BLOG

ASTIER de VILLATTE「ゴミ箱と美術館展」レポート


突然?訪れた感のあった台風が過ぎ去った今日、
雨と風に洗われた街の空気は清清しく、
色づく町並みと青い空!がより一層趣のある秋の風景を彩っていました。
 
PA271068.JPG  
 
10月16日よりスタートしたASTIER de VILLATTEのエキシビジョンも、
あっという間に10日間が過ぎ、連日多くのお客様にご覧頂いております。

遠方でご来店頂けないお客様より、せめてお写真でも!
との声にお応えするべく、僭越ながら展覧会のご説明をさせて頂きたい思います。
 
 会場.JPG
会場の様子です
 
タイトルの"La Pubelle et la Musee"とは訳題の"ごみ箱と美術館"という意味です。
彼ら、ASTIER de VILLATTEのデザイナーであるヴノア氏とイヴァン氏の創造の源である
あらゆる物や事や歴史(時間)を、陶器にて表現した展示です。

彼らのインスピレーション源はさまざまな所から起因しますが、
タイトルにあるように道端やゴミ捨て場にある人々が不用と思い捨てたもの、
また蚤の市にあるガラクタ類とルーブルやオルセーなどに所蔵されている
巨匠たちの絵画にローマの遺物・・・
これらの一件相反する物達から、創造の源を同じように発見するそうです。
 
ゴミ箱1.JPG
 
ゴミ箱2.JPG
彼らの私物のゴミたちです。

ジャムの瓶に壊れた人形、用途不明な金属製のパーツまで・・・
これらのゴミたちから、白い衣をまとった美しい作品達が生み出されたのです。
実際に漁ることが出来ますので、宝探しのように楽しんでください。
 
 画集.JPG   
これらは彼らが最も尊敬する画家、アングルにダヴィッドそしてバルトュス等の画集です。
勿論、彼らの私物でこれらを眺めては新しいアイデアを模索していることでしょう。
  
バルトュス表紙.JPG
 
バルポートレイト.JPG 
  
バル1.JPG

バル2.JPG

特にバルトュスはブノワ氏のお父様が弟子として仕えていた画家でもあることから
彼らにとっては特別な存在のようです。
バルトュスの一風変わった独特のタッチや空気感は、
どこかASTIER de VILLATTEのクラシカルだけどモダン、
シャープな顔の中に何か潜んでいる・・・そんな印象とダブるような気がします。 
 
カップ1.JPG
 
カップ2.JPG
ずらりと並んだこちらは、おなじみのマグカップに描かれた、
影響を受けた人物達のポートレイトです
 
リンゴ スター・バルトュス・アガサ クリスティ・パティ スミス(私は大ファンです)・
三島由紀夫まで!
  
 ライカ.JPG 
こちらはソ連の実験で、初めて宇宙に行った犬ライカです☆
人類の未来のために犠牲になった勇敢な彼へのオマージュだそうです。
  
ルーシー.JPG
確認されている人類史上発の女性ルーシー!
私には野沢な○こにしか見えませんが・・・(笑)
  
朝食白.JPG
 
 
 
 
 
  朝食色.JPG
ボンジュ~

そんな声が聞こえてきそうな朝食の風景。
クロワッサンにオレンジ、ボンヌママンはバゲットにどうぞ。
日刊のリベラッシオンはアスティエ展の告知を1面トップに!!!
 
起きたばかりの綺麗な脳みその状態は、
彼らにとって一番のインスピレーションを得る"時間"だそうです。
勿論、美味しい朝食も大切なそれなのでしょう。
毎朝起きてから10分で家を出る私は本当に見習わなければ・・・ 
 
ずらりと並んだ蔵書の数々

ボードレールにYSLの愛すべきキャラクター・ルル!
オリジナルの本には工房の風景が描かれています。
これらもアレで出来ています!
  
本1.JPG 

本2.JPG
真っ白な本・・・

愛する人へのメッセージ、お気に入りの言葉、記念日を記しても・・・
イマジネーションを膨らまして、あなただけのオリジナルの"本"を作ってみてはいかがですか?
 
女達.JPG
今回のエキシビジョンを最も表現した作品です。

ASTIER de VILLATTEファンの皆様にはおなじみかもしれませんが、
初期の頃より作られている空き缶をモチーフにした
CONSERVEのシリーズに、新たに女性の頭部とデコラティブな脚をつけた作品です。
 
女.JPG
ゴミ箱の象徴、空き缶と美術館に所蔵されている貴婦人と華やかな時代の凝った意匠。
不思議なアンバランス感が見事にマッチしています。
フラッシュのせいかホラータッチになってしまいましたが、とっても美しい貴婦人ですよ。
※こちらは今後も定番としてリリースされます。
 
最後に彼らが画家として描いた作品を
ブノア絵.JPG 
ブノワ氏作

イヴァン絵.JPG
イヴァン氏作
 
ボザールで学んだ彼らの確かな技術がうかがえます。
 
せわしい日々の中で、我々が見失いがちになってしまうもの達の美しい声を
再発見させてくれるような、素敵な展示になっております。
 
~11月8日(日)まで開催です。
 
ASTIER de VILLATTEの世界へようこそ・・・
 
お待ちしております。

おまけ.JPG
おまけ・・・
 
Staff FABIO

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

H.P.DECO東京
Open:  11:0020:00 (ほぼ年中無休)
東京都渋谷区神宮前5-2-11 (東京メトロ銀座線・半蔵門線「表参道」駅A1出口より徒歩3)
アクセスはこちら Tel: 03-3406-0313
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆パーソナルオーダー(通信販売)ができます◆
 ホームページやブログ掲載商品は、通信販売が可能です。
 お電話やメールでのご連絡を一本頂ければ、

 H.P.DECO STAFFがお客様のご希望の商品をご一緒にお探しし、
 通信販売にてご購入頂けます。

 気になる商品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 Tel: 03-3406-0313
  Email: 
hpdeco@hpgrp.com

H.P.DECOの一部の商品は、WEB SHOPでもお買い物できます◆
 WEB SHOP: H.P.F,MALLこちら

s-aosando persona shopper logo.jpg

PROFILE

【写真:deco】
H.P.DECO

フランスを中心としたヨーロッパの新しいクリエーションと、デザインや年代にとらわれずセレクトしたユーズド家具を扱うショップ。海外での買付やクリエイターの魅力、家具にまつわるトピックスやスタッフのひとりごとなど、H.P.DECOの舞台裏をご紹介します。

Archives