BLOG

いろいろ紹介したい日


こんにちは。
H.P.DECOのスズです。

先週の休みに世田谷の松陰神社に行ってきました!
桜が満開で、お花見を楽しんでいるご家族が多く、
のほほ〜〜んとした雰囲気に癒されました。

春って本当に良い季節。

満開の桜も綺麗だけど、ふと足元を見たら・・・

n-180328_17.jpg

「野に咲く花のように」の歌詞で描かれる風景と同じく、
そよそよ春風に揺られながら健気に咲く小さな花たちが。

缶ビール片手に、心打たれた私でした...。




はぁ〜〜今日も良い天気◎

スタッフ・べーちゃんは、
よく休憩時間に表参道〜青山エリアを散策して
自分の「好き!」を見つけるために貪欲なアクティブ女子。

そんなべーちゃんがヒョッコリ写っているこの写真は、DECOの入り口です。

n-180328_11.jpg

すこし前に、入り口とASTIER DE VILLATTEコーナーに、
大きな大きなアンティークの窓枠が間仕切りとして取り付けられました。

なんだか新鮮な眺め!!

独特の風合いがたまらないアンティークガラスから見える
ASTIER de VILLATTEは、また一段と素敵。

n-180328_10.jpg

そんな空間で、私は小さな虹を発見しました。

マーガレットのカップに注目・・・!!

n-180328_14.jpg

突然ASTIER de VILLATTEコーナーに
虹が現れた理由は、これでした!!

ベルギーのブランド、SPIRIDON(スピリドン)の照明。
美しい浮遊感〜〜!

n-180328_15.jpg
◼︎300,000円+税

緩やかにカーブしたフレームにガラスパーツが綺麗に並び、
空間を上品で洗練された光で包みます。

このカットされたガラスパーツに光がさして、
プリズムが生まれたのでした。

n-180328_16.jpg

いま、DECOにはユニークな照明が盛りだくさんで、
2日前にもユニークな照明が入荷しましたよ!


フランスのガラスデザイナー、VANESSA MITRANI(ヴァネッサ・ミトラーニ)が
手掛ける、ビジューをイメージしたモダンな照明です。
インパクト抜群な上に、とっても可愛い!!

n-180328_2.jpg

DECOに入荷したカラーは、
ホワイトと、淡いミントグリーンの様な2色。

連なったゴールドのリングに、
雪だるまのような形に吹かれたガラス。
独創的なデザインが、一度見たら忘れられません...!

n-180328_1.jpg
◼︎各150,000円+税


ここ最近DECOには、続々と新しいアイテムが届いています〜。
暖かい季節、お部屋のファブリック周りに
鮮やかでエキゾチックなクッションを取り入れませんか?

ウズベキスタンの職人によって丁寧に織られた、
シルクとシルクベルベットのイカット柄クッションは、スズ一押し◎

n-180328_13.jpg
◼︎12,000円+税〜

大胆な色使いで、お部屋のアクセントになりますね。

この美しい生地は、1日に1平方メートルしか織ることができず、
生産にとっても時間がかかるのだそうです。

1点しか入荷していない柄も多いので、お早目にどうぞ!

n-180328_4.jpg

コットンやリネンなど、様々な素材をミックスして
ベッド周りをコーディネート。
柄×柄を合わせても、上品にまとまるんですよ!

n-180328_7.jpg

そうそう。

人気のフランスのファブリックブランド、
CARAVANE(キャラバン)も久々に届いております!

さらっと肌触りの気持ち良いリネン素材のマルチカバー、お待たせしました。
優しい春色が揃っておりますので、ぜひ広げてご覧くださいね。

爽やかなカラーが地持ち良いなぁ〜。

n-180328_8.jpg
◼︎29,000円+税〜

ベッドやソファーカバーとしてはもちろん、
テーブルクロスとして...端をクリップで止めてカーテンとして...
様々なシーンでご使用いただけます!


他にも、フカフカの可愛い子も発見。

n-180328_6.jpg
◼︎52,000円+税

サイズは180×110cm。

CARAVANEオリジナルの柄から、
通称:弱肉強食柄(よく見ると面白い柄なんです)と、
イエローが鮮やかなパピヨンの2パターンが入荷しております。

n-180328_9.jpg

また近いうちに、クッションやマルチカバーなどを組み合わせた、
コーディネートメインのブログも書きますので、お楽しみに〜♩


それから、大事なお知らせがひとつ。

インド出身のデザイナーが手掛けるアパレルブランド、
pero(ペロ)をH.P.DECOの空間でご覧いただけるのは、
4月1日(日曜)までとなりました...!!

n-180328_5.jpg

どんな素晴らしいお洋服が揃っているかは、
「ファッションに恋して」をご覧くださいね。

この機会に、ぜひ遊びにいらしてください!


ああ、なんだか今日のブログは、
紹介したいものがいっぱいで、ギュウギュウな感じ。
そんな日もあるよね。

でも、もっと丁寧にひとつひとつのブランドの事もお話したい...!
またそれは、いつの日か。




3月、DECO店内のBGMでジャック・ドゥミ監督の映画
「ロシュフォールの恋人たち」の曲が流れているので、
大好きなキャラヴァン隊の到着シーンで、今日はさようなら〜。



スズ
_____________________________

【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png


H.P.DECO

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-2-11

TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。






 

 

春の文化、風習、伝承はいかが?

 

こんにちは!

H.P.DECO丸の内店の、シロです。

 

待ちに待った春が、やってきましたね!

満開の桜!!

シロは夜桜が大好き♪

1522077327554.jpg


毎年 防寒対策をシッカリして、地元の桜通りを、

水筒に仕込んだ 焼酎お湯割りを呑みながら、のんびり歩くのが大好き♪

あぁ酒が最高に美味い♪

先日は、いつもと違う桜通りへ。

小さな川沿いの桜通り。

1522077317093.jpg 

なんて素敵なんだろう!

満開の夜桜を見ると、

吸い込まれそうな感覚になる。

 

もちろん昼間の桜も大好き♪

心地よい青空の下、ピンクや白の桜の花を見ながら呑むビールも最高()

 

日本の花見という文化、風習。

起源は、豊作祈願だったとか。

桜の花が咲くと 山の神様が里に降りてきた、として、

桜の木の根元に、酒や御馳走を供え、一緒に食べる事で、秋の実りを祈っていたそう。

なんて素敵な風習()

 

 

さて、

先週末から丸の内店も、お花見帰りのお客様で、賑わっています♪

そんな皆様が、吸い込まれる様に来店してくださるのは......♪

1522112284508.jpg

正面window

【 水金の文庫革  伝統+モダン+アジアン・フォークロアは如何?】

1522112270920.jpg

 

春の心地よい風の中、色とりどりの草花が、咲き乱れている様なwindow

目を止めると様々な柄の、水金の文庫革が並んでいて、

皆様目を輝かせながら来店してくださります♪

 

素敵なwindowの背景と共に、

少しだけご紹介♪

 

 

まずは

2018年の新柄

「宝石」

1522112026827.jpg

長財布がま口  色付き¥27.000tax  

左 エメラルド  右 ルビー


ジュエリーを愛して止まない、デザイナーが生み出した水金の宝石。

一番輝きが増す、ブリリアンカットをイメージ。

幾何学的な美しさをそなえた、新しい雰囲気が、とても素敵です。

 

1522112014526.jpg 

長財布ファスナー  色付き¥24.000tax  色無し¥23.500tax 

左 色無し 右 ダイアモンド

 

 

そして、こちらも。 

「ペイズリー」

 

植物をモチーフにした、繰り返し文様。

「永遠」を意味するエキゾチックな文様に、あえて日本的な彩色を施しています。

 1522123768417.jpg

ペイズリー青

 

目を見張る、鮮やかな青。

これだけ綺麗な青の革細工は、なかなかお目に掛かりません。

 

浮世絵師歌川広重の、最晩年に描かれた

「江戸名所三夕の眺」の第一景

「日本橋雪晴」の世界を、イメージした色彩。

世界のコレクターから「ヒロシゲブルー」として賞賛される、独特の青が再現されてます。

 

1522123777054.jpg 

ペイズリー黄

 

とても上品な、女性らしい雰囲気の色合い。

凛とした美しさがあります。

 

音読み「しょうぶ」の音が、勝負に通じる事から、武具の文様にも用いられた花、

菖蒲(あやめ)の紫色と、黄金を表す縁起の良い色、

江戸時代には小判のことを指したという、山吹の色合わせです。

 

 

「錦砂」

 

日本に昔からある柄ですが、おそらく中東より、伝来したものと推測される、

緻密で繊細で、とても華がある柄の、水金オリジナルカラーです。

1522129149102.jpg 

ピンク

やっぱり女性が好きな色♪

鮮やかな色味が、とても可愛いです。

 

 1522129142249.jpg 

グリーン

シロが初めて出逢った、水金の文庫革がこの色。

個人的に思い入れ深い一つ()

甘過ぎない雰囲気が好きな方に。

 

1522129134745.jpg 

がま札 色付き¥19.000tax   色無し¥18.500tax

 

イエロー

やっぱり、お財布はこの色で金運アップです()

柔らかい、綺麗な色味で素敵。

 

 

「亀甲」

1522123745201.jpg

 がま口 色付き¥9.000tax    


綺麗な紫色が均一に並ぶ、落ち着きのある上品な柄。

お着物にも合いそうです。


六角形の均整のとれた、幾何学柄の連続は、古代から見られる原始的な模様。

亀に象徴されるように、長寿を願う縁起の良い柄です。

 

 

「芥子の花」

1522123736797.jpg

 

またこちらも、色味が綺麗なこと()

柔かな芥子の花弁が、とても綺麗です。

 


「タイル」 

1522129450393.jpg 

カードケース 色付き¥10.500tax  

左 緑   右 赤


立体感があって、手に取ると型押しがよくわかります。

コロンとしか雰囲気と、深みのある色合いが可愛いです。

 

  

「猫目」

1522123757169.jpg

 

やっぱり目が離せない()    捕獲されちゃいました()

水金デザイナーの愛猫、クィンちゃんがモデルです。


日本では招き猫、エジプトではバステト。

古代から不思議な力を持つと信じられてきた猫。

とりわけ魅力的なのは、その瞳の美しさです。

 


他にも沢山の「水金の文庫革」を取り揃えています♪

 

こんな素敵なお知らせも♪

あ.jpg

 

丸の内店のstaffが、色とりどりの水金の文庫革と一緒に、

笑顔でお待ちしてます♪

 

シロ


 ***********************************************

【RECRUIT】

RECRUIT.jpg

H.P.DECO丸の内店では、一緒に働いてくださるスタッフを募集しております。
海外のさまざまなクリエイションに囲まれながら、
独自のインテリアスタイルをお客様に提案するお仕事です。


※週5日フルタイムで勤務してくださる方募集しております。

インテリアが好きな方、発信力のある方、体力に自信がある方、

自身の可能性を存分に活かし、一緒にお仕事しませんか?

ご興味のある方は、下記までお気軽にお問合せください。

H.P.FRANCE 人事部

tel:03-6427-4481

採用担当者宛採用担当者宛



DECO_marunouchi_logo.gif


★H.P.DECO丸の内 インスタグラムにてアイテムご紹介中!

◆通信販売ができます◆

本ブログ記事掲載の商品は通信販売が可能です。

電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

***********************************************


 


香りで心のデトックス

 
こんにちは。H.P.DECOのべーです。
先日のお休み、家にこもりやってやりました、断捨離。

春になると、断捨離欲が湧いてくるのは私だけではないはず。
要らないものを捨てて、身軽になりたくなりませんか?

さてさて、身の回りのデトックスも大切ですが
心のデトックスも案外重要かなと。
 
映画を見て思いきり泣いたり
友人とお酒を飲んだりすると気持ちが晴れてすっきりとしますよね。
でも、家の中でもっと気軽に心のデトックスをしたいとき
お勧めなのは、キャンドルを焚くこと。
 
IMG_6243.jpg

ASTIER de VILLATTEのパフュームキャンドルは
香りも素晴らしく、身体と環境にも優しいソイワックス製。
燃えるほどに空気を浄化し、
ゆらゆら揺らぐ炎には絶大なリラックス効果があるのですよ。

ちょっとした後悔や、日頃のもやもやは
お家でゆっくり浄化して
新しい季節を晴れやかな気分で過ごしたいですね。

毎月ご紹介している、季節におすすめのキャンドル。
本日はイタリアを舞台とした、2つの香りをご紹介いたします。

◆TIVOLI(チボリ)◆

IMG_8099.jpg

舞台は、イタリア・チボリ。
首都ローマから1時間ほどで行くことができるため、
豊かな緑と、穏やかな空気を求め
ローマからの小旅行として訪れる人も多いそうです。

およそ500年前のルネサンス期には
「ヴィラ(貴族の別荘)」がたくさんつくられ、
現代でも観光地として沢山の人たちが訪れ続けています。

数あるヴィラの中でも特に有名なのが「エステ家」の別荘。
チボリの香りは、エステ家の別荘をテーマにつくられています。

豊かな緑と水をたたえる別荘の庭園に足を踏み入れると...

聞こえてくるのは500を超える噴水と滝の、響きあう音色。

樹齢100年のイトスギの木陰で、ひと休みしていると、
噴水の水しぶきが優しく降り注ぎ
イトスギの木からは、シトラスの香りにも似た
しっとりとしたミストが感じられます。

水と木が生みだすシャワーに心奪われ、
まるで魔法にかけられたかのような、
うっとりとした気持ちにさせられます。


◆STROMBOLI(ストロンボリ)◆

IMG_8174.jpg

ストロンボリとは、イタリアのシチリアにある
ティレニア海に浮かぶ島のこと。

ブーゲンビリアが咲き乱れ、白い石造りの家が建ち並ぶ
南国情緒あふれる島ですが、ビーチの砂はなんと、真っ黒...!
それもそのはず、ストロンボリ島には活火山があり、
13000年前から火山活動が続いているため、
ビーチの砂は火山灰の影響を受け、真っ黒なのですね。

そして、島の頂上からは
真っ赤な溶岩が吹き上がる様子を今でも見ることができるのです。

黒い砂浜を起点に、斜面を登りながら島を散策してみると...

からっとした風に乗って運ばれてくるのはオレンジやレモン、オリーブの香り。
木立を抜け、歩み進めると、木々が混ざり合う魅惑的な香り。
さらに進めば、タイム、コリアンダー、バジル、そしてジャスミンなどの
焼け付くような日差しを浴びた、植物の力強い香り。

頂上に近づくにつれて、感じられる香りが変わる。
その感動を一つのキャンドルで表現しているのです。

ちなみにこちらのSTROMBOLIのキャンドル、
ASTIER de VILLATTEのデザイナーの一人
イヴァン・ペリコリが現在愛用中の香りだそうですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TIVOLIが日陰だとしたら、STROMBOLIは日なた。
 
TIVOLIは木陰で水しぶきを浴びながら、ゆったり安らぐイメージ。
STROMBOLIは降り注ぐ太陽の下で冒険に出かけるような、活力あふれるイメージ。

「安らぎ」と「活力」
皆様の心に響くのは、どちらでしょうか。
キャンドルに込められたメッセージに思いを馳せながら、
自分と向き合う時間をつくってみてはいかがでしょう。


さて、ASTIER de VILLATTEが手がける香りの中から
お勧めしたい香りがもう一つ。
オー・デ・コロンの「ELIXIR DU DR FLAIR(エリクス・デュ・フレー)」です。

IMG_8231.jpg

「ELIXIR DU DR FLAIR(エリクス・デュ・フレー)」とは
DECOスタッフK村さんによれば
「小洒落た博士が作った秘薬」というなの意味だそう。(なんて素敵な...!)

「ELIXIR=秘薬」というネーミングをを冠したこちらのコロンは、
昔年の秘薬のレシピより着想を得て、作られました。

ファーストノートはプチグレンやラベンダーなどの花と柑橘の香りががフレッシュに香り、
ミドルノート以降は、ヨーロッパで親しまれてきた薬草・ヨモギを中心とした
心地よいアロマが香ります。

心身に活力を与えてくれる秘密の香り。
ユニセックスな香りなので、男性女性問わずお使いいただけるので、
女性から男性への香りのギフトとしてもおすすめ。
DECOスタッフ・GTさんも愛用している香りです。

 
もうすぐ4月。
ブログを書いているまさに今、都心では桜が満開だとか...

4月は環境や気持ちの変化が多い時期かと思いますが
心を晴れやかにしてくれるアイテムとして
ASTIER de VILLATTEの香りを使っていただければ嬉しく思います。

それではまた!
 

 
べー

_____________________________

【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png


H.P.DECO

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-2-11

TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。






 

 

ファッションに恋して


こんにちは〜。
H.P.DECOのスズです。

GTさんブログに最近登場した、うさぎのポッキーちゃん。
ふわふわの生き物との暮らし、めっちゃ羨ましい...!!!
憧れの毛のある生き物。

対抗するわけじゃないけど...
スズ実家で20年程飼っているカメだって、可愛いのよ。笑

kame.jpg

今月あたま、冬眠を終えて「よっこらしょ」と目覚めました。
いやはや、春ですね〜。



さて、話は変わりまして。
ご覧くださいましたか?

peroって、着るとこんなに素敵!可愛い!!
っていうのを伝えるべく、身長153...いや、152?のDECOイチ小柄な
わたくしスズが実際に着てみました。

モデルみたいなスラっとした体型には憧れるけど、
自分なりの着こなしで自由に楽しめれば、それで良いのだ。
ファッションは楽しい◎

180324_8.jpg
◼︎リネンの刺繍チュニック 125,000円+税
◼︎ネイビーリネンパンツ 70,000円+税 ▼H.P.F,MALL


リネンのチュニックには、青いバラの立体的な刺繍が。
袖下の生地の合わせ方は、peroの計算し尽くされた美しいパターンから生まれます。
ここが、動く度ふんわりとしたシルエットになるポイント!

180324_11.jpg

程よい透け感のザックリしたリネンは、着心地も最高〜。

てんとう虫は、葉っぱの先っちょ!
よく見ると、生地の縫い合わせ部分はピンクの糸を使っています。

180324_12.jpg

dec_00002940-0230181_detail_08.jpg  dec_00002940-0230181_detail_02.jpg

合わせて着ているパンツも、着心地抜群なリネン素材。
品のある濃紺で、様々なトップスと合わせやすいですよ!

ゆったりシルエットで、ゴムのウエスト。そして嬉しいポケット付き◎
裾の赤いラインがアクセントです。

dec_00002940-0307181_detail_04.jpg  dec_00002940-0307181_detail_05.jpg

紐を絞ってハイウエストで履けば、
こんな感じでショート丈のお洋服にもバッチリです。

180324_4.jpg
◼︎ストライプ×刺繍のカットソー 280,000円+税  ▼H.P.F,MALL

こちらのトップスは、職人さんに拍手を送りたくなる素晴らしさ!!
太めストライプの生地全体に、細かな花の刺繍がたっぷりと施されています。

これ一着の制作に、いったいどれだけの時間を費やしたのだろう...!?
ふと、そんな風に思ってしまうほど見事な手仕事です。

180324_3.jpg

裏地にシルクの花柄を使うあたりも、ぬかりない。
パーフェクトに可愛い、贅沢な一着をどうぞご覧あそばせ〜〜♩

dec_00002940-0109181_detail_04.jpg  dec_00002940-0109181_detail_08.jpg


こちらの細いストライプの生地は、
シルク50%、コットン50%の肌触りが絶妙に気持ち良い。

さらり、するり、トロンとした...う〜ん何と表現したら良いものか。
ぜひ実際に触っていただきたいです!

180324_5.jpg
◼︎シャツ 81,000円+税 ▼H.P.F,MALL
◼︎パンツ 76,000円+税 ▼H.P.F,MALL

dec_00002940-0210181_detail_01.jpg dec_00002940-0210181_detail_06.jpg
パンツのボタンは、peroオリジナルのボタンが並んでチャーミング。
サルエルパンツの様なゆったりと抜け感のあるデザインなので、
足元はパンプスやブーツで格好良く合わせるのがお勧めです!

dec_00002940-0319181_detail_03.jpg  dec_00002940-0319181_detail_02.jpg

こんなに素敵なセットアップを着たら、
浮かれてそのままイェーーイ♩と遊びに行きたくなってしまうけど、
さすがにまだちょっと上着が必要な季節...。


このフード付きジャケットは、きっと大活躍間違いなし!

180324_9.jpg
◼︎フード付ジャケット 139,000円+税 ▼H.P.F,MALL

180324_7.jpg

先ほどの濃紺のパンツと同じくリネン素材。

ゆったりした着心地がカジュアルな印象ですが、
フードには裏地の花柄が見えて女性らしさがプラスされています!

dec_00002940-0135181_detail_08.jpg  dec_00002940-0135181_detail_04.jpg

色違いで、ベージュ系もありますよ〜!
裏地の花柄も、優しい色合いで春らしさ満点です◎

dec_00002940-0134181_detail_03.jpg  dec_00002940-0134181_detail_06.jpg
◼︎フード付ジャケット 139,000円+税 ▼H.P.F,MALL


ジャケットの中で、一番と言って良いほど目を引くのがこちら。
最初にご紹介したリネンのチュニックと同じく、
立体的な刺繍が全体に施された、一生もので大切にしたい一着です!

180324_2.jpg

見てください。この見事な手仕事...!
360度ぐるりと、どの方向から眺めても美しや。

180324_1.jpg

シンプルなブロックチェックの柄に、
丁寧に丁寧にハンドメイドで刺繍されていて、
peroのこだわり、インドの手仕事の素晴らしさを感じます。


 チラッ・・・

180324_10.jpg

し・か・も、リバーシブルですから!!

気分に合わせて、自分だけの着こなしをお楽しみ下さい。
peroの世界観が詰まった、本当に素敵なジャケットです!
dec_00002940-0121181_detail_01.jpg dec_00002940-0121181_detail_07.jpg
◼︎リパーシブル刺繍ジャケット 273,000円+税 ▼H.P.F,MALL


それからもうひとつ、peroからご紹介したいアイテムが。

以前にも好評ですぐに完売してしまった、
pero × adidas「Stan Smith」モデルの、
コラボレーションスニーカー入荷していますー!

dec_00002940-0501181_detail_02.jpg
◼︎pero×adidas スニーカー 105,000円+税 ▼H.P.F,MALL

色鮮やかな鍵編みのお花が装飾された、
なんとも心踊るスニーカー。

「お洒落は足元から」とよく言いますもんね。

スニーカーup.jpg

現在DECOには、サイズ37・38のご用意があります。
ぜひご試着してみて下さいね!

スニーカー箱.jpg

ぶわーん!箱もこんなに可愛い・・・涙

ハンドメイドにこだわった、peroにしか出来ない特別なアイテムを、
ぜひこの機会にぜひーー!!



そうそう。

「お洒落は足元から」と言ってスニーカーを紹介したばかりですが、
「手元から」とっておきのアイテムを身につけるものGOOD!

180324_13.jpg

岡山のガラス作家・オカベマキコさんが手掛けるリングが待望の再入荷です。
早いもの勝ちですよ〜!!

指元で揺れ動く大小異なるガラス玉は、すべて手仕事により作り出されます。
今回は、真鍮リングとシルバーリングの2種からお選びいただけます。

180324_14.jpg
◼︎12,000円+税〜30,000円+税

サイズフリーですので、店頭にてすぐに調整が可能です。
お気軽にご試着してみてくださいね!

180324_15.jpg

私のお気に入りは、人差し指につけたブルーグレーの様な絶妙なカラー。
それからフランス人形のお顔がちょっぴりシュールなホワイト。

最後に、
スグリの実の様な、みずみずしい綺麗なレッド。

180324_16.jpg

はあーー。どれも素敵。
悩ましいわ...


恋をすると、頭にお花が咲いたみたいって言いますが、
私はいま欲しいファッションアイテムが多すぎて、お花が咲いた状態。

また、今週末はBazar et Garde-Mangerが8周年!!!
という事でフランスから人気ブランドのお洋服をはじめ、
ファッション小物など魅力的なアイテムが盛り盛り届きました!

詳しくはキモトさんのBLOGをチェックしてみてください★


春はお出かけが楽しい季節。外に出かけよう。
ファッションに恋しよう!!


スズ
____________________________

【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png


H.P.DECO

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-2-11

TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。










【 水金の文庫革 伝統 + モダン + アジアン・フォークロアは如何? 】

こんにちは!

H.P.DECO丸の内店のシロです。

 

今日から、正面windowが新しくなっています♪

1521770941697.jpg

 

【 水金の文庫革 伝統+モダン+ アジアン・フォークロアは如何? 】

 

浅草の 「文庫革」という革工芸品のお店で、

創業90周年の「文庫屋大関」

そこの職人が一つ一つ作る、

オリジナルデザインの「水金の文庫革」


1521770927331.jpg

1521770827238.jpg


1521770819498.jpg

 

色とりどりの文庫革が、window を 鮮やかに飾ります。

 

そして素敵なお知らせです♪

Window.jpg

 


この機会に是非お立ち寄りください♪

お待ちしております。



シロ


***********************************************

【RECRUIT】

RECRUIT.jpg

H.P.DECO丸の内店では、一緒に働いてくださるスタッフを募集しております。
海外のさまざまなクリエイションに囲まれながら、
独自のインテリアスタイルをお客様に提案するお仕事です。


※週5日フルタイムで勤務してくださる方募集しております。

インテリアが好きな方、発信力のある方、体力に自信がある方、

自身の可能性を存分に活かし、一緒にお仕事しませんか?

ご興味のある方は、下記までお気軽にお問合せください。

H.P.FRANCE 人事部

tel:03-6427-4481

採用担当者宛採用担当者宛



DECO_marunouchi_logo.gif


★H.P.DECO丸の内 インスタグラムにてアイテムご紹介中!

◆通信販売ができます◆

本ブログ記事掲載の商品は通信販売が可能です。

電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

***********************************************






 


1点もののファブリック


こんにちは。H.P.DECOのGTです。

折角桜が咲き始めたのに、まさかの雨続き。
しかも今日は雪まで降るなんて。

なんだかテンションあがりませんねぇ~。
そして、花粉が飛んでいないはずなのに雨・洪水続きなGTの目鼻...。
・・・なんだかなぁ~。

これは、浮かれポンチな春を迎える前に、
「一度冷静になりなさいよ」という事なのかしら。
だったら、外で遊ぶ前に
他でテンションのあがることをしてみましょう。


雨ならば
変えてみようか
ファブリック  (字余り。)


(・・・全然上手く詠めてないのはスルーで。)



そう!
H.P.DECOに、久々にヴィンテージキルトが入荷しました!


gt-08-20.jpg

en fil d'Indienne... による、ヴィンテージキルト。


どれもが1点モノの、美しい手仕事のファブリック。

gt-08-10.jpg
¥20,000+税~

裏と表で、はっとするほど色彩が異なるものもあれば、


gt-08-19.jpg gt-08-14.jpg

同系トーンでまとまったものもあり、その個性は十人十色。


gt-08-08.jpg

広げると、こんな感じ。
サイズも厚みも、それぞれ違います。

gt-08-12.jpg

生地と生地とは、偶然に隣り合わせになっただろうけど
だからこ生まれた美しさは、古いものを大切にするその感性が詰まった1枚。

gt-08-09.jpg

生地が傷んだところは、こうしてまた別の端切れをあてて大切に縫っています。

ひと針ひと針、この細かいステッチがすべて手仕事なのだと思うと、
その仕事量に頭の下がる思いです。


gt-08-18.jpg gt-08-17.jpg

ベッドカバーとして。
ソファーにさらりと。
薄手ものものは、パーテーションとしてもいいと思います。


gt-08-16.jpg

金糸が使われたものは、ドレープを出すと一層きれいだろうなぁ!


gt-08-15.jpg

お!これはなんと、バイク柄!
珍しいですねぇ。


GTはこれが一番好き!


gt-08-07.jpg

ブルーの単色だけど、木版のようなパターンや
刺し子のステッチが映えるシンプルなデザイン。
1枚でいろんな場所で使えそう!


gt-08-06.jpg

そして、こちらはパッチワークがふんだんに施された
少し重たさのある1点。

インテリアとしてはもちろんのこと、
あまりにも美しいので
ファッションにも取り入れて、身に纏わせてみたい。

そう、こんな感じで。





gt-08-05.jpg

タイトル 『花粉症のない国に行きたい』 作:GT&スズ


いや、すみません。
でもね、本当に美しいんですよ!

gt-08-04.jpg

こんな風に、ストールのように羽織ってみるのいいでしょう?
どの部分が見えるようにしようかな、と
毎日違った楽しみも味わえると思います。


色々なスタートが始まり、忙しい春。
よーいどん!でバタバタする前に、
とっておきのファブリックでゆっくりとした時間を過ごすのも良いですね!


私も、ぽっちゃん(ポッキー・うさぎ)と
新しいファブリックに囲まれながら、ゆっくりな時間を過ごしたい。

gt-08-01.jpg

ぽっちゃんはセロリを。私はお酒を。

い~ぃ時間~。美味しいねぇ~♪


と、酔っ払ったら最後・・・

gt-08-02.jpg

こらぁ!それは私の大事なカーテンだぁ!



gt-08-03.jpg

あぁぁ!それはおトイレ用の大事な紙だぁ!


うさぎがお部屋で散歩することを「うさんぽ」というらしいのですが、
ぽっちゃんはうさんぽが大好き。

GTがお家に帰ると、
「はよここから出せ!」と大騒ぎし、
ゲージから出してあげるとたちまち走り回り、
なんでもがじがじ噛んで、かみかみして、とても楽しそう。

・・・そう、GTの大事なあれやこれやも。
がじがじがじ・・・。

・・・当分目が離せません。


それでは、また!



staff GT
_____________________________

【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png


H.P.DECO

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-2-11

TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。







peroの春夏コレクションが届きました!


こんにちは。
H.P.DECOのスズです。

最近、私は日々戦っています...
毎年恒例でやってくるアイツ。


今日も朝からくしゃみが止まらず鼻がムズムズ。
そう、憎っくき敵「花粉症」。
かかってこいや〜〜!とマスク装着&目薬&飲み薬で
フルガードで外出しても、やっぱり辛いんだよなぁ。

でも、外はこんなにポカポカ...あったかいんだからぁ〜♩(古いか)
出掛けずにはいられない私。

180315_1.jpg

最近、私の中でブームの色は「PINK」ちゃん。
水金地火木土天冥海で買った、ドピンクなキュプラの羽織に、
足元は新作のBADELAINE(バドレン)の靴下。

花粉症にやられていても、これだけで気分が上がります!
ルンルンのルン〜♩



という事で...!今日は思わず外に出掛けたくなるような、
とっておきのお洋服をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
        peroロゴ.jpg

インド出身のデザイナー、アニース・アロラによるブランド"pero(ペロ)"。
ブランド名はインドのラジャスターン州の言語であるマールワール語で、
[to wear = 着用]を意味します。

母国インドの伝統技術や、ローカルな文化に身をおく人々のドレススタイルや、
日常着に惹きつけられ"pero"というブランドをスタートさせました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スクリーンショット 2018-03-14 15.40.57.png

DECOでは久々の展開となるインドのアパレルブランド、
pero(ペロ)が久々に入荷しましたよ〜〜!

今日は、スプリングコートとワンピースを中心にご紹介しますね。

IMG_0008.jpg
◼︎318,000円+税 ▼H.P.F,MALL

細部までこだわり抜かれたディテールは感動レベル...!!
もはや「作品」と呼べるほどの細やかなハンドメイド技術に驚かされます。

上品なチェック柄に、立体的な花の刺繍がたっぷりと。
後ろ姿も見逃せません。

スクリーンショット 2018-03-14 15.40.49.png

裏地にはシルクのエレガントな花柄がチラリ。
胸元のボタンには、可愛らしいてんとう虫が・・・!!

dec_00002940-0118181_detail_07.jpg  dec_00002940-0118181_detail_08.jpg

peroのボタンは、どれもオリジナルで作られたもので、
ひとつひとつ本当に素敵なのです。

中でもてんとう虫ボタンは特別で、
今回のコレクションのテーマでもあり、手作りの愛情を感じます。


こちらのコートも素敵。着てみました!

180315_10.jpg
◼︎280,000円+税 ▼H.P.F,MALL

ざっくりとした生地に、胸元と袖には華やかな刺繍が!

昼間暖かくても、夜冷えるこの時期は、
サッと羽織れるスプリングコートがあると良いな〜。

180315_9.jpg

バックスタイルのベルトも素敵◎

180315_11.jpg

peroのコートはなかなかのお値段ですが、
実際にご覧いただければ、その理由もお判りいただけるかと思います◎
ずっとずっと大切に着ていきたい、そんなコートです。



さて、お次は軽やかなワンピースをご紹介。

IMG_0014_1.jpg
◼︎117,000円+税 ▼H.P.F,MALL

しなやかな白い生地に、細いボーダーが上品なワンピースです。
前開き部分と、お袖に贅沢なレース。
ボタンを全部開けて、軽めの羽織りとして使っても爽やかですね。

180315_13.jpg

刺繍のてんとう虫がキュート!


そして、バックスタイルもこんなに美しい〜。
インナーに明るい色を合わせて、レイヤー感を楽しめる一着です◎

180315_12.jpg


ブロックチェックと花柄を合わせたワンピース。
peroらしい、ふわりとしたシルエットです。
デニムを合わせてカジュアルな印象にしてもGOOD!

IMG_9982.jpg
◼︎92,000円+税 ▼H.P.F,MALL

てんとう虫どこだろう・・・
と探したら、ちゃんと袖にいましたよ!さり気ない場所にひっそりと。
愛くるしい〜。

180315_4.jpg



淡いブルーのすっきりとしたシャツワンピース。
ぎゅっとギャザーが入って女性らしさもプラスされた、
シンプルながらもperoらしい技ありなデザインです。

IMG_9984.jpg
◼︎103,000円+税 ▼H.P.F,MALL

襟はボタンを全部閉めてもよし、
ちらっと裏地の花柄の見せて、首元をすっきりさせても素敵です。

180315_7.jpg  180315_6.jpg

こちらは背中にてんとう虫。
赤いラインが1本入っているのがポイントです!

180315_8.jpg


このチェックワンピースも、peroの定番シルエット。
ハンドメイドの鍵編みのお花がついた紐を、
手前でキュッと調節して立体感を出して着てみてください◎

IMG_9986.jpg
◼︎89,000円+税 ▼H.P.F,MALL

襟元はゆったりと大きく開いて涼しげ。
季節によっては、中にタートルネックなどを重ね着しても良さそうです。

180315_5.jpg

他にもご紹介したいお洋服がたくさんあるのですが今日はここまで!
どれも、気分が上がる素敵なデザインばかりです♩

peroの公式インスタグラムでは、製作過程でコレクションの世界観を
より濃厚にお楽しみいただけます。
インドのハンドメイド技術の素晴らしさに圧倒されますよ〜。
ぜひ★こちらをチェックしてみてくださいね!

また次回、パンツやトップスなどをご紹介しますのでお楽しみに〜。



さて最後に・・・
スズハウスのある日の朝食。

180315_2.jpg

こらこら野菜をとれ!と突っ込みたくもなりますが、
使った食器をBlogで紹介しよう!と急に思い立ったので悪しからず。

Bazar et Garde-Mangerで買った、南仏の蚤の市のお皿に焼きたて食パン。
ドイツのKuhn Keramik(クーン・ケラミック)の小さなボウルに、
溶かしたBELLOCQの蜂蜜を少々。

パンに蜂蜜をつけて食べると本当に美味...!
蜂蜜のご紹介はこちらからどうぞ。▼H.P.F,MALL
私は、ウィリライキ・ブロッサムハニーがお気に入りです◎


そして、
ラ・スフルリーのガラスの器に、ヨーグルト×グラノーラ×BELLOCQのジャム。

180315_3.jpg
◼︎2,500円+税

これが最近のいちばんのお気に入り。
デザイン、サイズ感、手吹きならではの歪みや気泡の感じもツボー!!
暖かくなって、こういった涼しげな食器を使いたい今日この頃です。

BELLOCQのジャムは「Mayer Lemon&The Earl Grey」。
レモンの果肉を、ベルガモット香るアールグレイで優しく煮込んだもの。

dec_0000419-0803172_detail_10.jpg

大好き過ぎて、つに3瓶目となりました。笑
皆さんも、お気に入りのジャムを見つけてみてください。▼H.P.F,MALL

それではまた〜!



スズ
_____________________________

【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png


H.P.DECO

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-2-11

TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。







丸の内から素敵なお知らせ


こんにちは!
H.P.DECO丸の内店です。


期間:3月16日(金)〜3月20日()

 

IMG_5993.JPG

上記、先着15名様に
素敵なプレゼントをご用意しております。


皆様のご来店お待ちしております。

***********************************************

【RECRUIT】

RECRUIT.jpg

H.P.DECO丸の内店では、一緒に働いてくださるスタッフを募集しております。
海外のさまざまなクリエイションに囲まれながら、
独自のインテリアスタイルをお客様に提案するお仕事です。


※週5日フルタイムで勤務してくださる方募集しております。

インテリアが好きな方、発信力のある方、体力に自信がある方、

自身の可能性を存分に活かし、一緒にお仕事しませんか?

ご興味のある方は、下記までお気軽にお問合せください。

H.P.FRANCE 人事部

tel:03-6427-4481

採用担当者宛





DECO_marunouchi_logo.gif


★H.P.DECO丸の内 インスタグラムにてアイテムご紹介中!

◆通信販売ができます◆

本ブログ記事掲載の商品は通信販売が可能です。

電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

***********************************************





PARIS


H.P.DECOのK村です。


IMG_0165 (003).jpg



「ブログを書いてもらえませんか?パリについて。」

  

先日思いもよらずブログの執筆を頼まれた。

普段一切書く事もないブログというジャンル。それもパリを主題とした。

慣れない文体と壮大なテーマを思うと引き受けることに躊躇を覚えたけれど、

何かふと背中を押されたような気がして、どうしてか引き受けてしまった。

 

そういう訳で、今こうしてパソコンに向かって執筆を始めたわけだけれど、

普段からブログを書かない僕のパソコンは、

「ぶろぐ」と打ち込んでも「部ログ」と変換する始末。

いやはや大変なことを引き受けてしまった。


 

IMG_0166 (003).jpg

 


さて、パリである。

これはとても個人的な意見だとは承知だけれど、

パリの魅力は街の片隅にあるように思う。


大通りを曲がった先にある小道。ギシギシと音を立てて登った階段の先。

重厚な樫の扉を開けた先。その先々で出会う街の片隅の景色は

とっても「いま」だったり、驚くほどに「むかし」だったりする。

勿論、世界中のどの街の片隅にも「いま」と「むかし」は共存している訳だけれど、

パリは特に「いま」と「むかし」が幾重にも折り重なって

重層的に一つの街を形成している稀有な街のひとつだと僕は思っている。


街行く人々もそうだ。通りに面したカフェのテラスには、

珈琲片手に1人読書に浸る若者。その横では、老人達が楽しそうにお喋りに興じている。

街を行きかう人々が、「いま」と「むかし」を繋ぎ、草木に水を与えるように、

街の片隅に潤いを与え、保持している。


仕事柄、何度もパリを訪れてきたから、今ではお気に入りの街の片隅が結構できた。

それはお店やレストラン、作家とそのアトリエだったり、それにお気に入りの石畳の路地や、

窓辺にガーデニングされたゼラニウムが素敵な建物だったりするのだけれど、

そんな片隅を線で結ぶととても歪な線になる。


パリを訪れるたびに私的な片隅は増えて、線はより歪になっていったけれど、

それは僕にとってのパリが出来上がっていく証拠でもあってとても嬉しく思ったものだ。

ルーブルも凱旋門も良いけれど、もしパリを訪れることがあれば

是非自分だけの片隅を見つけてほしいなあと思う。



 ADV_0016891.JPG

                           ©Sophie Delaporte

 


アスティエ・ド・ヴィラットのデザイナー2人が著したパリのシティガイド、

MA VIE A PARIS(私のパリ生活)は、街の片隅を探索する際に実際すごく役にたった。


それはこの書籍に掲載されたアドレスが全て、デザイナー2人が日常的に訪れ、

利用しているパリの住所を掲載しているからで、

旅行ガイドでは絶対に見つけられないアドレスが網羅されている。

本屋さん、金物屋さん、絵画のフレーム屋さん、それに鳥の病院まで。


ここまでの街の片隅の網羅は勿論パリに暮らす人にしか出来ないだろうし、

タウンページの様な住所録は確かに全ての住所を掲載しているけれど、

どこがいいとか悪いとか、そういうことはわからないから。



NYのデコパージュ・デザイナーJohn Derian(ジョン・デリアン)

展示会でパリを訪れた際、滞在先のアパルトマンの部屋の鍵が壊れて、

MA VIE A PARISに載っている鍵屋さんに連絡したら、

直ぐに駆けつけてくれて修理してくれたって言っていた。

パリで直ぐに駆けつけてくれる鍵屋さんなんて、なかなか見つけられないものだけれど。

 

adv 01- Cut Out.jpg

◼︎MA VIE A PARIS(フランス語版、日本語版とも8,000+税)



全頁活字組版で印刷されたMA VIE A PARISは、

タイトルの赤字以外、全て黒の一色刷仕上げ。

押し入られた沢山の写真も例外ではなく、黒一色で印刷されている。


新しい書籍なのにどこか懐かしく思えてくるあたり、

とってもアスティエ・ド・ヴィラットらしい仕上げだと思うし、

ひいてはパリのある側面を誠実に表現しているともいえる。

不便だけど小粋。頑固だけど情実。それに「いま」と「むかし」。

 

デザイナーのイヴァン・ペリコリとブノワ・アスティエ・ド・ヴィラットは

前書きを次のように綴って、この書籍の序文としている。



パリは、住む人の数だけある。

それぞれに、通いなれた路や馴染みの店もあれば、新しい発見や出会いがある。

世の流れと人の関わりが移ろう中で、誰しもが自分だけのパリを生きている。

(まえがき抜粋)

 

 

ああ。こんなこと書いていたら、パリにまた行きたくなってきた。

そろそろ4月。春から初夏にかけてのパリ、いやフランスは最高だから。


強まった日差しがオスマニアンの街並みを照らし、街路樹は草木を繁らせて、

街のあちらこちらで花々が咲きひらく。

春の乾いた風が、日に照らされた古い石と草花の香りを街中に届け、

冬の間は感じられなかった街の色彩や匂いが、淡くも華やいだ輪郭を持ち始める。

 


img78.jpg 


パリをベースに活躍するイラストレーターで映像作家

Marin Montagu(マハン・モンタニュ)

彼の作品は、そんなパリらしい色彩を軽やかに表現しているように思う。


ジャック・ドゥミの映画みたいに、色が心地よいリズムを刻んでいる。

ただ、彼のパリらしさは、どこかパリを離れたときに感じるパリへの憧憬と

その彩りに類似しているように感じる。

パリへの憧憬を試験管に注いで蒸留し、精製したアブソリュートを希釈してできた

オー・デ・コロンのようだと、個人的には思っているのだけれど。


香りを添えるなら何だろうか?

クラシックな安息香をベースノートに、アイリスのフローラルノートと

ラベンダーやバジルでフレッシュさ、それにプチグレインで柑橘の爽やかさを足したような。


img69.jpg
◼︎Marin Montagut × Antoinette Poisson "Le Jardin des Tuieries" (4,000円+税)
 

 

パリに暮らし、パリを題材に作品を作ることが多いMarin Montagutだけれど、

実際に暮らしながらもパリへの憧憬に似た感情を汲み取り、

作品として表現できるところに彼の非凡な才覚を感じる。

 

そういえば以前パリに住む知り合いが、彼らしいパリの楽しみ方を教えてくれた。

「パリの街の一番良い時間はね、夜明け前だよ。まだ街の大部分が眠っていて、渋滞もクラクションもない。

タクシーをつかまえて、自由に街を回遊してもらいながら、

窓を開けて、目覚めていく街を眺めるのが最高なんだ。

気が向いたらタクシーから降りて、まだ寝ぼけた街を散策してもいいしね。」

これは未だ試したことがないから、次にパリを訪れた際は騙されたつもりでやってみようかな。


  

IMG_0168 (002).jpg

 

パリについて書いていたら、昔読んだヘミングウェイの随筆の書き出しが

ぼんやりと浮かんだから、気になって本棚の後の方から引っ張り出して、

頁を開いてみた。

 

 

もし幸運にも、若者の頃、パリで暮らすことができたなら、

その後の人生をどこですごそうとも、パリはついてくる。

パリは移動祝祭日だから


ある友へ

アーネスト・ヘミングウェイ

1950

 

 

なるほど、このブログを引き受けた時に僕の背中を押したのは、僕のパリだったんだな。

異邦人にとっても、やっぱり自分だけのパリは存在している。

それは、パリの片隅が僕の中に根付いて、僕自身の片隅になっているからだろう。


H.P.DECOには、そんなパリの片隅で出会った作家たちの作品がたくさん置いてあります。

パリだけではなく、世界中の片隅で出会った作品もしかり。

是非ご来店いただき、実際に手にとって、自分だけのお気に入りの何かを

見つけていただければと思っています。



K村

____________________________

【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png

H.P.DECO
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-2-11
TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。





 

 

 

美味しい料理と素敵なインテリアに

こんにちは!

H.P.DECO丸の内店の、シロです。

 

先日、凄い素敵な お宅に、遊びに行って来ました!

リノベーション可の古いマンション。

「お邪魔しまーす」と玄関で靴を脱ごうとしたら...「あ、土足でイイから」

え......!?ここは海外ですか?

とゆうか、壁も床も全て白い木材!

家具も真っ白!!

フランスのアンティーク家具で、どれも素敵♪    大きな鏡が二つもあったなぁ。

お風呂は猫足のバスタブ!

実際に家にあるの初めて見ましたよ!

 

シロが一番気に入ったのはコレ。

1520815334397.jpg

200年前フランスの協会で使われていた、花嫁が座る椅子。


実際に座らせて貰いました!

何コレ!?

触った時は硬めだと思ったのに、座ると全然違う!!! 柔らかい!

大興奮ですよ()

花嫁のドレスが シワにならない様に、作られているんですって。

 

住人の仕事用の椅子 (ウン十万円)も 座りましたが、感動が違う!

あぁ、椅子好きな友達にも、座らせてあげたい...!

 

フランスの、アンティーク家具が多いそうで、DECOのお客様にも見せてあげたい...!!

しかも、ほぼ全てのリノベーションは、本人が手掛けたそうです。

そして料理も最高に美味しかった!!

何者ですか?()

ワインが進む進む()

 

あぁ、こんな素敵な空間に、最高に美味しい食事♪

絶対合うだろうな~♪

 

ASTIER de VILLATTE

フランス・パリの陶器ブランド。

黒い土に、白い釉薬を塗っていて、独特の風合いが魅力のASTIER de VILLATTE

職人の残す「跡」を 大事にした陶器は、一

つ一つの表情が異なり、個性でもあり美しさでもあります。

まるで、絵画を引き立てる額装の様に、凛とした雰囲気。

 

丸の内店に、先日入って来たばかりの、陶器達をご紹介。

1520815267873.jpg

Octave プレート  9.50019.000tax

フラットな八角形のプレート。

料理は、和洋中どれでも、美味しく盛れそう♪


1520815278466.jpg 

Sobre  ゴブレット ¥12.000tax

 

小さなゴブレット。

このフォルムは本当に素敵。

これで白ワインでも、ゆっくり飲もうかな♪

 

JOHN DERIANとのコラボシリーズも入荷しました!

1520815294950.jpg

蝋燭のプレート¥14.000+tax


1520815285725.jpg 

お花のプレート¥31.000+tax


こちらも素敵♪

1520901780626.jpg 

ブーツのフラワーベース   ()13.500tax   ()11.000tax

小さなブーツが可愛い♪


小さな小さなカップも♪

1520815305120.jpg
Marguerite  エスプレッソカップ ¥12,600+tax


ASTIER de VILLATTEの陶器達
美味しい料理と、素敵なインテリアにいかがですか?


そして丸の内店から素敵なご案内です♪

1520919835587.jpg




1520901794724.jpg

この子と一緒に、笑顔でお待ちしております♪


シロ

***********************************************

【RECRUIT】

RECRUIT.jpg

H.P.DECO丸の内店では、一緒に働いてくださるスタッフを募集しております。
海外のさまざまなクリエイションに囲まれながら、
独自のインテリアスタイルをお客様に提案するお仕事です。


※週5日フルタイムで勤務してくださる方募集しております。

インテリアが好きな方、発信力のある方、体力に自信がある方、

自身の可能性を存分に活かし、一緒にお仕事しませんか?

ご興味のある方は、下記までお気軽にお問合せください。

H.P.FRANCE 人事部

tel:03-6427-4481

採用担当者宛採用担当者宛



DECO_marunouchi_logo.gif


★H.P.DECO丸の内 インスタグラムにてアイテムご紹介中!

◆通信販売ができます◆

本ブログ記事掲載の商品は通信販売が可能です。

電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

***********************************************






 

ホワイトデーにいかが?お茶とプリザーブの贈りもの


こんにちは。
H.P.DECOのべーです。

う~ん!春っ!!!

n-IMG_7054.jpg

ここ最近のDECO事情。
ツェツェ・アソシエコーナーの壁が、春らしいクリーミーなピンク色に
変わりました。

しかも、よくよくみると淡いマーブル模様になっているではありませんか...!

n-IMG_7064.jpg

とっても素敵~!さすがDECOが誇る空間アーティスト、K濱さん!
四月の花器に生けてあるお花とも相性ぴったりで、なんだか嬉しい。

n-IMG_7061.jpg

もう、春のお花の可愛さったら!もう。

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る・・・
というように、年が明けてからは本当に早いもの。
もう、3月も半ばに差し掛かろうかとしておりますが
来週には、大切なイベントが待っていますよね。

そう!ホワイトデー。
大切なパートナー様へのギフトのご準備はお済みですか?
バレンタインデーとは異なり、ホワイトデーは、日本独自の習わしなのだそう。
大切な人へ感謝の思いを込めて、とっておきのギフトを贈りましょう。

H.P.DECOでは特別なギフトセットを、ご用意しておりますよ。

blqgift_800.jpg

ギフト内容:BELLOCQ  TRAVELER CADDY & PRESERVE
価格:各8,000円+税

BELLOCQのお馴染みの黄色いボックスに入った、
独創的なブレンドティーと
果肉がたっぷり入ったプリザーブのセットです。

n-ジャムのアップ.jpg

勿論、お茶とプリザーブ同士の相性もしっかり考えられた組み合わせ。
そのままピクニックや朝食のテーブルで、ペアリングを楽しんでいただけますよ。
3種類のセットからお選びください。

◼︎No.47 THE QUEEN'S GUARD(クィーンズ・ガード) ×Raspberry & Rose Water 
◼︎No.12 LE HAMMEAU(ル・アモー) ×Peach & Le Hammeau
◼︎No.35 THE EARL GREY(アールグレイ) ×Meyer Lemon & The Earl Grey

ひとつひとつご紹介していきますね。


◼︎No.47 THE QUEEN'S GUARD(クィーンズ・ガード) ×Raspberry & Rose Water

花いっぱいの庭園でイングリッシュブレックファストをいただくような
優雅で気品あふれるペアリングです。

IMG_6779.png

イングリッシュガーデンを思い描いてブレンドされた、
薔薇とラベンダー香るブレンドティーに付け合わせるのは
庭で採れた宝石、ラズベリーと
芳醇な薔薇の味わい際立つプリザーブがぴったり。

dec_0000419-0802172_detail_10.jpg

プリザーブはホイップクリームやメレンゲに、
マーブルを描くように挟み込んだら、
マドレーヌやスコーンに添えて召し上がれ。

◼︎No.12 LE HAMMEAU(ル・アモー) ×Peach & Le Hammeau

初夏のピクニックに持ち寄って楽しみたい、
夏の陽をたっぷり浴びたピーチとハーブのフレッシュなペアリング。

dec_0000419-0800172_detail_10.jpg

「フランスの盛夏の庭園」をイメージしたハーバルティー
ル・アモーには、夏の陽をたっぷり浴びた草木を思わせる、
レモングラスや薔薇、セージの新鮮で力強いハーブがたっぷり。

熟した桃をル・アモーで手間を惜しまずじっくり煮詰めた
みずみずしいプリザーブと合わせれば、
草花と桃の風味が季節の詩を奏でます。

薄焼きのクレープや、ヨーグルトに垂らしていただいても◎。
個人的には生ハムやプロシュートなどの、
少し塩気のあるお肉と合わせてみたい...
あぁ、美味しいに決まってる...!

◼︎No.35 THE EARL GREY(アールグレイ) ×Meyer Lemon & The Earl Grey

午後3時、陽のあたる窓際でゆっくり愉しみたい、シチリアンベルガモットが香る至福のペアリング。

dec_0000419-0803172_detail_10.jpg

スリランカ産の最高級茶葉に、
シチリアンベルガモットエキスで香りづけをした芳醇なアールグレイには
ハンドカットしたマイヤーレモンをアールグレイでじっくり煮詰めた
プリザーブがぴったり。

厚切りのバターブリオッシュにたっぷり塗って。
またはレモンケーキやシフォンケーキに垂らしていただくのも良いですね。

ちなみに私はこのペアリングがいちばん好み。
BELLOCQのアールグレイは、ストレートは勿論、
ミルクで割っても美味しいですし
プリザーブは、レモンの歯ごたえが病みつきになります。
休日の午後、自宅で映画なんか観ながらゆっくり味わいたい。



そして、BELLOCQはお茶やプリザーブだけでなく、
パッケージの美しさにもこだわっているのですよ。

例えばこのおなじみの黄色い缶。

n-IMG_7067.jpg

実は、一つ一つハンドペイントで色付けされているんです。
ペイントならではのマットな質感が
キッチン周りのインテリアに上質さをプラスしてくれます。
目に入るたび、ちょっと幸せな気持ちになれそうですね。

IMG_7015.jpg

ちなみに私も、自宅のキッチンに飾っています。

プリザーブのパッケージのデザインも
テイストによってリボンのカラーリングが違ったりなんかして・・・

n-IMG_7077.jpg

お茶を通して「身近で日常的な贅沢」を提案するBELLOCQ。
心をくすぐる拘りが随所に散りばめられていますよね。
そんな素敵なギフトセットのご紹介でした。

n-ギフトセット全体.jpg


プリザーブとお茶は全種類、H.P.DECOのお店でお試しいただけます。
お茶の淹れかたや、美味しい飲みかた
あの人に合うお茶は?なんてご相談も是非どうぞ。
お茶とともに、心身のくつろぎを贈ってみませんか。



べー
____________________________

【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png

H.P.DECO
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-2-11
TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。






続きを読む »

春めく日々とASTIER de VILLATTE


こんにちは!

H.P.DECO丸の内店のハセです。

 

IMG_5986.jpg


三寒四温!

少しずつ少しずつ、

春に向かっている今日この頃。

河津桜が急に咲いたのを見て

嬉しくなってしまいます。

連日の雨模様だけれど、

春めいてる!春めいてる!

春はもうそこまで来ていますね〜。

 

IMG_5962.jpg

 

春と同じく待ち遠しかった

ASTIERdeVILLATTEのセラミックが届き、

Windowや店内も白!白!白!

 

今回丸の内店には

初めて入荷したシリーズがちらほら。

ご紹介しま~す!


CHOU (シュウ)】

野菜のキャベツがモチーフになっています。

 

ジャ!

ジャーン!

 

IMG_5958.JPG

 

8.500+税~18.000+

このキャベツ感!

 

IMG_5959.JPG

重なりあってるから、収納も便利。

一つ一つ集めて、キャベツを完成させたい!

重なり合う葉を陶器で表現するなんて〜

素敵すぎる!

 

 IMG_5960.JPG

 

グルグルとした中華な縁取り感。

とても新鮮です。

このグルグルな中華な感じ

お好きな方も多いはず。

ハセはここに餃子や焼売をのせて、

ビールを飲みたいなぁ。

 

IMG_5961.JPG

8.500+税~12.000+

 


お初にお目にかかります。

IMG_5981.JPG 

美形のこの方。

とにかく美形なのですよ〜。

 

IMG_5979.JPG

 

鼻筋のラインとか羨ましい限り。

店内を優しく見守ってくれています。 

IMG_5984.JPG

 

カップ ¥15.000+税

取っ手付きカップ¥18.000+税

容量がたくさん入る 

美形のこの方にも会いに来てくださいねー。

 

 

お待たせしました!

告知です!

丸の内ポイントが5倍となる

『丸の内カードPOINT UP 5DAYS』開催!

 

丸の内ポイントカード5UPキャンペーン! 

期間:3月16日(金)〜3月20日()

 

IMG_5985.JPG

 

 

事前取り置きも承っておりますので、

スタッフにお申し付けくださいませ。

 

素敵なお買い物を

 

ハセ

 ***********************************************

【RECRUIT】

RECRUIT.jpg

H.P.DECO丸の内店では、一緒に働いてくださるスタッフを募集しております。
海外のさまざまなクリエイションに囲まれながら、
独自のインテリアスタイルをお客様に提案するお仕事です。


※週5日フルタイムで勤務してくださる方募集しております。

インテリアが好きな方、発信力のある方、体力に自信がある方、

自身の可能性を存分に活かし、一緒にお仕事しませんか?

ご興味のある方は、下記までお気軽にお問合せください。

H.P.FRANCE 人事部

tel:03-6427-4481

採用担当者宛



DECO_marunouchi_logo.gif


★H.P.DECO丸の内 インスタグラムにてアイテムご紹介中!

◆通信販売ができます◆

本ブログ記事掲載の商品は通信販売が可能です。

電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

***********************************************





ASTIER de VILLATTEで彩る春の食卓



こんにちは。
ちょっぴりお久しぶり、H.P.DECOのスズです!

春到来の気持ち良い気候に浮かれて、
ついつい金髪にしてしまったわたくし...笑。

だって、鮮やかな花もたくさん出回る季節だし、
DECOにも一人くらい派手な頭が居たっていいよね...?
って勝手に自分で納得して、エイヤ!と脱色。(ごめんよ頭皮)


そう。
まさに春は変化の季節!!

とは言っても「う〜ん...大した変化なんてないよ〜」って方もいらっしゃるはず。
でも、あえて自分で変化を作ってみると、気分がシャキッ!と切り替わって
気持ちが良いものだと思いますよ◎




さてさて。
今日のブログの本題に入りましょ〜。

先週末、久々にASTIER de VILLATTEが入荷しました!!
ドドンと約300ピース。

n-180305blog_12.jpg

系列店の中でも特にバリエーション豊かに展開している
青参道のH.P.DECOですが、さらに盛り盛りに!!見応え抜群〜。


そんな中、一際目を引くのがこちらのプレート。

n-180305blog_10.jpg

美しいアラベスク模様が刻まれた大皿。

アラベスクとは、フランス語で「アラビア風」。
植物のつるや葉っぱ、花の美しさを表現した左右対称に連続する、
宗教的世界観を表現した華やかな模様です。

n-180305blog_1.jpg
◼︎29,000円+税

食器としてはもちろん、飾り皿としても良いですね。
個人的に、こういった模様が大好きなので一番最初におすすめしました!
とっても素敵です。



独特の「白」に心奪われるASTIER de VILLATTEの陶器。

お皿全体に模様が施されたコレクションは、
黒い土と、白い釉薬のコントラストがとても味わい深く、
職人が作り上げる1つ1つの表情の違いをより感じ取れます。

n-180305blog_4.jpg

フランスを代表するデザイナーNathalie Lete(ナタリー・レテ)との
コラボレーションシリーズも、そのひとつ。

n-180305blog_3.jpg
◼︎8,200円+税〜14,100円+税

女性デザイナーらしい、柔らかな草花の表現が素敵!

お皿の一面に細かいスタンプを押して作られた、
ものすご〜く手間をかけたコレクションなのです。


細かな柄なので、お料理を盛り付けても主張せず、
さりげなく食卓を彩ります。

n-180305blog_7.jpg
◼︎12,600円+税

私は、この高台付きのボウルが好き。
スープボウルやサラダボウルに...
小さめの丼ぶりにしても丁度良いサイズ感。

n-180305blog_5.jpg

「おふくろ、もう一杯!!」
と言いたくなるのは私だけでしょうか...。



マグカップのシルエットは、持ち手がポイント!
大きくて持ちやすく、愛嬌のある歪み具合が絶妙なのです。

n-180305blog_6.jpg
◼︎左から18,500円+税、16,000円+税

小春日和に、暖かいお茶と焼菓子を合わせて、
のほほんとした時間を過ごしたいものですね〜。



こちらも同じく、ナタリー・レテの手がけた「フルール」というシリーズ。
うっすらと浮かび上がる蝶々や花が、春の訪れを喜んでいるかのようです。
中心には「POUR TOI = あなたへ」の刻印が。ギフトにもGOOD!

n-180305blog_8.jpg
◼︎10,800円+税


ここまで、お皿に模様が施されたシリーズをご紹介しましたが、
もちろん人気アイテムもしっかり揃っていますよ!!


シンプル・イズ・ベスト◎
その名の通り、まさにそれ!って思う。「シンプル」シリーズ。
サイズ違いで何枚も欲しくなってしまいます。

n-180305blog_16.jpg
◼︎7,700円+税〜


私も愛用中の「アデライデ」シリーズは、
ふちにパール粒が連なった愛らしいデザイン。
ボウルタイプには、フレッシュな果物を盛り付けると、
割増で可愛らしさUPデスヨ!

n-180305blog_13.jpg
◼︎7,300円+税〜


エレガントな曲線美のシリーズ「レジェンス」
18世紀初めのフランスの美術様式のことを"Regence"と呼び、
有名なベルサイユ宮殿をはじめとする、華やかで気品溢れるデザインが特徴です。
なんとも優雅で贅沢な気持ちにさせてくれるコレクションですね〜。

180305blog_18.jpg
◼︎7,300円+税〜


こちらは「グラン・シャレ」シリーズ。
ASTIER de VILLATTEが影響を受けた偉大な画家バルテュスが晩年を過ごし、
今も奥様の節子夫人が暮らす、スイス最大も木造建築"Grand Chalet"から名付けられました。
建物の外壁に施された装飾モチーフを、お皿の縁に再現したデザイン。
シンプルで洗練されたラインと、半円が連続する美しい模様...
組み合わせて、ぜひコーディネートしてみて下さい◎

n-180305blog_15.jpg
◼︎12,000円+税〜


他にもご紹介したいシリーズがたくさんありますが、
今日はここまでーー!!

私も新しいお皿が欲しくなって、お店をウロウロ...。
どのシリーズを攻めてみようかしら♩


新しい季節、ASTIER de VILLATTEの白い陶器で、
食卓を楽しく!美しく!彩りませんか?
入荷したてほやほやの店内で、皆さまのご来店をお待ちしております!




最後に・・・
ここ最近、私が感動した映画を1本ご紹介させて下さい。


ベルギー出身のファッションデザイナーのドキュメンタリー映画、
『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

生み出す作品に対する揺るぎない信念、
そして何と言っても私が感動したのは、私生活の美しさ...!!

プライベートな庭園で、季節の花や野菜を心から愛でる。
完璧に整えられた自宅の空間は絵画のようで、
花を飾り、採れたての野菜を美味しくいただく。
仕事とプライベートで全く違うものに没頭することって大切だな〜と思いました。

それが結果、すべて彼の美意識に繋がっている。



見終わってからすっかり影響を受けて、
家で「花を愛でる」ことから真似している私...。笑

きっと私の場合のプライベートは、好きな映画を見たり音楽を聞いたり。
まさにそういう事に没頭して得てきた感覚が、
結果今の仕事にも繋がっているのかも...なんて思ったのでした。

n-180305blog_14.jpg
◼︎左から22,500円+税、26,000円+税

なんだか締まりがイマイチな感じで終わってしまいましたが、
今日はこの辺でスタコラサ・・・


それではまた〜〜!!


スズ
____________________________

【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png

H.P.DECO
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-2-11
TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。











ASTIER de VILLATTE at the window


こんにちは!
H.P.DECO丸の内店の、シロです。


さぁ!!
本日から、正面Window が新しく変わりましたよ!

 ASTIER de VILLATTE at the window 
  真白な 陶器に映る 春の私風景 

1520296509494.jpg

いつも、素敵な空間のWindowディスプレイを、造りだしてくれるVMDの〇田さん。
今回も、期待以上のWindowに、スタッフ皆でウットリ♪
ありがとうございます!!

1520296497733.jpg

Windowから滲み出る、 
ASTIER de VILLATTE の、 職人の手の温もりが一つ一つ、色濃く残る陶器達。

春らしい明るい青空と、夜空が交わった様な 空間です。

1520296488682.jpg

1520296466350.jpg

春の匂いがしそうな空間。
とっても素敵♪



陶器は先日、約250点近く、入荷があったばかりです。

丸の内店に、初めて入荷するシリーズも、多数ございます。

1520296480735.jpg




スタッフ全員、笑顔でお待ちしております♪


シロ



***********************************************

【RECRUIT】

RECRUIT.jpg

H.P.DECO丸の内店では、一緒に働いてくださるスタッフを募集しております。
海外のさまざまなクリエイションに囲まれながら、
独自のインテリアスタイルをお客様に提案するお仕事です。


※週5日フルタイムで勤務してくださる方募集しております。

インテリアが好きな方、発信力のある方、体力に自信がある方、

自身の可能性を存分に活かし、一緒にお仕事しませんか?

ご興味のある方は、下記までお気軽にお問合せください。

H.P.FRANCE 人事部

tel:03-6427-4481

採用担当者宛



DECO_marunouchi_logo.gif


★H.P.DECO丸の内 インスタグラムにてアイテムご紹介中!

◆通信販売ができます◆

本ブログ記事掲載の商品は通信販売が可能です。

電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

***********************************************



























照明と共に。


こんにちは!H.P.DECOのGTです。


・・・3月ですね!

「3月」って響きは、「2月」と比べて
格段に!春めいて聞こえる!!!

うふふ、うふふふふ...♪

今日も、とってもあたたかいしなぁ~!
はやくもっともっとあったかくならないかなぁ~♪


さて。

「3月」という春めいた響きを聞くと、
セットで思い浮かぶのは
「新しいスタート」「新生活」などでしょうか?


インテリアにおいて、ついつい後回しになりがちなもの。

それは、意外と照明だったりします。

とりあえず必要だから、必要に駆られて設置する。
すると、やれ引越し片づけやら、日常の忙しさやらに追われて
イメージに合うものに変えるタイミングを逃したりしますよね。

何を隠そう、GTもまさしく今その状態です(どーん)
インテリアショップの人間なのに、お恥ずかしい...

でも、新しい季節に向けて
やっぱりお部屋と共鳴する素敵な照明がほしい!

今日はそんなGTの照明選びにお付き合いください。



まずは、1日の疲れを癒す寝室。

今、GTはこのヒマラヤランプを吊っています。

gt-07-04.jpg

H.P.DECOで長く扱い続けているベストセラー。
大振りのガラスパーツからこぼれる光が美しく、
また日中も自然光があたると氷のように輝きます。

gt-07-05.jpg

電球は1灯のみですが、
デスクライトやフロアランプ、キャンドルなど
あたたかみのある間接照明を組み合わせて
リラックスした雰囲気づくりにはピッタリなペンダントライト。


もう少しお部屋にボリュームある照明を...となると

gt-07-06.jpg


パールのラインが上品な、レディーシックなシャンデリア。


gt-07-07.jpg


肌触りのいいベッドリネンやフリンジのクッション、ベロアのカバーなどなど、
ファブリックとのコンビネーションで、上質な質感で安らぐ空間になりそうです。

クラシックに見えて抜け感があるので、壁紙で遊んでもよさそうですね!


gt-07-09.jpg

このあたりも、ドレープの美しいカーテンと合わせて
シックだけど重厚感のある寝室になりそう。

gt-07-10.jpg
ガラスパーツでできた花の重なりが美しい。

gt-07-11.jpg

・・・パーツと光の反射が織りなす空間で、きっといい夢みれそう。



寝室と同様、1日の中で長い時間を過ごすのがリビング。

今回GT的に一番のお気に入りはこれ!

gt-07-12.jpg

メタルのパーツが連なったシャンデリア。
フォルムはヨーロッパなのに、素材がエスニックというミックススタイル!

gt-07-13.jpg
この鈍い色味、かっこいいです。

ベニワラレンのようなシンプルなラグと植物、
もしくは思い切りエスニックカラーのラグとガラスのローテーブル、など
インテリア好きの方、色々なスタイルを存分に楽しめる照明だと思いますよ!

gt-07-15.jpg


3本の弧が合わさったようなこの照明。
少しミッドセンチュリーのテイストも感じます。

gt-07-16.jpg

電球周りのデザインも楽しいですね。
高い天井の空間に、存在感バッチリです!



そして、リビングの隣にはダイニング。

ダイニングテーブルの上には、
こんな風に照明をリズムよく吊りたいですね。





gt-07-27.jpggt-07-28.jpg


各¥38,000+税 ▼ONLINE STOREはこちら


セラミックでできた挽き物のようなデザインに、大きなガラスシェード。
空間を広く見せてくれそうな、インパクトあるデザイン。
3つくらい、整然と吊ったらかっこいいです。




gt-07-29.jpggt-07-30.jpg

色味をおさえた空間や、素材感が統一された空間に、
きっと合うだろうな!



あるいは、質感は同じにデザインの違いで遊ぶのも。

gt-07-34.jpg
¥45,000~¥85,000+税

100年ほど前に作られた、ホロフェーンガラスのペンダントライト。
ガラスに含まれたマーキュリーガラスが、より光を拡散させます。

gt-07-23.jpggt-07-24.jpg

大きさもデザインもまちまちなこの照明を、高さに違いをつけて吊って、
ダイニングチェアも、すこしずつ変えて、なんて。
楽しい食卓が目に浮かぶようです。





照明というと、ついつい吊るものばかりになりがちですが、
間接照明も、空間をぐっと濃く演出してくれます。

gt-07-32.jpg

言わずと知れた名作、Tse&Tse associeesの「キュービストライト」。
壁から吊るしてもいいのですが、

gt-07-33.jpg


このように、地面に這わせてフロアライトのようにして使うのもおすすめ。
和紙からこぼれるあたたかな光が床に落ちて、とてもきれいです。

そして、

gt-07-31.jpg

こちらも大人気、「蛍のガーランドライト」。
小さなLEDの光、ながーく伸ばして使うのもよし、
くしゃっとまとめて光のうずを楽しむもよし。
アイディア自在って、空間作りの楽しさを倍増させます。


いかがでしょうか?

GTもご紹介しながら、またインテリア熱がむくむくと上昇してきました。

「鉄は熱いうちに叩け」、といいますが
やっぱりインテリアも、「こんな風にしたい!」とという
インテリア熱が高いうちに「えいっ!」と変えるのが
本当に大切なタイミングなのだと、GTは思うのです。

新しいスタートに向けて、
自分の生活をより豊かにしてくれるお部屋づくりをしましょう!
GTも頑張ります!
同じ状況の方、ぜひ店頭でお話ししましょう!笑




話は全然変わりますが・・・
実は先月から、GTは新たな生活をスタートさせました。
それは...



ウサギちゃんとの生活!

実は生まれてから、一度も動物と一緒に暮らしたことがないのですが
念願の!念願の!!念願の!!!(しつこい)

動物との暮らしをスタートさせたのです。

gt-07-01.jpg

あぁ~~~かわえぇぇぇぇぇぇ~~~~。

名前は、ポッキー。
女の子・推定1歳。

なぜ推定なのかというと、
里親としてお迎えしたので、詳しいことが分からないのです。


ウサギのくせに、ニンジン嫌い。
人間好きだけど、なでなで嫌い。
夜中も起こされる。朝も起こされる。

gt-07-02.jpg

この小さなお嬢様に、日々大いに振り回される、
にやにやなGTの新生活。


今後、GTブログには親ばかネタがふんだんに織り交ぜられるかと思いますが
どうぞ温かい目で見守ってやってください...えへ。

gt-07-03.jpg

愛余って、日々ピンぼけーー!


それでは、また!


staff GT


____________________________

【Bazar et Garde-Mangerより3月5日(月)営業時間変更のお知らせ】

誠に勝手ながら、Bazar et Garde-Mangerは
3月5日(月)の営業時間を
下記の通り変更させていただきます。

13:00~19:30

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。

※H.P.DECOおよび水金地火木土天冥海は通常営業しております。
 H.P.DECOの入り口階段よりご来店ください。

____________________________



【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png


H.P.DECO

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-2-11

TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。












春よ来い来い


こんにちは!
H.P.DECO丸の内店のシロです。

昨日は春の嵐が凄かったですね!
でも気温は上がって、ぽかぽかイイ天気♪

久しぶりに、休憩中散歩にぶらり。 
1519879207675.jpg

1519879215098.jpg

最高に気持ちイイ~ッッ!!
明日から、おにぎり持って来よう!!
と、心に決めた瞬間(笑)


シロは、春がイチバン大好き♪
お散歩も、お花見も、春が一番楽しいです♪

春よ来い来い♪
もっと来ーいッ


いつも、この子達を見ながら思います。


【 CORAL&TUSK 】

1519830877638.jpg
テーブルランナー¥36,000+tax

春の
植物達が芽吹く感じが好き。
生き物達が活発に動くのが好き。

動物達や草花が溢れる、テーブルランナーは、
これだけで一気に、食卓が春の雰囲気に包まれそう♪


1519830949755.jpg
ドール¥12,000+tax コースター¥3,500+tax
【La Soufflerie】 花器・オブジェ¥1,500~4,000+tax 

~僕等だって待ち遠しいのさ!~
一緒に散歩に行こうか?(笑)

1519830867199.jpg
ドール¥12,000+tax お家のポーチ¥11,000+tax

みんなで、お家にも遊びに行くけどね♪

1519830888851.jpg
巾着(大)¥8,500+tax (小)¥7,500+tax

シロの鞄は、いつも大きなリュック。
色々な物が、沢山詰まっているから
巾着は、いくつあってもイイな♪

1519830928031.jpg
ブローチ¥3,700+tax

春色のブラウスに合わせる?
それとも肌触りのいい、ストールに?
トートバッグに付けても、可愛いよね♪

1519830849261.jpg

1519830858462.jpg
ティータオル¥7,000+tax

リュックには、いつもハンカチじゃなくて、手ぬぐいが入ってるの。
でもタオルも良いな。

タオルまで可愛いと、気分が上がるなぁ♪


1519830983694.jpg
クッション¥16,000+tax

いっぱい歩いて日が暮れて、
お家に帰って来たら、
春の余韻に浸りながら、チョッと休憩したい。

クッション抱えて、愛猫と一緒に横になろう。

1519831012607.jpg
クッション¥16,000+tax オーナメント¥4,200+tax

春よ来い来い♪
プレゼントも待ってるよ♪(笑)

1519830974081.jpg
クッション¥15,000+tax

あ、この子も春待ちでした♪


一緒に、春を感じませんか?

丸の内店で、この子達と一緒に笑顔で、お待ちしております♪


シロ


***********************************************

【RECRUIT】

RECRUIT.jpg

H.P.DECO丸の内店では、一緒に働いてくださるスタッフを募集しております。
海外のさまざまなクリエイションに囲まれながら、
独自のインテリアスタイルをお客様に提案するお仕事です。


※週5日フルタイムで勤務してくださる方募集しております。

インテリアが好きな方、発信力のある方、体力に自信がある方、

自身の可能性を存分に活かし、一緒にお仕事しませんか?

ご興味のある方は、下記までお気軽にお問合せください。

H.P.FRANCE 人事部

tel:03-6427-4481

採用担当者宛



DECO_marunouchi_logo.gif


★H.P.DECO丸の内 インスタグラムにてアイテムご紹介中!

◆通信販売ができます◆

本ブログ記事掲載の商品は通信販売が可能です。

電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

***********************************************











春めく季節の3つの香り。


こんにちは~
H.P.DECOのべーです。

今日は、春一番が吹きましたね~!
もう、あたたかな春が待ち遠しくてしょうがないです。

先日、札幌・小樽に行ってきましたが、
本州は10度超えのなか、気温はマイナス5度を下回っていました...!
寒かった~。雪もたっぷり積もっていました。

でもでも。寒いなりの楽しみも・・・!
n-IMG_6392.jpg

小樽では、一軒にひとつ、雪だるまがいたり。
n-IMG_6394.jpg
(王道の雪だるま!っていうのもあれば、個性派も)

市場の美味しい海鮮でパワーチャージしたり。
n-IMG_5506.jpg
(サーモンの脂の乗りっぷりが最高でした~。)

また、「雪あかりの路」というイベントがちょうど開催されていて、
小樽運河沿いがキャンドルで埋め尽くされていました。
n-IMG_5237.jpg

たくさんのボランティアさんたちによって一つ一つつくられた雪あかり。
本当に、息をのむ美しさでした。
雪あかりってあたたかいんだなぁ。
n-IMG_9501.jpg


寒いとき、燃える炎がより温かく感じるのはなぜなのでしょう。
IMG_6403.jpg
Tse&Tse associees 夜のイグロー 各¥7,500(+税)

たき火や暖炉。ときどき見かけるととても嬉しくなります。
火あかりには、人々を癒す力があるのでしょうね。


ASTIER de VILLATTEのパフュームキャンドルは
お部屋の中に気軽に火あかり取り入られてお勧めです。

DECOでも、時々焚いています。
火を灯すとたちまち、お店いっぱい良い香りが広がるのです。
n-IMG_6035.jpg
¥9,500(+税)

もう春はすぐそこ。
鼻をくすぐるような、ちょっぴり甘い香りが気分ではないですか?
今日はそんな季節におすすめの香りを3つ、ご紹介したいと思います。

◆CAMBRIDGE◆
n-IMG_6379.jpg

イギリスの大学都市・ケンブリッジ。
名前の由来は「ケム川に架かる橋」。
美しく豊かなケム川とともにケンブリッジは栄え、歴史を育んできました。

あの「ホグワーツ魔法学校」行きの汽車が出る
「キングクロス駅」からもさほど遠くない場所ですよ。

豊かな水と自然とたたえるケンブリッジの
とあるイングリッシュガーデンで、
ゆったりとアガサ・クリスティの小説のページをめくります。

すると、
鼻をくすぐるのは、咲き乱れるモロッコ薔薇の官能的な香り。
そして、フルーツのように甘く芳しい、トルコの薔薇の香り。
スミレやガルバナム、ヴァーベナの瑞々しい香りと
混ざり合って、優雅ですばらしい芳香となり、花をくすぐります。

BELLOCQ(ベロック)のお茶の「NO.47 THE QUEEN'S GUARD」も
IMG_6411.jpg
まさにイングリッシュガーデンを思い描いたイメージですよね。

JOHN DERIAN(ジョン・デリアン)のpicture bookに登場する、
IMG_6400.jpg
赤いドレスを着た美しい女性がうたた寝をしているこの素敵な絵も
イングリッシュガーデンなのかしら...
もしそうだとしたら、ケンブリッジのキャンドルのイメージにぴったりですよね。


◆SANTA ROSA(サンタローザ)◆
n-IMG_6384.jpg

アメリカ・サンフランシスコから1時間、
車を走らせて辿り着くのは、スヌーピーの聖地、サンタローザ。

スヌーピーの生みの親「チャールズ・М・シュルツ」が
晩年を過ごした場所として知られ、
生涯で必ず訪れたい!と夢見ている方も多いそうです。

空港の案内所や町の看板、駐車場のチケット、
随所に置かれたオブジェまで、何もかもスヌーピー・・・!
スヌーピー好きにはたまらない場所なのだそうですよ。

サンタローザの香りをご紹介します・・・

考え話す犬・スヌーピーと、チャーリーブラウンの
生まれ育った町に漂うのは、心奪うメープルシロップの香気。
そしてブラウンシュガーのカラメルのやみつきになるような香り。
そこに溶け込むのは、温かなウッディノートや、
チュベローズや水仙、イランイランといった太陽を思わせる花々の甘美なノート。

不器用で優しい少年・チャーリーブラウンと、
彼の1番の理解者であり、彼を愛してやまないスヌーピーの
心温まる物語を思い出させる、胸に優しく残る香りです。


◆COMMUNE DE PARIS(コミューン・ド・パリ)◆
n-IMG_6361.jpg

「1871年のパリ」をアイデンティティに掲げ
ファッションやグラフィックアートの世界で
活躍するクリエイティブ集団「コミューン・ド・パリ」。
2010年に3人のパリジャンによって立ち上げられました。

少し難しい話にはなりますが、
「コミューン・ド・パリ」のそもそもの意味についてお話しします。

コミューン・ド・パリとは、1871年にフランスのパリに生まれた史上初の労働者政権のこと。
それまでのフランス政治はナポレオン3世が統治する君主制国家でした。
しかしパリ市民の生活は困窮したため市民たちは激怒。
独自の政権を打ち立てたのをきっかけに誕生しました。

コミューン・ド・パリは女性参政権や政教分離など、
現代の政治にも通ずる革新的な政権でしたが、
のちに政府によって、あっという間に武力鎮圧されてしまいます・・・
政府と市民の熾烈な戦闘の様子は、「血の一週間」と称されました。
アスティエ・ド・ヴィラットはキャンドルの香りとして見事に表現しています。

市民たちの若さ溢れる勢いは、
鮮やかで鋭敏なイタリアンレモン、ベルガモットのフレッシュな香り。
そして戦乱の後の町を満たす熱や砂埃は、甘美な安息香とナツメグの静かな香りで表現。
戦乱当時にもてはやされた、人工香料クマリンの、熱くパウダリーな香り。

1871年の激動のパリを思わせる、鋭く熱っぽい、魅惑的な香りです。


さてさて。本日はあたたかな春に向けた甘めの香りのご紹介でした。
「甘い」といっても、その甘さはいろいろ。

イングリッシュガーデンの風が運ぶ芳しい香り
焦がしカラメルの香ばしい香り
化粧品のようにパウダリーで、甘美な香り・・・

気になる香りはありましたか?

それぞれの香りに隠されたストーリーを知っていると、
使うときの気分も違ってきそうです。

過去にもたくさんのキャンドルのストーリーをご紹介しているので
バックナンバーも合わせてご覧くださいね。

▼秋におすすめの香り▼

▼冬におすすめの香り▼

来月もご紹介しますのでお楽しみに~!
それでは、また!



べー
____________________________



【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png


H.P.DECO

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-2-11

TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。








PROFILE

【写真:deco】
H.P.DECO

フランスを中心としたヨーロッパの新しいクリエーションと、デザインや年代にとらわれずセレクトしたユーズド家具を扱うショップ。海外での買付やクリエイターの魅力、家具にまつわるトピックスやスタッフのひとりごとなど、H.P.DECOの舞台裏をご紹介します。