BLOG

たべものブログ


こんにちは。

びっくりするくらい暖かい日が続きましたね。

私は今鬼のようにランチ巡りを楽しんでいます。
(必死すぎてあまり楽しそうじゃないですが、今のところハズレなしで満足しております)

主にパスタやラーメン、パン屋巡りですが、
パンは週2〜4で通う参宮橋「タルイベーカリー」、
ルヴァンエピにウォールナッツエピ、バナナブレッドにショコラバケット、
定番で買うものは数あれど、ピタサンドは朝でも昼でも夜でも、これひとつ食べれば
大満足のお食事に。

P1291288.jpg

ある日の昼食。

再入荷したボナペティコレクション、直火シリーズは3種類とも大活躍ですが、
こちらのココット皿は缶スープをコンロで温めて、
そのまま食卓に出せるのがとても便利。
何しろかわいいですからね!
そしてこっそりといますがやはりヴィンセントの陶器も必ず登場させます。。
長ネギのマリネを入れています。この渋さ、たまらん・・。

P1271285.jpg

そしてある日の夕食。

今度はヴィンセントメイン。
贅沢だな〜・・。
もちろん毎日こんなにしっかりした食事は出来ていませんが、
体調がまずまずの時は兎にも角にも美味しい食事を大スキな食器で・・!


今は頭の中の半分がご飯と、もう半分がリフォームした実家の自分たちの寝室のことで占めています。

実家の寝室は、徐々にバザーな空間にしていこうと目論んでいて、
また追い追いこちらで公開していきたいと思います。。
部屋づくりって本当に楽しすぎてドーパミンがいっぱい分泌される気がします。
ボケ防止!素晴らしい!


先日、バザーで出会った素敵なプロジェクトをされているT本さまが、
野菜と果物を使った実験やお料理会をお家で子供達に向けて行ってくれました。

P1271251.jpg
子供達にレクチャー

20160215_103844.jpg
りんごの実験

20160215_104009.jpg
サツマイモのブリュレに勇ましく焼き目をつける長女。
警戒する三男。

20160215_103902.jpg

最後は何度も焼き直して完成したかわいいりんごパイでティータイム。

りんごは蜜の部分と蜜のない部分、どちらが甘いのか?

美味しく楽しくたくさんの発見があり、
食べ物や料理がより好きになる本当にキラキラした時間でした。

T本さんのプロジェクト、「MUCOO」。
お子様がいらっしゃる方、もしくはお子様がいらっしゃる方へのギフトにも、
ご興味がありましたら是非チェックしてみてください。

そういえば先日入荷したパレットのような陶器。。
これも是非活躍させたいところです。。
(もう大分なくなっちゃっているかな・・)



最後に、バザーの家具が幸せに暮らすお家のお写真を一枚。

IMG_3649_s.png
パシャリ。

日本の趣ある佇まいの空間に、南仏から来たブルーのテーブルの調和がなんとも自然で、
優しく可愛く、じんわり気持ちがあったかくなってきます。。
テーブルに合わせたブルーの座面のチェアもデンマークから。
そして奥のブルーの脚の三角テーブルも実はバザーにいた子。

幸せそうな子供達の様子にも癒されます。。

N根さま、素敵なお写真本当にありがとうございます!!!

心痛むニュースも多いけれど、周りを見渡せば心安らぐこと・胸踊ること・嬉しくてちょっと涙ぐんでしまうことなんかもたくさんあります。

人生そっちをもっと見つけていった方がずっとらっきーだな。


気候の変化、激しいですが、元気な身体でより良い毎日を・・!
(健康食品のCMを意識)



たな

~オンラインショップはこちら~
 
 
インスタグラム
ユーザー名:bazaretgarde_manger

facebookも宜しくお願いします!
「いいね!」を是非


H.P.F,MALLのvisual diaryも是非ご覧下さい!

**************************
Bazar et Garde-Manger
バザー・エ・ガルド-モンジェ
OPEN: 11:00-19:30 ほぼ年中無休
ADDRESS: 東京都港区北青山3-7-6
PHONE: 03-5774-5426
E-MAIL: marthe@hpgrp.com
HOME PAGE: www.bazar-et-gm.com
BLOG: www.hpfrance.com/Blog/bgm/
ONLINE SHOP:

**************************


PROFILE

【写真:BGM】
Bazar et Garde-Manger (バザー・エ・ガルド・モンジェ)

ここは、家と庭を通して皆様の生活“ユニバース”に触れる場所です。ここでしか見つけられないアート作品、手刷りのファブリックやキッチンを彩るお皿、不思議な植物、ヴィンテージの家具・・。全ての商品はマルト・デムランがパリやプロヴァンスで1つ1つ探し歩いて出会ったイマジネーション溢れるものばかりです。

Archives