BLOG

どうですか。いいでしょう。

DSC06411.JPGga--
。。
今日から、秋のインテリアというテーマのフェアを開催中です!
DECOブログではお伝え済みでしたが、本筋のこちらで忘れているこのうっかりぶり!
写真はそんな私への羞恥心を伴う戒めというわけです。
辱めにつきあわせてしまってまっこと申し訳なく思います。

皆様にとっては恐らくこちらが重要なはず。
良質な新作とか日常の風景です。
ハイ!
DSC06366.JPG
秋の気配漂うベッドまわり。ウールやアルパカの毛の質感が心地よい雰囲気を出します。

DSC06381.JPGほんわか
天然の素材を使うことに強いこだわりを持つブランド、Best Beforeのラグ。
羊の毛を圧縮し、フェルト化させた単純な手法ながらも、暖かみや、手仕事をストレートに感じる一品。
DSC06382.JPG
どちらも
約80 x 約120 (cm)
¥42000
DSC06384.JPG
左:約80 x 約120 (cm)
¥42000
右:約90 x 約220 (cm)
¥66150

DJブースも出来ました。
DSC06391.JPGDJSR氏
なんつって!なかなかいい写真が撮れた!

家具はこんなものをご紹介。
DSC06386.JPGかぱ。
DSC06388.JPGかぱぱ。
DSC06389.JPGかぱーん。
キャスターの動きも軽い、いい感じの一品。
観音開きのラック4段と、跳ね上げ式の補助作業台。
写真のように食器を入れておくのもなかなか格好いい。なかなか!
W:
H:
D:
¥105000

それから。
ファブリックをもうひとつ。
DSC06390.JPG
LEO ATLANTEの新作、ウールのラグ。
動物の毛皮をかたどっています。
ラグと言っても、比較的薄手で軽い一枚布ですから、ベッドメイキングや、
ソファのアクセントととして使うのもいい感じです。
DSC06407.JPG。。店長SR氏 (焦げ茶)

DSC06408.JPG。。店長SR氏 (カーキ)
とったどー!と言いたげな背中であります。。ふふ
それぞれ
¥24150

DSC06379.JPG照明も重要ですねー
くらげ柄!軽いので、壊れる心配も少ないです。
φ x (cm)
¥26250

DSC06380.JPG
香りものは、MAD et LENのルームフレグランスなんてどうでしょう。
(CIRE)は西洋ミツバチの蜜蝋をのイメージで作られた香り、
やさしく、少しぬるまったさを感じる様な、不思議な香りです。
ゆったりと過ごす、リビングやベッドルームで、特にこれからの時期におすすめです!
100ml入り、女性のあこがれぷしゅぷしゅ付き。
¥10500

お庭からの様子も随分様変わりしています。
DSC06399.JPG
ウッドデッキ辺りがすっきり。

外からの風景も
DSC06395.JPGむ!

DSC06396.JPGむむ!
見られているー!
なんていう感じ。どうですか。

庭と言えば。
植え込みもいくつか作りましたよー。いい時期ですからね。なんせ。
DSC06401.JPGDSC06402.JPG
BACSAC10Lのコーディネート
¥7560
3Lのコーディネート
¥5460
DSC06404.JPGDSC06405.JPG
BACSAC3Lコニファーのコーディネート
¥4935

今日はむやみに目立ってしまったものですが、ちゃあんとちゃっかり次回の予告も兼ねているんですカラー!
DSC06414.JPGのサムネール画像このへんが。。
乞うご期待!
謝謝!

***************************************

Bazar et Garde-Manger

バザー・エ・ガルド-モンジェ

 

OPEN: 11:00-19:30 ほぼ年中無休

ADDRESS: 東京都港区北青山3-7-6

PHONE: 03-5774-5426

E-MAIL: marthe@hpgrp.com

HOME PAGE: www.bazar-et-gm.com

BLOG: www.hpfrance.com/Blog/bgm/

 

ブログにて掲載させて頂いている商品は全て通信販売ができます。

詳しくは上記のお電話もしくはメールにてお問い合わせください。

 

ウェブショップ、H.P.F, MALLにも商品を掲載しています。

ウェブにてお買い物ご希望の方は是非ごらんください。

 

メルマガ会員募集中です。

ご希望の方はお名前・お電話番号・e-mailアドレスを

marthe@hpgrp.comまでお送りください。

PROFILE

【写真:BGM】
Bazar et Garde-Manger (バザー・エ・ガルド・モンジェ)

ここは、家と庭を通して皆様の生活“ユニバース”に触れる場所です。ここでしか見つけられないアート作品、手刷りのファブリックやキッチンを彩るお皿、不思議な植物、ヴィンテージの家具・・。全ての商品はマルト・デムランがパリやプロヴァンスで1つ1つ探し歩いて出会ったイマジネーション溢れるものばかりです。

Archives