロケット・ロンドン)

loquetringstitle.jpg



loqpic.jpg


デザイナーは、環境問題への取り組みも注目される
英国のセレブリティのSheherazade Goldsmithと、 
モデルでありながらファッション誌の
コントリビューターも務めるLaura Bailey。
 ロケットペンダントという昔からあるアイディアを現代的にアプローチし、
ラグジュアリーでパーソナルなジュエリーを提案。 

天然石や、ラッキーチャームなどパーツを入れ、

カスタマイズその人のパーソナルロケットを創るのがコンセプトとなっています。


IMG_1947loq.JPG

バースデーやアニバーサリーにチャームを増やして、
自分の思い出をロケットにこめて身につけられる。
そんなパーソナルなジュエリー。
こんなに可愛くて、自分らしさが表現できるネックレスがあるなんて!
と初めて見た時は本当に衝撃と感動でした。
今もずっとその魅力は色あせず、
世界中のセレブリティやコアなジュエリーファンを虜にしています。




BROOKE GREGSON(ブルック・グレグソン)

BROデザイナー.jpg


デザイナーのBrooke Gregsonはロサンゼルスに生まれ、現在はロンドンを拠点に活躍。
有能なアーティストであり、テキスタイルデザイナーであり、ジュエラーでもある彼女。
 すべてのネックレスはハンドメイドで作られており、
アメリカやヨーロッパなど現代の宝飾界で高く評価されています。


IMG_1946.broJPG.JPG


梅田店には久しぶりに入荷したブルックのコレクション。
天体をモチーフにした夢のあるコレクションは誰もが憧れる一生もののジュエリーです。




H.P.FRANCE BIJOUX VINTAGE

IMG_1952wed.JPG


ヴィンテージコレクションのほとんどは、ロンドン駐在のバイヤーが
イギリスのアンティークマーケットをまわり、買い付けしています。

新たに入荷したミリアム・ハスケルのイヤリング。
コレクターも多いハスケルのジュエリーは、希少性の高い1点ばかりです。


IMG_1949bjv.JPG
IMG_1891bjv.JPG


人気のVINTAGERINGも少し届きました。
上品でキュートなガーネットのリングはヴィクトリア時代のもの。

装飾ひとつひとつがその年代を感じさせる、ロマンがあります。


IMG_1951bjv.JPG

初めて入荷したつばめのモチーフがかわいい。
ツバメチャームはイギリスではビクトリア時代の
1888年に発表されたオスカーワイルドの短編小説「幸福な王子」の中にツバメが登場します。

「街の中に立っている王子の像に頼まれて、ツバメが王子に付いている
宝石や金箔を剥がして貧しい人々へ届ける」という物語。
その物語の影響もあり、「幸福を運ぶ鳥」として、
ビクトリアンのジュエリーにとても度々見られるモチーフです。


IMG_1950bjv.JPG


ヴィンテージジュエリーも増え、ますます見応えのあるラインナップで
ジュエリーをご紹介しています。
初夏のジュエリー選びにぜひ、梅田店へご来店くださいませ。




10784844_360885204089468_1364141787_a.jpg




H.P.FRANCE BIJOUX梅田店
阪急うめだ本店 1階アクセサリー売場
tel:06-6313-1296
SUN-THU 10:00~20:00
FRI - SAT   10:00~21:00



↓please check here

  H.P.FRANCE BIJOUX WEB / BRIDAL / Director's Column

INSTAGRAM: BIJOUX / BIJOUX BRIDAL







PROFILE

【写真:kansai】
H.P.FRANCE / 関西エリア

アッシュ・ペー・フランスの関西スタッフが、独自の目線でコーディネートをご紹介します。 また、ちょっぴり仕事の裏側もお見せします。

Archives