BLOG

ナツデス。

暑いです、寒いです。
そんな毎日で、体の弱いぼくは体調を崩していますが、皆さんはどうですか。
スーパームーンとやらに引っ張られてそわそわ落ち着かないですか。
体調悪いのもスーパームーンのせいかも知れません。
ジャムがすぐかびるのもあるいは。

スーパームーンより、クマノミとイソギンチャクの方が興味深いです。
うちの水槽にも早くイソギンチャクを入れたい。
IMG_1881.jpg寝てます
うちのクマノミ。ちゃいちー。かわいー

DSC09196.jpg魚といえば
釣り!不謹慎な感じがするけど、まあいいではないですか。
本当の釣り竿を使って作られています。ぼくも家で使ってます。
¥68,250

DSC09197.jpg
山小屋のおじさんのテーブル。どん、どん、どーん。という思い切りのいい作りがいいなって思います。
¥78,750

DSC09200.jpg
あとこれもかわいいです。
なに柳なに子のヘアースタイルがモチーフになっているとかいないとか。
黒いかごの中にぼんやりと、緑やら黄色やら青やらが浮かび上がってうっとりします。
影もきれい。
¥42,000

DSC09202.jpg
ヘアースタイルつながりです。
おしゃれな髪型のフック4セットです。
ちょっと大き目の穴があくので、思い切りが必要かもしれないですけど、結構かわいいです。
うちにもつけたいな。やってみよ。
¥8,925

わーところで、ワークショップのお知らせがちゃんと済んでいませんでしたね。
また明日ーなんて言って、約束を守らないなんて全くもってひどいです。

6月28日より、植物のイベント「Botanical Garden」が始まります。
市場で見つけたおもしろい植物、今回は釣り型(フックとかにかけて吊るせるプランター)の植物に焦点を当てて選んでみました。
IMG_1945.jpg
釣り型と言っても色々種類があるものです。
たくさんあるうちに見に来てほしいです。
それから、BACSACの新作も届きます。なんと今回は新しい色が出ます。うわーたのしみですね。
あとあと、毎回売り切れちゃいます博物館の展示ような、水栽培の多肉やサボテンも入荷します。
今回はぼくもサボテン選びに同行させてもらって、比較的奇天烈な感じのものを選んできましたので、
見応えあるんじゃないかと思いますよ。
IMG_1891.jpgこの日風邪を引きました

さらにー。
恒例のワークショップもヤリマス。
今回はバラです。ちょっと意外だと思います。
ぼくの好きな、少しかしこぶって、研究気取りでバラを楽しむ。みたいな内容です。
もちろん出来るだけ小難しいことは抜きにしているので、楽しんでもらえると思います。
BACSACの新作で作れます。ガーデンツールのノベルティもついちゃいます。お得!

完全予約制です!
・6月29日(土)11:00〜12:00くらいまで
朝の気持ちのいい時間に土いじりしましょう。
・参加費 ¥6,825(税込み)
・持ち物 動きやすい格好 (あれば)グローブ ハンカチ、タオルなど

当日は10:45くらいまでにご来店ください。

本格的に暑くなる前に、なにか活動的なことをしておくべきだと思うのです。
暑くなったら、なんにもしたくないですから。
一緒にエンジョイしましょうー。

ではさよなら!

はし

facebookも宜しくお願いします!
「いいね!」を是非


https://www.facebook.com/bazar.et.gardemanger
今日の音楽なんだろう? おススメ音楽ご紹介中!
**************************
Bazar et Garde-Manger
バザー・エ・ガルド-モンジェ
OPEN: 11:00-19:30 ほぼ年中無休
ADDRESS: 東京都港区北青山3-7-6
PHONE: 03-5774-5426
E-MAIL: marthe@hpgrp.com
HOME PAGE: www.bazar-et-gm.com
BLOG: www.hpfrance.com/Blog/bgm/
ブログにて掲載させて頂いている商品は全て通信販売ができます。
詳しくは上記のお電話もしくはメールにてお問い合わせください。
ウェブショップ、H.P.F, MALLにも商品を掲載しています。
ウェブにてお買い物ご希望の方は是非ごらんください。
メルマガ会員募集中です。
ご希望の方はお名前・お電話番号・e-mailアドレスを
marthe@hpgrp.comまでお送りください
PROFILE

【写真:BGM】
Bazar et Garde-Manger (バザー・エ・ガルド・モンジェ)

ここは、家と庭を通して皆様の生活“ユニバース”に触れる場所です。ここでしか見つけられないアート作品、手刷りのファブリックやキッチンを彩るお皿、不思議な植物、ヴィンテージの家具・・。全ての商品はマルト・デムランがパリやプロヴァンスで1つ1つ探し歩いて出会ったイマジネーション溢れるものばかりです。

Archives