BLOG

お花とガラス

こんにちは!H.P.DECO丸の内のRUIです。


入社して早2か月。

毎日商品に触れ、皆さまにご案内させて頂くにつれて



どんどんどんどん欲しいアイテムが増えていく・・・!



それが最近の切実な悩みでございます。


そんな中、H.P.DECO丸の内のYさんがお花担当に!

毎日心を込めてディスプレイしてくれています。



今日は七夕!

今回は涼しげなススキを生けおります。



7.7-1.JPG

なまけものもみずみずしく。

ブルーとグリーンが優しくフェミニンに。

『毎回コンセプトを持ってお花を生けたい!』by Yさん


それぞれテーマを持って生けることによって、いろんな表情が生まれますね。

シンプルかつユニークな〝なまけもの〟は変幻自在です。



そんななまけものが飾られているディスプレイゾーンにて

大変ご好評いただいております、ラ・スフルリーのガラスたちもまだ、たくさん並んでおります。

1点1点手作りならではの違いを、ゆっくりお楽しみください。



本日はそんな『個体差』にフォーカスを置いてご紹介。


7.7-9.JPG

まずはこちら。

ボディの上から下に向けて淡いグラデーション。

7.7-10.JPG

テラコッタ色の窯の灰がまじって、素敵な風合いに。

なかなか出会えない一品です。

¥3,500+tax


7.7-2.JPG


丁度いいサイズ感のこちらの花器は


7.7-3.JPG


大きな気泡が水たまりのようなデザインに!

光が反射して映る影もステキ。

¥4,500+tax


7.7-4.JPG


スクエア型の花器はお酒のボトルのよう。


7.7-7.JPG


表面が水面のようで、思わず触れてみたくなります。

¥9,000+tax


7.7-8.JPG


コロンと手のひらサイズのグラスは大きさがさまざま。

兄弟みたいです。

¥3,000+tax


7.7-12.JPG


小物入れとしても使える、こちらは・・・


7.7-11.JPG

パカッとあけるとセパレート。

別々に使う事も出来ます。

¥6,500+tax



大きさも用途も様々。

シンプルなので何にでも合いますね。


ドライフラワーとの相性もステキ。

7.7-13.JPG


7.7-14.JPG


部屋の片隅に置いておくだけでも、絵になる存在感です。



最後に。
ガラス繋がりでこちらもご紹介。


7.7-5.JPG

イタリア生まれの小さな花器。

Stefano Poletti (ステファノ・ポレッティー)

こちらも個々に形が違うので、選び甲斐があります。

ベネチアングラスの色味が鮮やか。
お水を入れてあげるとキラキラします。

2サイズご用意いたしております。

7.7-6.JPG

赤と黄色のコントラストがすてき!

お花の色を冒険してみるのも楽しいです。

大・¥4,000+tax
小・¥3,200+tax


それではまた!

RUI

◎H.P.DECO丸の内もインスタグラムはじめました◎

********************************************************* 

H.P.DECO丸の内 Facebook
  
◆通信販売ができます◆

本ブログ記事掲載の商品は通信販売が可能です。

電話、メールでお気軽にお問い合わせ下さい。

********************************************************* 

H.P.DECO丸の内(エイチ・ピー・デコ マルノウチ)
100-6501東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビルディング3F
TEL: 03-3287-1227  Mail:deco_marunouchi@hpgrp.com

OPEN: 11:00−21:00 (日、祝−20:00、年中無休、年末年始を除く)
-----------------------------------------------------------------------

PROFILE

【写真:deco】
H.P.DECO

フランスを中心としたヨーロッパの新しいクリエーションと、デザインや年代にとらわれずセレクトしたユーズド家具を扱うショップ。海外での買付やクリエイターの魅力、家具にまつわるトピックスやスタッフのひとりごとなど、H.P.DECOの舞台裏をご紹介します。

Archives