BLOG

いっぱいといえば

 
コピー ~ RIMG6196.JPG 
 
 
 
 
まだまだ寒かったあの冬の日に
春を想って発泡スチロール猫の前をスルーし
通い続けた mykonos工房
 
春のリングたち、入荷しました。
 
  
なんとも、今までの水金にない 少しPOPで 心楽しくなる石あわせの新作です。
 
 
 
 
針水晶の黄色 オパールのミルク色 スピネルの紫 エメラルドのグリーン 
RIMG6195.JPGのサムネール画像 
 
 
 
 
地球みたいなオパール ルビーの赤 グリーンクォーツ ダイヤの光 
コピー ~ RIMG6189.JPG 
 
レモン色も ピンクもグリーンも すべてサファイヤ 
コピー ~ RIMG6190.JPG
 
 
透き通った水晶 アクアマリンのブルー スピネルの薄紫 ダイヤのグレー
コピー ~ RIMG6192.JPG
 
 
真っ赤なルビー 紫のトルマリン マーブリングのオパール
コピー ~ RIMG6193.JPG 
 
 
 
どーん、
 
 

コピー ~ RIMG6197.JPG

こんなにたくさん並びました。全て新作。

この2年 水金史上初 いっぱい!!!
 
 
 
いっぱいといえば、
目黒のファミリー猫。
史上初おめみえ。
FAMILY__.jpg
 
 
 
今日はGASA*さんの2010秋冬展示会へ。
いつもいつも、そのすてきなプレゼンテーションに、
うっとりするばかり。
RIMG6267.JPG 
 
この秋の水金でも これまでにない 展開、ありますよ。
ああ、私が一番楽しみかもです。
 
GASA*の陰なる番長?
GASA*の小澤さん 猫ブログ はじめたらしいですよ~
いい猫合戦ですよ。もう。
 
 
 
 

月泪 明泪.jpg
emi takazawa の新作 月泪 と 明泪
 
 
 
昨日は、風邪も 疲れも 相俟って
一歩も外に出ず 引きこもっていました。
 
 
私なんかが引き篭って生まれるものは無く
引き篭っていても、ただ消費するだけ。
 
インターネットから抽出される情報と ツィッターから流れ続ける近況と。
録りためたお笑いを見て笑って。
 
この世の霞を喰う感じ。
 
 
 
 
恵美さんは、2009年 桐生から横浜に引っ越してきました。
見知らぬ街 昭和の借家をアトリエに 愛犬シルクと2人きり
 
RIMG2592.JPGRIMG2571.JPG
 
引き篭っていると、思います。
そういう空気が、アトリエに溜まっていました。
 
一人と一匹で 今までのこと、これからのこと、考えて、考えて
 
ぐるぐる巡ることが、一旦 別れに向かう黒い渦となり、
でもまた 巡りあう喜びや新しい季節の訪れが優しい桃色を生み
 
そうやって 感じるものを刺繍に刺して
 
この春の恵美さんの 素晴らしい新作が生まれました。
 
 
 
 
恵美さんが 作品とともに 私にくれた言葉たち。
今回の作品一連のテーマが 流れるように繋がります。
 
 
 
流れるもの 巡
流れてしまうもの 泪
流れてないもの 郷
流れてほしくないもの 祈結
流れの先にあるもの 一分咲
 
 
 
 
作品と共に ご覧下さい。
 
 
たくさんの出会い たくさんの別れ 
巡 .JPG
 
巡 着用 青.JPG 
 
 
ほろり 頬をつたう 一粒の泪
 
泪 .JPG
 
泪 着用.JPG 
 
陽泪 光泪 太陽の光のように とめどなく溢れてくる 泪
陽泪.JPG
 
光泪.JPG 
 
 
 
月泪 明泪 月の明りのように 静かにしっとり流れる 泪
月泪.JPG
 
明泪.JPG 
 
 
RIMG6135.JPG RIMG6073.JPG
 
時が流れても 自分がどこに流れていっても
いつでもそこにある 郷 ふるさと
 
郷 大小.JPG 
 
祈結
愛しい命たちの幸せ
流れ去らぬよう 祈り ほどけぬよう 結ぶ
祈結 大小.JPG 
祈結 着用.JPG 
 
 
 
一分咲
季節や時の流れと共に 少しずつでも成長していきたい
一分咲き.JPG 
 
 
 
 
 
一分咲は 芽となり 光となる。
 
 
光 帽子ピン.JPG 
 
 
 
 
  
ブルーの目を持つアマン は マラケシュに住む幸せ猫。
「アマン」はアラビア語で「水」の意味。
月夜にその目から おまえもポロリ泪なの、そうなのー?
アマン__.jpg

emi takazawa 横振り刺繍の新作展

はじまりました。
コピー ~ RIMG6114.JPG



デビューアルバムっていいけど、
2枚目はね〜


なんて 通説ですが、

恵美ちゃん、

2枚目、2回目の個展でも

コピー ~ RIMG6116.JPG


私たちの心 わしづかみです。

どうしてかというと、

1枚目でも2枚目でも 嘘の無い 今の恵美ちゃんそのものだからです。


今回は春らしい色合い

'泪' を テーマにした 新作が並んでいます。


コピー ~ RIMG6118.JPG
光泪 と 陽泪


恵美ちゃん、昨日 大風邪ひいてふらふらで登場。
マスクと眼鏡と前髪で、顔がほとんど見えなかった。

今回はほとんどの商品が そのままお持ち帰りいただける作品。
身を削って 制作してくれたんですね。


次回のブログではフルラインナップ で ご紹介しますね。


IMG_0258.JPGのサムネール画像
泣いても、いいよ。



悶絶

 
RIMG6072.JPG 
 
emi の 新作。 届きました。
 

ううう、ううううううう〜
美しすぎて 悶絶。
 
 
もう、皆さんご存知ですよね。
すべて刺繍でできた、コサージュです。

 
 
RIMG6074.JPG 
 
新作 「月泪」
 
 
 
 
3月27日より
 
emi takazawa 横振り刺繍のコサージュの新作展を、行います。
 
 
 
 
 
 
RIMG6069.JPG 
 
 
耳飾としても、どうですか!?って。
RIMG6068.JPG 
 
 
しかも18,900円て。。。。
手ごろすぎる(涙) あ、ほんとに泪でた。
 
 
 
新色 金のふちどりや桃色も。
 
RIMG6065.JPG 
 
RIMG6061.JPG 
 
今年 嫁になる予定の人たちへ。とくにお勧めしたい 金の'寿'
 
 
詳しくはまた27日以降に、
アップします。
 
 
 
 
charashort__ (2).jpg yoneusagi__.jpg 
毛が生えると、こんなかんじ。
 
ちゃらちゃんと よねちゃんのせんずくん。
i phone おススメアプリ 'Makeover Lite' (無料)
最近DECOで流行ってます。
OGっちの アフロを超える人はまだいません。
 

光と翳

こちら 山崎航展の マーガレットのピン
RIMG6026.JPG 
 
こちらが マーガレットのブックマーク
RIMG6022.JPG
 
 
 
 
 
「静かでみずみずしい植物たち 
 
そしてその、にぎやかな影」
 
 
って、いってました。山崎さん、確かに。
 
 
そう、まさにこういうことなんですね。
 
 
RIMG6028.JPG 
 
 
ピンの影を写して作ったのが このブックマーク。
 
 
航さんが 仕上げたお花のピンブローチを窓際に立てて並べていたところ、
ちょうど窓から差した夕日がつくった影を見つけて、、、
 
急いでスケッチしたんだそうです。
 
 
 
ロマンチックすぎる。
 
 
 
今の私の生活だと、まず気づかない。
 
こういう素敵なものは 私には一生作れないんじゃないかしら。
 
 
夕日を感じる時間がありますか?
影を写し取る余裕がありますか?と。
 
 
 
まず、気づくこと 感じること
 
それを 表現すること
 
確かな技術をもって。
 
そういうことが当たり前に出来る作家さんがいて
 
こういう素晴らしいものに触れて 
 
ものを介して、
 
わたしはいつも 気づかせてもらっています。
 
 
RIMG6031.JPG 
 
 
 
 
 
 
 
夕日を背に。モロッコの旗を背に。
エッサウィラのウミネコ 行進なう。
RIMG5480.JPG 
 
 

DECOの弟 TNちゃんが ジャケットを着る日。

右衿に 彫金の花 'Hinagikyo'
 
RIMG6011.JPGのサムネール画像

 

 
 
 
明日より 3月20日(土)~28日(日)
 
WATARU YAMAZAKI JEWERLY展
Silence Flowers
静かなる彫金の植物たち
 
準備ができました。 
RIMG5977.JPG
 
RIMG5984.JPG 
 
 
 
 
 
 
RIMG6013.JPG
 
素敵すぎる。こんな男の人のさりげないお洒落が、素敵すぎる。
RIMG6003.JPGのサムネール画像
 
男の人たち~
ちょっとしたパーティにいくとき、
うーんこまったなぁ、蝶ネクタイ、する?みたいなとき、
こういう とってもさりげないピンブローチで ノーネクタイで、どうですか?
 
 
 
'Cosmos'は 今回山崎さんが値段も抑えてくださったスペシャルなピンブローチ。
24,150円です。
 
RIMG5981.JPG 
花びらは白仕上げの純銀。花びら一枚一枚はすべて手作りで 純銀のプレートを
削りだして、叩いて、筋をつけて、つくります。
 
茎と額は 18K の グリーンゴールド。
グリーンゴールドって聞いたこと無かったですが、
ゴールドとシルバーだけを混ぜあわせた18Kは少し緑がかった金色になるんだそうです。マニアック。
 
そしてめしべは、24K つまり、純金です。
 
 
 
こんなに作りこんで、このスケール こんなに小さいんです。 
RIMG5997.JPGのサムネール画像 
全てのピンブローチには、このように↑専用の土台がついています。
身につけないときは こうやって立てて、飾っておくことが出来ます。
 
 
 
 
女性のピアスもとっても、すてき。
花を真正面からではなく、いろんな角度から見通した断面を、シルバーのプレートに掘り取ります。
影絵みたいね。
 
RIMG5988.JPG 
 
  
RIMG5998.JPG
 
たった、1週間の展示です。
ぜひ遊びに来てください☆
 

 

 
 
 
WATARU YAMAZAKI JEWERLY 展
Silenc flowers
静かなる彫金の植物たち
2010年3月20日(土)-3月28日(日)
 
 
ひとつひとつ丁寧に掘り込んだ
静かでみずみずしい植物たち。
そしてその賑やかな影
かわいらしくも静謐な雰囲気をもつ彫金の装身具を展示いたします。
 
 
山崎航
 
ジュエリーの専門学校を卒業後、金属工芸家 井尾建二氏に師事。
伝統工芸展等の公募展への出展のかたわら、
彫金のテクニックを用いたジュエリーを発表。
2009年重要無形文化財伝承者養成事業参加。
 
 
 
一昨日の発泡スチロール猫。
まだまだ警戒心は ほどきませんよ。

発泡スチロールneko__.jpg

 

 

準備準備

 

DM邏譚・DECO螻慕、コDM邏譚色.jpg

今日は 彫金作家 山崎航さんがいらっしゃって、

 
明日からの展示の準備をするんです~
 
 
 
息を止めて見ちゃうような、
 
そんな作品たちが並びます。
 
  DM邏譚・DECO螻慕、コDM邏譚織.jpg 
 
詳しくはまた、 出来上がりをアップしますね~
 
 
人形町でランチしたときにいた、喫茶店猫です。
完全溶け込んでます。
 
喫茶__.jpg 
 
 
 

ヤラちゃん

 
yarachan.JPG 
 
元スタッフの ヤラちゃんがあそびにきたよ。
 
美味しそうな どら焼もって来てくれた 天使だよ~
 
 
 
ちょっと、やらちゃん、着てみてくれる??と 
 
yarachan (3).JPG 
 
こちらは インドの 'Kantha works' 細かい細かい刺し子の刺繍がされた
リバーシブルのジャケット 
 
ヤラちゃんグリーンがよく似合う。
 
背中には刺繍されたペイズリーが パッチワークされています。
yarachan (1).JPG 
 
黒 裏地が鮮やかなオレンジ系。
yarachan (4).JPG 
 
同じピースは一枚も無いです。すべて、一点もの。
 
 
yarachan (5).JPG 
 
 
ヤラちゃんの首元に見えるピンクのシャレオツネックレスは
肩こり専用らしいよ。
 
なんでそんなに肩こるかというと
 
 
ヤラちゃんは ただいま なんと 文庫革の文庫やさんに入門 
文庫革職人となるべく 見習い中なんです。
 
⑫パスケース全部.JPG
 
 

haruko3.jpg

fude6.jpg

 

「なかなか、こんなにきれいに 塗れないんですよ~」 って。

がんばれ 日々精進じゃ やらちゃん。
 
素敵なピースを水金に届けてね。
 
 
 
水金を巣立ったスタッフたちは、みんな、それぞれに秘めていた道へ突き進んでおります。
嬉しいことです。
 
 
 
 
 
水金地火木土天冥海×大関  '黒'! の二つ折り財布、並びました。
 
 
bunko kuro.JPG 
 
ヌバックという、表面を少し起毛させた黒牛革に型押し。
メンズに、おススメしたいです。
 

bunko kuro (3).JPG

bunko kuro (2).JPG 

bunko kuro (6).JPG
 

bunko kuro (7).JPG

 

渋いね。黒。

 
 
WS000002.JPGあ、黒の型押し!
 
ちがうか、
名古屋の肩のり ぺこちゃんでした~!!!!!
Mさん、ごめんなさいっっっ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

かわかみさん もりあがる

「年齢も年齢だからね  残るもの、ほしいよね。」
 
と KWKM店長。
 
 
その一言、刺さるね~~ みぞおちに。
 
 
RIMG5899.JPG 
アンニュイ ナンバーワン。
 
それって、ダイヤモンズのこと??
 
 
 
水金が取り組むダイヤモンド
 
そもそもアクセサリー というよりも、 装飾品と呼びたい。
 
それはプリミティブで 肌身離さず身につけたいもので
 
それ自体が その人となり。 その人自身を 表すようなもの。
 
 
 
 
今回初めて水金が (私にとって)のハイジュエリーに挑戦。
 
ぐるり、一周 ダイヤモンドのネックレス。
 
RIMG5889.JPG 
 
 
でもね、ダイヤはダイヤでも
ダイヤモンドの原石。
 
磨かれる前のダイヤモンドは、
RIMG5909.JPG 
ごつごつしていて 本当に石のような質感だけれど、
確かに 光りが強くて 引き込まれます。 
RIMG5910.JPG 
 
贅沢に80cmのロングネックレスで84,000円。
 
RIMG5891.JPG 
 
 
短いもの。
52,500円。
 
 
こちらは カットされたグレーとイエローダイヤとバスラパール、
ローズカットのブラックダイヤがはめ込まれた、
バランスのいいネックレス。
 
RIMG5906.JPG 
 
 

RIMG5908.JPG

ローズカットのブラックダイヤのそばに、小さく2粒ついているのがバスラパール。

バスラパールとは、イラクで採れたアンティークパールで、

まだ真珠の養殖の技術が無い時代 何世紀も前のパールなんだそう。

ロマンがありますね~

126,000円

 
 
チョコレート色ブラウンダイヤの粒のネックレス
94,500円。
RIMG5917.JPG 
 
これは、娘の代まで、残りますよ。
 
 
最近、遅いんですよね、みんな。
いいものをいろんな人に残そうと、水金 DECO共に、スタッフ残業残業ですよ。
んで、帰ったら メンラーか、ギョーザか。パンチ効いたもの食べるわけですよ。
 
でもね 癒されたいじゃないですか、たまには、ささやかながら 確かなものに。
 
昨晩は久しぶりに21時半には店を出て、代々木公園の NEWPORT  にて TICAのライブに。
 
 

TICA_アー写.jpg

かおりちゃんの歌声って、本当、日本人の女性アーティストの中で 今や一番好きかもです。

 
シンプルで 静かだけれど、確かなんです。
動画じゃない カバーですけど YOU TUBEですけど。
どうぞ~
 
 
 
 
 
 
 
 
もしもシリーズ!!
 
カンガルー?????
 
カンガルー__.jpg なに?なによ?
 
 
 
 
 

モロッコで仕入れたもの

 
RIMG5493.JPG 
 
かもめの街で
マラケシュの混沌としたスークで
 
RIMG5382.JPG 
 
路地を何度も曲がって たどり着いた
 
 
RIMG5346.JPG 
 
ジュラバを着たモロッコの女性たちが きらきらした視線を注ぐもの
 
RIMG5052.JPG 
トラディショナルで美しいものたち。 
 
 
 
 
 
 
 
18Kの透かし彫りのピアスたち。 仕入れてきました!!
 
RIMG5842.JPGのサムネール画像 
 
 
 
 
明日から、お店に並びます。
 
 
 
おおぶりだけれど 薄くて 軽くて
モロッコの ゴールド職人さんの 手仕事です。
RIMG5838.JPG 
 
ホワイトデーももうすぐ。
おねだり、しちゃったりして。
RIMG5867.JPG 
 
 
 
 
 
セルジュトラバル 表参道店では
お買い上げの方に 我らが cookie boyのクッキー もらえるらしいですよん。
美人店長HNメさんより。

serge__.jpg

 

 

 

RIMG5340.JPG

どすどす。

ヤギもおだてりゃ 

木に登るっ めぇ〜
RIMG5650.JPG

 
モロッコ旅行記その3です。

 
モロッコのヤギはオリーブの木に登って実を食べます。
めえめえ 言ってましたよ。盛り上がってた やぎ。

モロッコのオリーブの木は、すごく、たわわで太くて大きい。

おっと、Fじいちゃんブログにネタバレあり。
そう、木に登るヤギは「地球の歩き方」にも載ってるくらい名物だから、
近所のヤギ飼いが木に登らせたのね〜 きっと。



ハイウェイ脇は果てしなく続くオリーブ畑。
RIMG5638.JPG

羊飼いの女の子が 羊を追う 平和な様子。
RIMG5655.JPG
いちいち癒されます。


モロッコのオリーブからは、'アルガンオイル'という高級なオリーブオイルがとれます。
とってもさらさらしていて、料理にもお肌にも髪にもいいんです。

アルガンオイルの産地エッサウィラのロードサイドのファクトリー

RIMG5625.JPG


まずは 熱くて 甘い ミントティをどうぞ。
RIMG5632.JPG
 
カメラ目線 おっと ミントティがこぼれるから。

RIMG5629.JPG

壁際に並ぶ女性たちが 
オリーブを石で砕いて
RIMG5630.JPG

石臼で挽いて 
RIMG5627.JPG
とてもアナログな方法 けれど嘘のない確実な方法で
純度の高い アルガンオイルが できるんですね。

なんとなく、機械で瓶詰めまでされるよりも
おばさんに一つ一つ砕かれる方が、人間味あって 嬉しい気が、します。

ネイル用のアルガンオイル150DHで。約1500円。
買いました。

アルガン__.jpg

 

ハイウェイ進む カーブを曲がるごとに変わる景色。

RIMG5694.JPG

 
道路脇のランプ屋さん。
RIMG5659.JPG


くねくね山道 オートアトラス山越えをして カスパ街道をゆく
 
薔薇の街 赤土 不自然な岩山
RIMG5690.JPG
 

キューピーマヨネーズ風味
RIMG5706.JPG

5.6台はごぼう抜きする、ハミドの暴走プジョー
関西走り どころじゃないよ。
助手席で 私の右足はブレーキを踏む如く力みっぱなし。

BGMは イスラムの祈り 'コーラン' を爆音で

車を止めて お祈りするハミド 
RIMG5707.JPG
おっさん、絵になっとるやないか〜
 
こういうの見ると、人間も自然の一部なんだなぁって、思います。
 

 

フレンドリーなハミドのおっさんは、ホスピタリティの塊りみたいな人
 
『I want to make you happy. You need many experience!』


道行く村人に声をかけ、

 
ツチムラ 途中 ドンキーに乗る
 
RIMG5454.JPG
 

途中 ラクダに乗る 
RIMG5718.JPG
写真遠っ。
わたしおもちゃみたいだ。

 
この後 何を思ったのか、らくだが 猛ダッシュ!!
危うく らくらくだ(落ラクダ) するかと、死ぬかと思った。。。





世界遺産 アイットベンハドゥ ! これが見たかったの。
IMG_0280.JPGのサムネール画像
往年の夫婦。すてきですねぇ 二人旅。

アイットベンハドゥはモロッコを代表するカスパの一つ。
城砦です。
土地柄 すごく乾いた石造りで、
岩山と一体化したような質感。
映画 グラディエーター のロケ地にもなった場所です。
 
 
 
ドンキーに乗って小川を渡り、中へ入りますよ。
IMG_0289.JPG

アイトベンハッドゥの中には 今でもベルベル人の家族が住んでいます。
 
そこにいた少女。
IMG_0297.JPG

IMG_0312.JPGのサムネール画像
しゃれとる。
 

ハミドがアラビア語で話しかけてくれて、
彼女は照れながらも アイトベンハッドゥの頂上まで案内してくれました。
 
裕福な暮らしではないけれど、世界遺産が彼女の庭。
 
 
裕福って、なんだろう。
 

IMG_0305.JPGのサムネール画像

 

IMG_0302.JPG
ヘナ。
 
べるべるちゃら__.jpg 
がりがりがりくそん。 
 
 
 
長くなっちゃいましたが、
ただ遊びに行ったわけじゃないんですよ。
ちゃんと、 仕入れてきましたよ、素敵なもの。
 
それはまた、次回。
 

 
 
アイドベンハッドゥのお土産屋の 看板ねこちゃん 
うつらうつら 居眠り中。
IMG_0276.JPGのサムネール画像
 
 
 
旅はつづく。
 
IMG_0210.JPGのサムネール画像
 

けんとのくっきー

黒髪 いつも素敵なYMZさん。
雨の中 桐の花ひろさわさんに会いに来てくださいました。
 
 
ひろさわさんと YMZさんは、 以前から素敵なものつながりで顔見知りだったようで、
 
ひろさわさんに会いに来られる方は 皆さん素敵な大人の女性ばかりです。
お洒落のことも、ウィット!にとんだ会話も、食べ物のことも、よくご存知で
 
そんなYMZさんが お土産にくださったのが、
 
仙台 けんと のクッキー!
 
 
けんとクッキー__.jpg 
仙台のこぢんまりとしたお店らしいです。
 
素朴で、美味しかった~
 
 
60種類以上 すごーーーい種類の クッキーがあるらしく。
仙台に行ったときには、ぜひ行きたいですの。
けんと__.jpg 
 
 
RIMG4088.JPG
あんまり食べてばかりおると あなた
ブーデーに、なりますよ。
 
 
 

反物が、えらい人気です。

 

反物が、えらい人気です。

 
昨夜は久しぶりにFじいちゃんと、ナカメでご飯を食べつつ、
 
下ネタ爆笑しつつ、
浴衣を着ない女子Fじいちゃんも、ブログ見てくれて「あれ、きれいな~」とか、話が浮上したり。
 
やっぱり日本人なら響くんですね、根底にあるものに。
 
 
HZSMさま いや、HZSM姐さんと呼びたいっ
そんな女性に
「土村さん、あなたはぜったい、この蔓よっ」
 
と、決めていただきました。
 
 
 

さすが姐さん、 葡萄じゃなくて これを蔓(つる)と呼ぶところに、

粋を感じますね。
 
 
 
 
一年目KWNちゃんも、
二つで迷っています。
 
 
 
故郷のおかあたまに 見せたいということもあり、公共のブログでアップ。
のぞみの晴れ姿。
 
大柄の菊かな?
 
 
べんらが染めは選択肢にはなかったけど、
あわせると意外によいようで。
KWNちゃん 顔うつりもすごくよくなった 優しいお母さんの感じ、でてますね。
RIMG5807.JPG 
 
 
そして、幾何学的な麻の葉柄の蓮の葉柄。
白ベースで涼しげです。
HASU.JPG
 
 
あとはツチムラ気になるのは松葉と白い帯。
帯はもちろん 月影屋重田ねえさんの、スパンコールの帯。
RIMG5811.JPG 
 
昨年仕立てた小千谷縮、やっぱりすき。
懲りずにもう一枚という、手もあるか。ぶつぶつ。
RIMG5817.JPG 
 
 
反物をルーズにあわせていたら、
 
2010年の秋物のお洋服としてセレクトした カシミアのこのニットの雰囲気と重なった。
在英国モンゴル人のデザイナーによるブランド。
 

RIMG0065.JPG

とろーーんとした ハイクオリティのカシミアニットをシンプルに織り成す。

いいでしょ??すごく。
詳しくはまた、時が来たときにお知らせしますが。
 
モンゴルの至宝展、早く行かなきゃ。
 
 
カシミアの最高級の肌さわりは、
奈良の最高級おにゃんこ ふくちんのように
なめらかです。 ツチノコバディ。
DSC00687.JPG 
ね、CKRNKにゃん。
 
話はそれにそれまくりましたが、
反物会、10日までです~~

彷徨うわたし

 どうもです。
 
突然襲う睡魔と闘いながらも
すっかり全速力水金の、ツチムラですが、
 
先ほど、桐の花さんのお洋服たちが、お店に並びました。
すべて 浴衣だったものをリメイクしたものたち。
RIMG5789.JPG 
左 つばめのワンピース と  右 なでしことききょうのブラウス 
 
すてきやねぇぇ
 
 
明日3月5日~3月7日 14:00~19:00、
桐の花のひろさわ美樹さんが お店に来てくれます。
「あなたの着なくなった浴衣を、お洋服にリメイクします」
 
古い浴衣をお洋服にして、新しい浴衣を仕立てる。 
 
 
RIMG5796.JPG 
ひろさわさんが用意してくださった反物からも、
お仕立てはできます~
 
 
 
 
 
これら現物も購入可能です!(ただしお渡しは8日以降になります)
  
トンボのノースリーブブラウス
子どもの浴衣だったもの。
RIMG5790.JPG 
 
 
あざみ柄のブラウス
白いレースのテープをあわせています。
 RIMG5797.JPG
 
布地に合わせてどんなテープやレースをあわせるかは、
ひろさわ美樹さんが考えてくれます。
 
 
 
 
よろけ縞にやぶれ麻の葉のワンピース
胸下の切り替えがドレスな雰囲気です。
  RIMG5798.JPG 
 
 
胸と袖のみに浴衣地を使った チュニック。
RIMG5791.JPG 
うーん、愛する大地 モロッコ風~
 
 
 
 
モロッコの衣装といえば、
モスリムルック 
RIMG5696.JPG 
 
相棒ハミドはちょいわるシャレオツおやじですが、
毎週金曜日は必ず真っ白なジュラバですごすのだそうです。
 
 
白いチュニックをなびかせて、アトラスの山道を暴走していましたが。
 
RIMG5620.JPG 
 
 
コスプレショー
ベルベル人ルック 
  RIMG5698.JPG 
 
あ、
 
 
っちゅうまに、店の人に着付けられました。
大きなネックレスはアンバー。こすると甘い香り。
 
 
 
 
王様ルック
RIMG4994.JPG 
乗せられました。
 
 
 
これが庶民の ジュラバルック。
RIMG5330.JPG 
自転車ねずみ男です。
 
 
 
 
心はモロッコ
体は水金 
彷徨うわたし。
 
 
旅猫 シリーズ  エッサウィラの自転車猫。
RIMG5513.JPG 
 
 
 
 

浴衣の反物オーダー会

これまでで一番品揃え豊富です。
 
RIMG5769.JPG 
 
 
 
70反の竺仙反物コレクションの中からお好きなものをお選び下さい。
 
採寸し、寸法に合った浴衣をお仕立て致します。
 
 
3月3日~10日まで。
 
 
 
 
奥州小紋はもってないからにゃぁ ぶつぶつ。

RIMG5772.JPG

この 萩か

 
 
藤、藤あやこ、ほしいなぁ
RIMG5777.JPG 
 
あ!鼻と上唇の間が短いんだった ワタシ!! 鼻と口がくっつきそう!!
この写真見て 思い出した。
 
物心ついた頃 この、鼻と上唇のあまりの短さに、ちょっと悩んだ 私。
 
「だっら、おまえ、笑うと鼻と唇の間無くなれんてぇ(金沢弁で)」
って兄におちょくられた。よく。
 
 
 
あと 兄には
 「おまえの頭、アラレちゃんに出てくる ドドンガドンみたいねんてぇ」 ともいわれましたね。
 
こうで、
dodon1.jpg
 
 
こうですよ。 ドドンガドン。
dodon3.jpg 
 
 
 
兄によると私の後頭部からはミサイルが出るらしいです。
 どーーん。 かっくい~
 
 
 
加えて3月5日~7日 14:00~19:00
古い浴衣を洋服にリメイクする セミオーダー会をいたします。
 
和のテイストを普段の生活の中に生かす、「桐の花」のひろさわ美樹さんが
着なくなった浴衣を スカートやブラウス、ワンピースにリメイクしてくれます。
 
はこひだスカート切り抜き.jpg 
 
ひろさわさんは本も出版されています。
RIMG5788.JPG 
  
あ、これ、ゆかた地?っていうほど ほんとうに
さらりとリメイク。
 
お持込頂いた着なくなった浴衣で、お仕立てしますよん。
 
 
 
 
一瞬芸。
家政婦は みた!
 
 
 
_kaseihu_.jpg 大体のことは、お見通しですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 

竺仙のゆかたは なぜいいのか?

話は変わって
 
モロッコ猫から
 

RIMG5572.JPG

 

日本の猫へ。

 
chara5__.jpg 
 
太。
 
ムード一新
 
 
 
明日3月3日~3月10日の7日間、水金にて
 
老舗 日本橋竺仙さんの浴衣反物オーダー会を行います。
 
RIMG5755.JPG
 
浴衣ツウ!の方は誰もが知っている、あの竺仙の浴衣。
当初 40~50本の反物をご用意、としておりましたが、
 
竺仙さんのご厚意により、
 
なんとなんと 70本も!!! 反物がご用意できました!
 
 
どこ探しても、この量の反物を見られるところは、ないです~ 興奮です。
 
 
しかしそもそも なんでそんなに 皆が口を揃えて 竺仙がいいと、いうのか、
 
 
 
まず 上品。
 
正統派。
  
そして ずっと変わらない職人さんによる染めの技。
 
 
竺仙のゆかたといえば、
まず、間違いない、といえるくらい、 信頼のある 浴衣です。
 
 
今回セレクトした中で 私の独断と偏見で選んだ 逸品!を
反物の種類ごとにご説明いたします。
 
 
 
 
 
ちょっと個性を求めるあなたに、
毎年人気の 奥州小紋の浴衣。
 
浴衣というより夏きものの印象がつよい、高級感ある浴衣 素材は綿100%。
 つむぎ糸で織った 地の色は生成りがかっています。
 
RIMG5753.JPG 
今回のご案内状にも用いた、この葡萄の柄が、ツチムラ 一番のお気に入り。
葡萄の果実だけでなく、その虫食いの葉 蔓(つる)の巻いた線が、なんとも、いい。
 
 RIMG5754.JPG
 甘すぎない 松葉の柄。
 
 
 
RIMG5756.JPG 
珍しい トロピカルな 向日葵の浴衣。
モチーフが若々しい柄でも 必ず上品だから、竺仙さんの浴衣はすごい。
 
RIMG5748.JPG

秋草の柄。

夏に秋の植物の柄を取り入れることで、涼を誘う、日本の素敵な計らい。

 
 
 
珍しいピンクの浴衣は
べんがら染め。
 
神社の赤い鳥居などを塗る、まさにあの塗料を使って
浴衣を染めたもの。
 
  
 
RIMG5763.JPG 
花輪。 
 
 
こちらは、松煙染めの浴衣。
 
生成りの強い つむぎ糸で織り込んだ反物に、
松の楡を燻したもので 柔らかいグレーの柄を染めたもの。

RIMG5767.JPG

細かいヨコシマと、流れるように藤の花が縦ラインを作る最高の逸品。

 
これは、何歳になっても、ずっと着ていられる 
真っ白な帯で、洗練させても素敵。
 
 
 
紅梅小紋の反物。
格子状に織り込まれた反物は布地の表面に凹凸があるので
べたっと肌にくっつかず、肌なじみをさらりと涼しく感じさせます。
 
RIMG5752.JPG  
一番気に入ったのは、菖蒲格子の紅梅小紋。
 
 
RIMG5750.JPG 
白地のすっきりとした大きな蓮の葉の紅梅小紋。
 
 
RIMG5749.JPG 
ファンの多い、千鳥。
着ると不思議と子どもっぽくはならないから、竺仙さんの千鳥は、不思議。
 
 
 
一番高級な、 絹紅梅小紋。
素材が、絹。
反物の地が やはり、格子上に細かくでこぼこと織り込まれていて、
下に白い襦袢を着て 透けて見せるのが涼しげな、憧れの浴衣。
 RIMG5758.JPG
水玉の絹紅梅は、一番人気なんだそうです。
 
 
 
 
日本人なら必ず ぴんとくるものがあるはず。
自分の上品な側面にフィットしてくるのが 竺仙の浴衣。
 
 
 
月影ねえさんの帯も、並びますよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

モロッコより帰国なう。

モロッコに、 家族ができました。

バディアとその家族。

IMG_0349.JPG

マラケシュの郊外に住む バディア家族。

出会いの始まりは 
海とカモメと音楽の街 エッサウィラ。


RIMG5416.JPG
 
プロフェッショナルドライバー
レイチャールズ似の ハミドのおっさんとの出会い。
RIMG5469.JPG

ハミドのプジョーでオートアトラスの岩山を爆走する旅に出た訳ですが、
その話はまた今度。

RIMG5643.JPG

 

IMG_0319.JPGのサムネール画像



ハミドのおっさんの いとこが このバディアさんという 朗らかなおばさん。
IMG_0344.JPGのサムネール画像

一緒に モスクを巡礼して回ったり
RIMG5680.JPG
街はスリもいて危ないから、私はあなたのシスターだからって、
私と腕を組んで歩いてくれた、3児の母。

ものすごい 包容力のある、ナイスバディ バディアおばさんです。


ツチムラモロッコ最終日がちょうど、王様 モハメド6世の誕生日で
モロッコ全土 お祭り騒ぎの日
 
 
バディアおばさんの自宅のパーティに招かれました。
 
IMG_0335.JPGのサムネール画像
 
すごい。
まじですごい。

男性6.7人の楽団が様々な打楽器で演奏して歌い、
サンダルウッドの香木を焚き
聖水がまかれ、
 
IMG_0336.JPG
 

 
神に捧げる 羊がその場でさばかれ!
(ちなみに一番上の写真の家族に混ざった宙づりお肉が、それです)
 
 
 
モロッコ人はイスラム教徒ゆえ、お酒はいっさい飲まないし、煙草も吸わない。のに、
しらふの状態で、歌い、髪を振り乱して踊り 完全にトランス状態に。

IMG_0339.JPGIMG_0340.JPG


「ハミド ハミド ハミド」 とハミド歓迎の大合唱!
ついでに「マサミ マサミ」 アラビア語に混ざって何やら大合唱。

ハミドと わたしの 家族と彼氏とみんなに、災いがおこりませんように。と。
↓見れる方は動画で、ぜひ。

踊り狂ったバディアおばさんは 演奏の終わりとともにその場に即倒し、嗚咽。
ワタクシ,あまりの光景に、唖然。




私たちの慣れ親しんだ、東京のしゃれおつなクラブ、レイブの音楽シーンとの
圧倒的な違い。

彼らにとって音楽は 神と、家族と、動物と、祈りが激しく交錯するもの。
 
度肝を抜かれた。



今度 東京のイベントで バディアみたいな踊りしたら、みんな引くだろうな。
ね、Fじいちゃん 引かないでね。
 
 

家族って、いいね。
RIMG5383.JPG
エッサウィラ港町の猫のかたまり。




PROFILE

【写真:Masami】
Masami Tsuchimura

2001年金沢から上京。水金地火木土天冥海バイヤーとして日々日本を考えることを通して、黒猫やインドやおばあちゃんに自分と日本のルーツを見る。毎日のビアーと帰り道の猫発見に命を賭ける、旅好きテクノ好きの猫狂い。現在、新しい時代の日本企画に向かって邁進中!

Categories