BLOG

招き猫

 

RIMG0487.JPG

 

相変わらず水金に鎮座する鋳物の招き猫。

 
 
そしてこちらが金沢の招きチャラ。
 

RIMG0436.JPG

文句ありげな。

 
ぺろん。
RIMG0427.JPG 
 
まだまだ 肌寒い日が続きます。
 
 
春物のワンピースや薄めのスプリングコートを着て出掛けたいけれど
ちょっと寒いなぁ という今にちょうどいい
 
RIMG0493.JPG 
anascott**の岩切菜穂子さんが春の編ストールを届けてくれました。
 
コットンの糸と、着物を裂いたものを編み合わせて 色とりどりです。
 
 
RIMG0491.JPG RIMG0492.JPG 

どうだー  これでもかーー

 

IMGP9269.JPG

ていうほどの、 ハーキマー水晶の新作。

mykonos工房のダイヤモンド展に合わせて お店に届きました。
 
 
mykonosさんが Parisでの展示会のために製作したモデルが あまりに贅沢で美しかったので、
水金用にオーダーしましたものです。。
 
 
 

 

ハーキマーのバングル。

 IMGP9271.JPG
 
 

IMGP9272.JPG

手首にぐるりと 明らかなオーバーサイズ具合が、またよし。

お母さんやお祖母ちゃんの ちょっと借りちゃった ような感覚。
 
ちなみに上着の袖が異様にかわいいのは、REKISAMIの麻ジャケット。
右左で違う袖口のビーズワーク。
 
もう、この部分フェチ!部分自己満!
 
 
 
ハーキマーのネックレス まるで結晶そのものを再現したような石留めの連続。
今回の一番の大物。
IMGP9270.JPG 
 
 
REKISAMIさんのコーディネートにぴったりんこ。
木蓮と咲き乱れ。
 
IMGP9281.JPG 
IMGP9259.JPG 
 
 
逆にいつもより小ぶりのハーキマーを連ねた3連リング。
おさまりがよくって、お手持ちのリングと重ねてもすてきかと。
IMGP9273.JPG 
 
 
お客様に熱くご紹介する自分のトークに自分で酔って
本当にほしい これがほしい。
 
IMGP9278.JPG 
 
 
 
 
昨日は 
なんだか こぎれいになり 
若者客が妙に増えちゃった 渋谷吾照里でプルコギ包みつつ、
急な流れで 下北QUEの ライブへ。
アイルランド音楽のお祭り Mt.Paiot's は 金沢は兼中ミュージシャン含む 金沢バンド。
22-03-09_0155 (2).jpg 
モッシュをよけつつ、 
郷愁にふけるミッドナイトでした。
 
 
22-03-09_1333 (2).jpg今日のおにゃんこは青参道にゃんこ 白黒鼻ピンク
猫なで声で 和食やさんのご飯を おねだり上手。
 
 
 

明日からスタート

IMGP9249.JPG

REKISAMI展 mykonos工房展スタート!です。

 
先ほどまで REKISAMIデザイナー 幾左田さんとディスプレーを.して
明日皆様を迎える準備ができました。
 
素敵な上に  かなりの商品量!
とにかく、見にいらしてください。
調子のいい春物が必ず見つかるはずです。
 
 
 
明日14時よりデザイナーの幾左田さんがお店に来てくれます。
素敵な方です。本当に純粋で、かっこいい方です。
私たちでは言い伝えられない洋服作りのエピソードと、
作品への愛情について話してくれると思います。
 
 
 
合わせて mykonos工房のダイヤモンド展も。
 
 

IMGP9252.JPG

今回はマリッジリングとしても

お洒落ダイヤモンドとしても、選んでいただけそうなバリエーションです。
 
 
連なったグリーンのダイヤモンドのリング。
 
 
IMGP9253.JPG 
 
天然石のシリーズ豊富に並んでおります。
 
 
 
 
 

IMGP9241.JPG

昨晩は久しぶりのTONE NIGHT ということで

UNIT にてイベント。
TONEとは 本当にいいミュージシャンだけが集まっている 音楽事務所?になるのかな?
 
私の青春を駆け抜けた port of notes  
濃紺半袖シャツにネクタイ ピシッと横分けのLITTLE CREATURESのライブに。
 
大人のアレンジ違いで楽しまされ。
 
久しぶりに会う面子にテンションも上がり。
 
Hands of creation の2人の果てしない手数の多さに、惚れ惚れ。ファンになりました。
 
 
 

21-02-09_1209.jpg

クリストフコパンスのお店先にて。

ねずみに気づかない青山のお猫さん。
 
だって ねずみはおもちゃじゃん。 におわねーし。
 
 
 

これは間違いなく 社内的にも火がつきつつある

RIMG0226.JPG

告知!

 
3月20日より REKISAMI展とmykonos工房のダイヤモンド展が 始まります。
 
 
 
REKISAMI展  3月20日~4月19日
 
REKISAMIは 水金で実にひっそり取り扱いしてるブランドにも関わらず、、、
HPF社内でも密かにファンが多く、
 
 
RIMG0079omote.JPG 
concentoのあの美人さんや
goldieのあのかわいこちゃんたちや
南米リーダーのあの才女も
RIMG0080.JPG 
密かに愛着。
 
 
なぜなら、 かわいいのに 甘すぎないから。
かっこいいのに 手が込んでいるから。
 
 
RIMG0119.JPG 
 
土耳古 トルコ
西洋と東洋が混ざった異国
その土地の女性が身につけるもの。
女性らしさがある中にも 甘すぎない 雰囲気を 
細かなビーズワークやレース使いで出しています。
 
 
RIMG0074.JPG 
 
 
いつも私たちのルーツは西へ、向かう。
 
 
 
 
mykonos工房のダイヤモンド展 3月20日~29日
 
IMGP9213.JPG
味わいあるターコイズとジルコニアと 漆黒のサファイヤ REKISAMIとすごく相性がよさそう。

 

 

未公開 mykonos工房のダイヤモンド展と名うって 

マリッジラインをお披露目!
 
ハンドメイド感満載の18Kの一点もの指輪
ブラウンやグリーンや黒い結晶の混ざった珍しいダイヤモンドの指輪。
 
これはまだシークレット 画像公開はありませんが、
今後 マリッジを控えた 女子や男子に 見ていただきたい。
 
 
 
 
 
 
合わせて 
これも ボリュームを増した mykonos工房 の新作も登場します。
 
IMGP9208.JPG 
 
IMGP9217.JPG 
サファイヤの原石とハーキマー水晶 
サファイヤの原石だなんて、奥さま こんなのみたことあるー?(猫村さん風に)
 

IMGP9211.JPG

小さなオパールとあめみたいなフローライト 

 

IMGP9222.JPG

 オレンジのクオーツと ちっさなオッパールとブラウンダイヤモンッ

 

ああ一個ほしい。

もうどれでもいい。。

 
 
16-03-09_1235.jpg3月11日は うちの父と母の結婚記念日であり、
DECOのお花屋さんFジイちゃんに頼んで 猫のチャラのお花アレンジ 作ってもらいました。
かなり太っちょの。かわいいーんです。もふもふ。
 
 

全国の猫ファンのみなさま

日本には 昔から猫を愛する職人がいたんですね。
 
ユーモラスな水金骨董より お猫さまシリーズ いくつか紹介。
 
IMGP9223.JPG 
「まよけ」の猫鈴。
ひらがななところが すてき。
ぶーたれたお猫さんが彫りこまれています。りんりん。
 
 
 
お寺の鈴 見事な彫り細工
IMGP9236.JPG 
 
 
前も紹介した 猫背の鋳物の招き猫
IMGP9226.JPG 
 
 
お寺の鈴と 鋳物の招き猫を足すと
IMGP9234.JPG 
でか鈴ねこ。
 
 
お客さん来い来い。
IMGP9238.JPG  
けなげっす。
 
 
 
一転して 神がかった素敵な猫さま。
 

IMGP9230.JPG

九谷焼の絵付け前の猫で、すらっとしてて

狐みたいな 一対の猫。
静かです。
 
どれもお宝ばかり。
 
 
 IMGP9232.JPG
日本の古いものはユーモラスです。
鬼外福内お猪口。
 
 

huku.JPG

福がエロ目で宴会で盛り上がること間違いなし。

飲みすぎ注意。
あんまりハメを外すと
 
 
06-03-09_1231.jpg 
こんなになっちゃいます。
ユーモラスなTジさんちの ファンキーおねこ あおとぴんく。
 
 

KLASICA展 はじまっています。

 

IMGP9170.JPG

大人は水玉に手を出していいのか?

ぜひ。ぜひ水玉着てみよう。
 
 
KLASICAの新作がずらりと並んだ KLASICA展。
IMGP9176.JPG 
モロッコを旅した KLASICA デザイナー河村夫妻のもって帰ってきたインスピレーションで
今年のコレクションは 色のない民族衣装にも見えるし、
 
IMGP9160.JPG 
ものをつくる国の人たちの 日常着にも見える。
 
 
麻の少しくたびれた 質素な素材感の中に
少しのフォーマル
 KLASICAならではの、さりげない お洒落です
  
水玉は 麻の織り模様で
 
IMGP9172.JPG
 
 
インディゴと墨が混ざったような染料で 後染めした
水金別注 古染水玉シリーズも 素敵。
IMGP9157.JPG 
 
一見 黒無地に見えて、 角度によって水玉が浮き出しますんで。
 
とくに 「モロッコパンツ」はたっっっっぷりとしたサルエルパンツのシルエットで。
見てください はいたときのこのボリューム。 
IMGP9184.JPG 
 
 

IMGP9190.JPG

早くももう残りわずかです。

 
 
無地麻の黒は麻布地に高圧のプレスをかけていて
表面にテカリ感を出していて、またドレッシー。
 IMGP9165.JPG
KLASICA展は3月19日まで。
 
 
 
neko.JPGチャラちゃんの小話。
 
金沢のうちの実家で暮らすチャラちゃん
 
チャラちゃんを残し 家族全員で東京に遊びに来るってっことで
金沢のペットホテルに預けられたチャラちゃん。
 
3日後 金沢に帰ってきた母が
チャラちゃんを心配して急いでペットホテルに迎えに行きました。
 
ペットホテルでは
檻や籠の中で いろんなペットたちがご主人の帰りを待っていて
それぞれの檻には 中にいる犬種や名前が書かれています。
 
「ゴールデンレトリバー」
「すみれちゃん」
「ジョン」 
「テツ」
「アメリカンショートヘアー」
などなど
 
そして チャラちゃんの檻には
「ねこ」
 
と。
 
「ねこ」
 
だと。こら。
 
間違いはないですけど。
 
負けるな 田舎のねこ!チャラちゃ~ん!
PROFILE

【写真:Masami】
Masami Tsuchimura

2001年金沢から上京。水金地火木土天冥海バイヤーとして日々日本を考えることを通して、黒猫やインドやおばあちゃんに自分と日本のルーツを見る。毎日のビアーと帰り道の猫発見に命を賭ける、旅好きテクノ好きの猫狂い。現在、新しい時代の日本企画に向かって邁進中!

Categories