BLOG

Jerome GALVIN(ジェローム・ギャルヴァン)の陶器作品


こんにちは!H.P.DECO末っ子サトです。

大雨になったり、かんかん照りになったり、
ころころ天気が変わる毎日・・・
いかがお過ごしでしょうか?

本日は当店フランス人バイヤー・Marthe Desmoulins(マルト・デムラン)がセレクト
する、陶器作品のおはなしをさせてください。

いちおし!でずっと長い間もっと詳しくお伝えしたいと思っていました。
なのですこし熱く長くなってしまうかもしれませんがお付き合いください。

フランス男性作家・Jerome GALVIN(ジェローム・ギャルヴァン)の陶器作品。

jerome0001.JPG

Jerome GALVINはセラミック(陶磁器)の装飾を学んだ後、
セラミックで有名な南仏の村・Moustier(モスティエ)の複数のアトリエにて6年間修行。
1998年に独立、主に装飾的な陶器シリーズと、アーティスティックな
ユニークピースの陶器作品を独自の手法で制作しています。

P6270010.JPG

彼のインスピレーションの源は
地中海の蒼 東洋の文化 絨毯のモチーフ 
アレンシスキー バスキア フリーダ・カーロ

P6250003.JPG 

当店フランス人バイヤー・Marthe Desmoulins(マルト・デムラン)は、
彼をセレクトした理由を

「彼の作品は実用価値のある創造作品が時を経てきたような、
 まるで違った時代の作品を彷彿とさせる。
 彼の作品に触れると、私のデリケートな心にいろいろな物語を話しかけてくるのです。
 職人的技と一点もの、そして独立したそれぞれの夢の空間をクリエイトするデザイン、
 それらは詩的で奇妙、そして旅をする。
 私はモダンな精神と伝統的技を重ねもった職人が好きなのです。」

と語っていました。
(フランス人バイヤー・Marthe Desmoulins(マルト・デムラン)については、
 後ほどゆっくりお話しますね!)

彼の陶器たちは、まさに彼がインスピレーションの源としている絵画のように、
ひとつひとつの色が絡み合い、形がうねり、まさにひとつの芸術作品です。

P6280001.JPG

目をこらして見てみると様々な色が重なりあって溶け合っている様子が見えてきます。
ずっと見ていてもまったく飽きません。

ダイナミックさと繊細さ、気真面目さ不真面目さが混ざり合っていて、
なんともいえない味わい。

P6270013.JPG

新作ではボウルにボウルの絵と「BOL」と名前がぐるっと書き込まれていました。
はじめてみた時、思わず笑ってしまいました。この遊び心!

bol.JPG

そして今回から絵画をモチーフとしているはずの彼の作品になぜかバットマン登場!!
触発されたのでしょうか。

batman.JPG

彼の作品の蒼はまさに深い海の底のような色で、
海に潜り込んだような感覚におち入ります。
五十嵐大介の漫画「海獣の子供」を読んだ時のような・・・
(五十嵐作品のは世界観大リスペクト!)

fukaiumi.JPG

白・緑の色味のシリーズはH.P.DECO限定で春夏にあわせて制作されたものになっていて、
またいつもとは違った彼の色使いを見ることが出来て、
とても新鮮な仕上がりになっています。

white.JPG

white1.JPG

私はこの白のシリーズのカップを愛用しています。
ぽってりとした質感で日常使いに丁度よいサイズ感。
これで朝一番に抹茶ラテを飲むのがたまらないです。

P6280002.JPG

green1.JPG

先日Jerome GALVINをご購入された方は、彼のお皿でお抹茶を点てて、
お友達をおもてなしするんだ、とおっしゃっていました。

なんて素敵なんでしょうか!
私が毎朝飲んでいる抹茶ラテはお湯を注げば勝手にラテになるヤツです・・・

Jerome GALVINの陶器でお抹茶を点てて友人をおもてなしする、
素敵な大人になりたいです。

Staff サト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SHOP INFORMATION 
H.P.DECO
Open:  11:0020:00 (ほぼ年中無休)
東京都渋谷区神宮前5-2-11 (東京メトロ銀座線・半蔵門線「表参道」駅A1出口より徒歩3)
アクセスはこちら

気になる商品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
Tel: 03-3406-0313
Email: hpdeco@hpgrp.com

Web Shop H.P.F,MALLもぜひご活用ください。
 

H.P.DECO東京・セールのお知らせ


6月26日からセールがスタートしています。


ここのところ(まだ始まったばかりだけど。。。)

本来のテーマである舞台裏がどこかに行ってしまってますね。

むむむ。

本来は壊れた石膏像が。。。ほら!元通り!と修復の様子や、

仕入れの旅日記とか苦労と夢のブログにしたいんですけど、ね。

でもセールの情報も必要、必要。

 

今回のセールはH.P.DECOのある通り、通称(自称?)青参道にあるH.P.F,のショップだけでなく、

キャットストリートのショップもスタートを同じくしてのセールです。

あっちで服を、こっちで靴を、あそこで恋人に指輪を、シェー●ーズでピザを、

H.P.DECOで家具を、ということも可能です!!

 

今回のお薦めは。。。

DSCN7940.JPG
マルティーヌ・ゴロンのポット。


ずっとH.P.DECOで扱い続けている、
とても洗練されたフレンチモロッコスタイルのブランド。

今回セールとなるのはカラフルな可愛らしいテイストのもの。

フランスのリモージュ焼のポットにモロッコで装飾をした、

デザインとクオリティを兼ね備えたポットです。

こちらは30%OFF、¥47,250→¥33,075。

 

お次はイヴ・アンドリューのクッション。

ミリタリー生地と花柄を掛け合わせた対称がポイントで洋服も作っているブランド。

DSCN7943.JPG

それぞれを裏返すと反対は↓
DSCN7944.JPG

パリにとても素敵なお店があります。

ミリタリーの生地って意外に気持ちいいんですよ。

こちらも30%OFFです!(50×50cmサイズで¥27,300→¥19,110)

 

フランス人バイヤー・マルトのセレクトからは、LINDELのクッションも可愛いな
DSCN7941.JPG

バタフライやダイヤ柄など、色鮮やかな模様は全部手刺繍で施されています。

こちら44%OFF!40×40cmサイズで¥26,250→¥14,700。

 

その他にもいろいろセールになっています。

 

中古家具は少しだけだけど全品10%OFFに。最近入荷したばかりの物も対象なので、

10%とはいえ、500万円なら50万円も浮いてしまうわけですから、とてもおすすめです!!


スタッフ一同、もみ手でお待ちしております。


Staff ポエム部 部長


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
H.P.DECO東京SALE: 626()712()
Open:  11:0020:00 (ほぼ年中無休)
東京都渋谷区神宮前5-2-11 (東京メトロ銀座線・半蔵門線「表参道」駅A1出口より徒歩3)
アクセスはこちら

気になる商品がございましたらお気軽にお問い合わせください。
Tel: 03-3406-0313
Email: hpdeco@hpgrp.com



植物たちのおはなしと、Lyn die Dourthe。


こんにちは!DECOの末っ子・サトです。

先日FABIOさんからもご紹介させて頂きました
H.P.DECOの植物たちのおはなしの続き。

P6220133.JPG

H.P.DECOの鉢物たちはすこし変わった子たちが多いのです。
どこか奇抜、滑稽、エロス、
でもなんだか愛着がわきそうなユニークな子が揃っています。
私も触発されて現在部屋の中が植物園になりつつあります。

P6220136.JPG

植物をじっと眺めいるとその造形美に驚かされます。
思いもよらない色やディティールが、
やっぱり自然の造りあげた美しさには勝てないなあ、と感じさせられます。
想像力も掻きたてられますね。

P6220134.JPG

少し前、FABIOさんに念願の「風の谷のナウシカ」の原作本をBOXで借りたサトは
ある植物がヒドラにみえて仕方ないです。
(「風の谷のナウシカ」原作に出てくる哀しき人造人間)
ある植物は腐海の森にも・・・想像力が掻きたてられているようです。

P6230032.JPG

植物といえば・・・

先日フランス人アクセサリーデザイナー・
Lyn die Dourthe(リンディー・ドゥルト)の新作が入荷してきました。
彼女のインスピレーションの源は解剖学、自然科学、そして植物。

P6220024.JPG

彼女はたとえ何百個の注文がきても、
染色・縫製・箱づくりまですべてひとりで行っています。
今回新しく入荷した食虫植物モチーフのブローチも、
すべて柔らかな水玉柄の手作りの箱におさめられていました。
そこから彼女のクリエイションに対する姿勢が感じられ、
毎回入荷する作品を手にとってはため息がでてしまいます。

P6230029.JPG

彼女の作品の中では心臓や目など解剖学をアイデアソースとした
ナトミーシリーズが代表的ですが、
食虫植物シリーズの植物の独特な形・曲線や色味も彼女らしさがあらわれていて
ほんとうに素晴らしいです。

P6230027.JPG

P6230026.JPG

P6230028.JPG

ぜひ店頭にお越しの際は実際に彼女の世界観に触れて、
ため息をついてみてください。

P6230030.JPG

H.P.DECO福岡店でも7月24日よりLyn die Dourthe展を開催予定ですので、
お近くの方はそちらもぜひのぞいてみて下さいね。

Staff サト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SHOP INFORMATION 
H.P.DECO
Open:  11:0020:00 (ほぼ年中無休)
東京都渋谷区神宮前5-2-11 (東京メトロ銀座線・半蔵門線「表参道」駅A1出口より徒歩3)
アクセスはこちら

気になる商品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
Tel: 03-3406-0313
Email: hpdeco@hpgrp.com


ASTIER de VILLATTEが入荷しました!


ASTIER de VILLATTEファンのみなさま、お待たせいたしました。新入荷情報です!

astier_staff.jpg
フランスはパリから届いた、ASTIERの真っ白な陶器が入った箱、箱、箱。
2月に行ったご予約会分も含め、お店に届いた大量の箱を猛スピードで開梱するDECOスタッフ。

astier_cover.jpg
パッケージデザインも素敵です。
こちらASTIER de VILLATTE・オリジナルのパヒュームキャンドルが入った箱。
箱にもキャンドルのいい香りが。。。

astier.jpg
で、並びました!

astier_up.jpg
棚にもぎっしり詰まっています!

astier_simple.jpg
こちらは定番のシンプルなシリーズ(シリーズ名もSIMPLEです)。
この形、繊細なラインがたまらない。釉薬の向こうに透けて見える陶土の感じ。
一枚一枚がアートです。

astier_vace2.jpg
フラワーベースなどなどです。グリーンやお花を生き生きと。

asiteier_vace1.jpg
こちらもフラワーベース。まるで彫刻の様。ダイナミックで圧倒されます。

astier_glass.jpg
グラス類も充実、美しいです。
今回初めての入荷となるCLARABELLEシリーズです。

astier_naples.jpg
カトラリーもずらーっと並びました。こちらも潔いデザインでかっこいい。
サイズも様々です。

asiter_note.jpg
ASTIER de VILLATEはノートもおしゃれです。(サイズ2種)
この独特のカラーリング。小口が金色で仕上がっています。
鞄に入れて持ち歩きたくなりますよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「僕たちの創る器は、ひとつずつ生命を持ったものだと思います。
一点一点が唯一のもの。特別なものなんです。」By ブノア(ASTIER代表)

ASTIER de VILLATTEがパリに工房を開いて間もない頃、
彼らの器に出会い日本に紹介し続けてきたのがH.P.DECOです。

ASTIER de VILLATEの世界は、まだまだ広がります。
ぜひお店で、彼らの世界観を直接感じて頂けたらと思います。
みなさまのお越しをお待ちしております!

10月には、
ASTIERのデザイン&マネージメント全般を行うブノアとイヴァンが来日、
H.P.DECOでデコレーションするイベントを企画しています。
こちらもどうぞお楽しみに!

Staff がじゃみ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ASTIER de VILLATTEはこちらでもご覧頂けます。
Web Shop H.P.F,MALLもぜひご活用ください。


SHOP INFORMATION 

H.P.DECO

Open:  11:0020:00 (ほぼ年中無休)

東京都渋谷区神宮前5-2-11 (東京メトロ銀座線・半蔵門線「表参道」駅A1出口より徒歩3)

アクセスはこちら


気になる商品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Tel: 03-3406-0313

Email: hpdeco@hpgrp.com


FABIO流・ドライフラワーはいかがですか?


ジメジメとした毎日、皆さんいかがお過ごしですか?
今こうして原稿を書いている側で、大地が雨によって潤されている音を感じます。
バイイングを担当させていただいているFABIOです。
 
6月より今まで生花をメインに展開していたコーナーに、
鉢植えや、面白いドライフラワー・プリザーブドフラワーを集めてみました。
hiru.jpg
昼バージョン

yoru.jpg
夜バージョン

木の実や変わった形の枝、最新技術で加工された生花のような花たちは、
花瓶に生けたり、お気に入りの雑貨とコーディネートしたり、
それだけでも十分な魅力を備えていますが、
ちょっとしたアイデアと手間で、素敵なオブジェに生まれ変わります。
01.jpg

少し前に市場で見つけた沖縄の豆と、
プリザーブド加工(生花を薬品で瑞々しい状態にする技術)した葉っぱ、
昔ステージ衣装の製作時(この事は次の機会に報告します・・・)に使った
羽の残りを使って、ちょっと奇妙な蝶(というより蛾・・・)を作ってディスプレイしてみました。
03.jpg

我ながら悪くないかな・・・と思い、もういくつか作ろうと思った矢先に、
ドライフラワー好きの素敵なお客様が、豆を全部買ってくださったので、終了と相成りました。
02.jpg
 次はどんなドライに会えるかな・・・

Staff FABIO

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

SHOP INFORMATION

H.P.DECO

Open:  11:0020:00 (ほぼ年中無休)

東京都渋谷区神宮前5-2-11 (東京メトロ銀座線・半蔵門線「表参道」駅A1出口より徒歩3)

アクセスはこちら


気になる商品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Tel: 03-3406-0313

Email: hpdeco@hpgrp.com

Web Shop H.P.F,MALLがリニューアルしました!

中古家具フェア始まりました!

久々に家具を大量に仕入れました。


中古家具って年代もデザインも様々で、価値がある(と思う)ものと、そうでないものを自分の感性で選んで、
年代や作り、デザインからいくらで販売すべきかっていうのを自分で決めるのってやっぱり楽しい。

もう15年以上H.P.DECOでは中古家具を扱っているのだけど、最近は同業者がたくさんいるので、
なかなかいいものが昔のようにたくさん仕入れられなくて海外を回ったりする。
でも、ありとあらゆるものがあるという点では東京は面白いんだよな。

今回の出ものは。。。。

DSCN7896.JPG
①古いケビント。

医療用のキャビネットの名称です。皆「ケビントウ」って言うのだけど正しくはケビント。
カステラはカスティーリャが訛ったように、ケビントはドイツ語のキャビネットが訛った言葉なんですって。
多分、解体全書とかの時代?(ほんとかな?)
ドイツ人が「○%&"#!ケビント!!」って言っているのを聞いて、
「これケビントって言うらしいよ。」(妄想)っていうことでそうなったと勝手に解釈しました。
このケビントはよくあるタイプの木のものとは違いスチールなのだけど
取っ手や脚のデザインが凝っていて、とても珍しい。

DSCN7893.JPG
②両袖のデスク

前回書いたブランド、ASTIER de VILLATTE(アスティエ ド ヴィラット) にも合いそう!
デザインのバランスがとても良くて一目ぼれ。ヨーロッパのものかと思いきや、
なんとなく日本の大正時代とかの西洋のデザインを真似て丁寧に職人が作ったものかも知れないなと勝手に妄想。
(古いものは知識も大切だけど、想像でカバーしましょ)

DSCN7894.JPG
③詳細不明のグッドデザイン椅子

どこどこのなになにでいつの時代のなになにで。。。って言うのは面白くないんだよな。
ふぃーりんぐでこの椅子好き。 

DSCN7889.JPG
④スクール用の机とスツール

クウネル系というのでしょうか?子供部屋なんかに可愛いな。

Staff ポエム部 部長

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
USED家具はこちらでもご覧頂けます。

SHOP INFORMATION 
Open:  11:00〜20:00 (ほぼ年中無休)
東京都渋谷区神宮前5-2-11 (東京メトロ銀座線・半蔵門線「表参道」駅A1出口より徒歩3分)
アクセスはこちら

気になる商品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
Tel: 03-3406-0313

家具が大量入荷しました!


こんにちは〜!ブログ第2段です!

今回は、昨日のブログで少しだけお伝えしている
3F中古家具フェア」を掘り下げて!のお知らせです!

00DSCN7882.JPG 
閉店後、トラックがお店に到着して、たくさんの家具達がお目見え。
1Fから3Fフロアへ手運び。。。ヒィィィ〜!(H.P.DECOは毎日超ガテン系なのです)

00DSCN7883.JPG 
あっという間に3Fフロアには家具達が大集合!今回は約4050点程!久々です!

sofa01DSCN7888.JPGsofa00DSCN7875.JPG
すてきなソファや

cabi00DSCN7880.JPGcabi02DSCN7886.JPG
しっくり味のあるキャビネットや小物入れ、

isu01DSCN7869.JPGisu00DSCN7868.JPG
isu02DSCN7872.JPGisu03DSCN7887.JPG
椅子も様々!

etc00DSCN7870.JPGetc01DSCN7878.JPG 
etcもお楽しみに!
3Fには、この他にも様々な家具がひしめき合っていますよ〜!

今回は、日本の様々な家具や(小学校の机&椅子もあります!)、
これからの季節に心地よいラタン素材の家具など、バラエティに富んだセレクトになっています。
昨日のインフォメーションでは「20日から」とお伝えしていましたが
19日」より商品をご覧頂けますので、家具をお探しのみなさま、
この週末は、ぜひH.P.DECOへお越しください!

お待ちしています〜!!!

Staff がじゃみ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
USED家具はこちらでもご覧頂けます。

SHOP INFORMATION 
Open:  11:00〜20:00 (ほぼ年中無休)
東京都渋谷区神宮前5-2-11 (東京メトロ銀座線・半蔵門線「表参道」駅A1出口より徒歩3分)
アクセスはこちら

気になる商品がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
Tel: 03-3406-0313

H.P.DECOのブログがスタートします!!


お店からのインフォメーションもちょこちょこと入れながら、H.P.DECOで働いている目線や経験から、
お店や商品の背景をもっとお伝えする場にしていきたいと思います。
僕が初めて、これまで持ち歩いたことのない大金を手に、
初の海外でのトラック運転でベルリンの街を家具を探して走り回ったり、
今思い返しても「よくぞご無事で。。。」と言いたいような経験なんかも、
その時々の情報として出していきたいと思います。

 

さて第1回目はH.P.DECOの主軸ブランド、ASTIER de VILLATTEの入荷情報をお知らせいたします。
 ASTIER de VILLATTEの商品が大量に届き、商品がより充実しました。

ショップでの展開は、6月22日(月)からを予定しています。

1月の買付時に行った展示会、MAISON & OBJETでの彼等の出展ブースでは、
Tse&Tseやジョン デリアンといったASTIER以外のブランドも取り込み、
新しい取り組みであるキャンドルが賞を取るなど、ASTIERの人気がますます高まっている様子。
デザイン、マネージメントの全般を行う、イヴァンとブノワのお宅でのホームパーティー?アーティストの集い?
にもお邪魔しました。

 

今回の一番のいいニュースは、彼等2人がディレクションをするASTIERの日本でのイベントを
H.P.DECOで10月に行うことが決まったこと。
アーティスト肌の2人なので「あれがいい、これがいい。。。。」と話がまったくまとまらないながら、
とても楽しみです。

01.JPG
写真はTse&Tseとのコラボレーションのキャビネットと

02.JPG
アーティストのダナ ワイスがASTIERのカップに絵付けをしたオバマ夫妻、

03.JPG
それからASTIERの展示会風景と、

04.JPG
ジョンデリアンの絵皿を背景にしたASTIERの花器。(花の活け方がいつもとても素敵!!)
10月のイベントではオバマの絵を描いたようなユーモラスな一点ものも、たくさんH.P.DECOに届く予定です。
(ホントに届くかな?)

Staff ポエム部 部長

 

INFORMATION

6月20日よりH.P.DECO3Fにて、久々に家具を大量に仕入れ、販売致します。

6月26日からはSALEを行いますので、是非お立ち寄りください!!

PROFILE

【写真:deco】
H.P.DECO

フランスを中心としたヨーロッパの新しいクリエーションと、デザインや年代にとらわれずセレクトしたユーズド家具を扱うショップ。海外での買付やクリエイターの魅力、家具にまつわるトピックスやスタッフのひとりごとなど、H.P.DECOの舞台裏をご紹介します。