BLOG

BACSACのABC

今日は。

今回はちゃあんと予告通りの内容でお送り致しますよ。

ところで、今日はおすすめのミュージックビデオが。
061001.jpg
じゃん。Juicy Panicのエーデルワイス・ミュラーというやつです。
フランス人(norman bambi)と日本人(mami chan)のカップルでやっているグループで、
CDによって毛色は結構違うのだけれど、このDVD前後の彼らの作品は大好きです。
エレクトロニカだけど、アコースティックな音源を使っていたりするので、
電子音が苦手な人にもやさしいめな感じです。
エーデルワイス・ミュラーという曲はDVDでしか聴けないけれど、
このミュージックビデオがまたとってもいいのです。
木こりとか楽団とか列車が出てきます。(何とも説明しがたいのです)
まあ興味と機会があれば。

ところで。
061002.jpg
BACSACバックサックと最近では当たり前に言っていましたが、
今回グリーンガーデンのイベントをやるにあたって、
もう一度、BACSACがどんなものなのかおさらいしておきますか?そうしましょう。
一見さんにやさしく。

BACSACは、それまでの植木鉢の抱える問題、見た目もそうですが、運送のしやすさ、
重量超過の問題についても解決してしまうべく考案された、ナイロンと不織布からなる、
袋状のプランターです。BACSAC自体もリサイクルが出来、ファブリックで出来ている為、
用土内の水分と空気の割合が理想的になるよう計算されています。
という感じで、まさに畑を切り取って来た様なイメージですね。
お店でも野菜やハーブがすくすくと育っていますよ。

061003.jpg
スクエア2 
W60xD30xH40
容量70L
¥12600(¥12000)

061009.jpg
ぶら下げる事の出来るタイプ2点(筒型)
容量3L
φ15xH15cm
紐の長さ 100cm
¥3360(¥3200)

容量10L
φ23xH23
紐の長さ 約150cm 調節可能
¥4725(¥4500)

061007.jpg
こちらは壁掛けタイプ。バルコニーとか柵に引っ掛けてもいい感じです。
容量14L
W38x28cm
¥4725(¥4500)

061008.jpg
ちょっと分かりづらくてごめんなさい。植え込みしてあると分かり易かったですよね。
これもベランダなどの柵にかけるのに最適な形。新作です。
容量17L
W60xD10xH30cm
¥8925(¥8500)
上記のものは全て植え込んだ状態でもお売りしています。

吊るすタイプなどあると、お庭にもディスプレイにも奥行きや立体感が生まれそうですネー。

061010.jpg
ご予算に応じて、このようにBACSACのコーディネートも承っております。
気軽にご相談ください。

それから!
061013.jpg
お庭やお部屋にスーパースペシャルアイテム。
1点のみの入荷、原子モデルの様なオブジェ付きの植木鉢。。ジャンボサイズ。

061014.jpg
以前お取り扱いのあったプチサイズ(いや、これが普通かしら
これはオブジェ部分を含めてもせいぜい30cmくらいですが。

ジャンボ様は写真の状態で110cm!
がんばって作ればもっと高くまで。がんばれ!
素晴らしいインパクトなのでもう一回。
061013.jpg
鉢サイズφ26xH29cm
¥71400(¥68000)
鉢の中の観葉植物は附属しません。

むしむししてきましたね。
最近は太陽の強い日差しが恋しいです。早く山に登りたいなあ。

では今日はこのあたりで。
またお庭で。

謝謝。

はし氏

***************************************
Bazar et Garde-Manger
バザー・エ・ガルド-モンジェ
 
OPEN: 11:00-19:30 ほぼ年中無休
ADDRESS: 東京都港区北青山3-7-6
PHONE: 03-5774-5426
 
ブログにて掲載させて頂いている商品は全て通信販売ができます。
詳しくは上記のお電話もしくはメールにてお問い合わせください。
 
ウェブショップ、H.P.F, MALLにも商品を掲載しています。
ウェブにてお買い物ご希望の方は是非ごらんください。
 
メルマガ会員募集中です。
ご希望の方はお名前・お電話番号・e-mailアドレスを
marthe@hpgrp.comまでお送りください。
PROFILE

【写真:BGM】
Bazar et Garde-Manger (バザー・エ・ガルド・モンジェ)

ここは、家と庭を通して皆様の生活“ユニバース”に触れる場所です。ここでしか見つけられないアート作品、手刷りのファブリックやキッチンを彩るお皿、不思議な植物、ヴィンテージの家具・・。全ての商品はマルト・デムランがパリやプロヴァンスで1つ1つ探し歩いて出会ったイマジネーション溢れるものばかりです。

Archives