BLOG

デザインを自分らしく楽しむ。

こんにちは、Sugerです。

最近は、晴れ間を見つけてはふらりとお散歩に出かけています。
先日はふらっと「若き詩人」という映画を観に行ったのですが、
南仏の気持ちよさそうな太陽の光と、街の雰囲気といい
映画が終わった後は、ついついその空気感に浸っておりました。

日差しが気持ちいい晴れた日もとっても好きですが、
しかし雨の日も嫌いではないです。
紫陽花が少しづつ色付き始め、毎日観察しながら
色を付けていく花びらが何とも愛おしい今日この頃です。

image4ad.jpeg



さて本日のアッシュペーブチックのインテリアのお部屋では
ASTIER de VILLATTEの美しいプレートをご紹介いたします。


【URSULA / ユルシュラ】
フィッシュプレート用に作られたURSULAは
獲れたての新鮮なお魚が映えるデザインです。
しっかりとお料理をのせられるサイズ感は、
お魚の他に、皆でテーブルを囲んでサンドウィッチやデザートプレートとしても
お料理を美しく見せてくれます。
シンプルながらにしなやかな曲線がデザインを作っていく様子に目を引かれます。

image3ad.jpeg


image8ad.jpeg


【ALBERT / アルベート】
少し深みのあるプレートに施されたデザインは
ぜひデザインから生まれる影をお楽しみください。
イチジクを使ったフレッシュなサラダなど
夏の果実を使用したサラダにALBERTのコレクションを合わせるのもお勧めです。

image2ad.jpeg

image1addd.jpeg


STIER de VILLATTE × JOHN DERIANのコレクションもたっぷりと届いております!

雲のシリーズは二つの表情を。
少し太陽の光がかかったような、だけどどこか怪しげな雰囲気も秘めています。
壁にかけて、アートとしてお楽しみいただくのがお勧めです!

image1add.jpeg


おや、つぶらな瞳をしたイルカさんと目が合いましたね。
プレートの端に施されたプリーツのようなデザインに心が惹かれます。

image2add.jpeg


大切なリングはそっとこちらにしまって。
本当にリングを入れるのにぴったりな小ぶりなサイズ感は
乙女心をこれでもかとくすぐります。
いつか私も王子様にもらったリングをここにしまいたい(妄想。。)

image3add.jpeg


どうして泣いてるの、ハートから涙がポロポロなコレクションは、
マグカップとプレートとご用意しております。
素直にゴメンねと言えない日に、、
いっぱい泣いて今日は元気を出すぞという日に、、

私だったら、食べ過ぎて反省している日にでしょうか、、(ふふ)

image4add.jpeg


思い思いにストーリーを作りながら楽しむのも良しですね。
ぜひ皆さまのストーリーも聞かせてください。


今週も雨が続くようですが、
雨音と共にどうぞごゆっくりアッシュペーブチックで過ごす時間をお楽しみくださいませ。



Suger


==================================
<Kuhn Keramik ご予約会>
6月15日(金)~7月1日(日)
5種類お選び頂けるカップとデザインを組み合わせて自分だけのカップを
オーダー頂けます。
関西ではアッシュペーブチックだけの特別な機会です。
ぜひお越しください。
==================================

●●●●●●●●●●● ●●●●●●●●●●●● ●●●●●●●●●●●● ●●●●●● 

ブログに掲載している商品は全て通信販売ができますのでお気軽にご連絡ください。

PHONE: 078-332-2327
E-MAIL: boutique_kaigan@hpgrp.com

●●●●●●●●●●●● ●●●●●●●●●●●● ●●●●●●●●●●●● ●●●●●● 

H.P.F, MALLオンラインショッピング、商品アップしました!

click here

↓↓↓

http://www.hpfmall.com/shop/hpfmall/item/list/category_id/3212

instagramでも随時アップしていますので、是非フォローお願いします。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アッシュペーブチック
〒650-0024
兵庫県神戸市中央区海岸通3-1-5
海岸ビルヂング1F





PROFILE

【写真:boutique_kaigan】
アッシュペーブチック

「インテリア・アート・モードに囲まれて家族や大切な人と神戸で暮らす」をテーマに2008年神戸の歴史ある海岸ビルヂングにオープン。ヨー ロッパのクリエイティブなアクセサリー等のモードにインテリア・アートを加えた、パリと神戸の共通点である街を愛し、 人生を楽しむスタイルを提案しています。