BLOG

折り紙

RIMG2978.JPG

 

いただきました 星3つ☆☆☆!

 
 
 
i ro se さんから届いた 折紙の如きバッグたち。
 
幾重にも畳み込まれたレザーの折りめと 様々に形が変わる機能美。
今年の色、コーラルピンクがお気に入りです。
 
RIMG2970.JPG RIMG2968.JPG 
 
 
と、
 
i ro se さんから頂いた 銀座「たちばな」さんのかりんとう。
ほんのりした甘さと コーラルピンクのかんかんが、 もう ツボ。
 
 
RIMG3001.JPG 
 
 
水金のこの秋は 折り紙づくし。
 
 
TRIPLE Vの折り紙パターンのジャンプスーツ わたくし一着頂きました。
左胸の折り紙パターンだけで、いいじゃないですか。
もう 他にはなにもいらない。
 
 
RIMG2992.JPG ⑤ジャンプ からし.JPG   
  
 
 
 
 
ああ、充実充実。 
我ながら 水金ただいま充実。
 
 
 
RIMG2793.JPG チャラちゃんのお鼻は 怒るともっとピンクになります。

お盆

RIMG2736.JPG

金沢に帰っていました。

 
お墓参り 稲穂 チャラちゃん激写60枚 親戚 甥2歳 お寿司 ビール
旧友 こうめちゃん とり野菜 真夜中の豪雨 卯辰山 21世紀美術館 
ロンミュエックとフードクリエイション またお寿司  
そしてカンバック日比谷野音でLITTLE TEMPO 
 
 
 
といった感じでした。
 
 
 
 
この季節一番心に響くのは 一面稲穂のふさふさ絨毯。
 
美術館の中で友人の結婚パーティが行われたりして、すごく贅沢です。
美味しい、広い、優しい。
地元の人たちの暮らしは豊かだと、つくづく思わされる。
 
 
 
 
 
さて、
お店に戻り、
古家具たちを並べてお店を秋用に模様替え。
RIMG2852.JPG 
 
水金少しずつマイナーチェンジしています。
秋初めの装いも充実してきました。
色とりどりの羽織たち。
 
 
 
①キュプラ オリーブ.JPG 
今年お勧めしたいのは、こがね色のようなからし色のようなキュプラコート。
水金がヒッピネスに特別にオーダーした新色です。
あの稲穂も、秋にはこんな こがね色に。
他 7色も!あり。
近々HPにてアップ予定です。
 
 
 
RIMG2784.JPG 
小梅ちゃんは 金沢の銀細工の作家竹俣氏の愛娘。
 
 
 
 
RIMG2771.JPG 60枚もとればいいショットの1つや2つあるのだ。
 

お花の市場

RIMG2616.JPG

 

実家で太いウサギを飼っていて 

帰郷するとそのうさぎをこねくり回す女子 F井ちゃんはH.P.DECOのお花やさん。

彼女のお花の仕入れに連れて行ってもらいました。

 
 
DECOはスペシャリストの集まり。
同じお店で働いている面々には それぞれの守備範囲があって、
 
分けあわない手は無い!
今水金にある明るいテラス、ゆくゆくは 水金らしい植物を並べるべし!と偵察。
 
 
東京の住宅街の真ん中に突如現れたでっかいビニルハウス。
 
東京この夏一番!の暑さ、
下から突き上げるような不気味な地震が起こっていた!ことにも全く気づかずに
 
 
RIMG2599.JPG 
 
緑の中のピンクの点、先を行く F井ちゃん。
黙々と にょっきにょき生える植物たちを物色。
炎天下ゆえにか 正直あんまり素敵に見えないのに、
この中から毎週個性的な植物を選ぶあなたはすごいバイヤーだ。

 

 

 

 

水金用には、こんなひとを一つだけ選びました。

ハゴロモジャスミン 5号。

RIMG2715.JPG

 

 
こんなシュールな新作も発見。
RIMG2614.JPG 
 
 
 
ピンクのF井ちゃんに触発されて。
金の新作ピンク。TRIPLE Vの折り紙ワンピース。さり気に宣伝。
 
RIMG2660.JPG 
 
 
hanachara.jpg
しろつめくさチャラちゃん。まんざらでもない様子。

蓮響 右前.JPG

なにごともやりすぎはよくなくて、

 
昔は
柄 on 柄! タイダイ on 花柄! のヒッピースタイルの時代もありましたっけ。
 
田舎より都会が好きで、
金沢なんかぜっんぜん だし、私京都で買い物するし! 原宿命だし!みたいな がっぱな時代もありましたっけ。(※がっぱ、は金沢弁で、「必死」の意味)
 
でも今は、 表参道や 中目黒と同じくらい、
電車からみる 田園とトラクターとヘルメットチャリ通生徒の余白あふれる風景に、ぐっときて、泣きそうになるお年頃です。
 
 
さて、浴衣も、
とにかく目立て!とか、ほかのと違う!とか、浴衣なのに全身黒でキメテてやるのだ!って時代もありました。
ついこの前まで、私。
 
けれど ツチムラの最近の好みは
白地や 藍か、そこに余白を味わう ささやかな風景としての柄。
 
それを極めて実感させる 今年の夏最後の浴衣が届きました。
 
すごいなぁ、やっぱり 深堀さん。
 
星響 右後.JPG 
「星響」流れ星の如き 白金魚。
 
 
 
 

蓮香・後ろ.JPG

男もの 蓮香

 

 

RIMG2376.JPG

ライブペイント中の氏を激写。男前。

 

 

RIMG1824.JPG

うちのチャラちゃん大人のセクシーポーズ。はい全然関係なし。

夏のかわいこにゃんたちの記憶

RIMG2549.JPG

 茄子 みかん さんご

新しく古物かんざしが仲間入り。

なんて愛くるしい昭和の細工。
 
 
 
RIMG2539.JPG 
電光石火
WOMBテクノ
夏はやっぱり閃光で刺激的に。
 
 
 
 
  
IMGP2238.JPG 
ゆらゆら帰り道
見つけた上目黒の囚われの王子。
あいつは何処に行ったのか?
闇夜でみるとふっさふさの王子。
数日後昼間お日様の下で見かけたら、めちゃもっさもさで、
すす汚れてた。
あの夜 誇り高くすり寄ってきた 私の王子!
 
 
 
 
猫の、実に精巧な猫の、かんざしなど作っている方大募集です。
 
 
26-07-08_1809.jpg今日はちょっと意味わからないブログで、どもすいません。
夏気分とかんざしを、みんなに見せたかったんです。
 
 
PROFILE

【写真:Masami】
Masami Tsuchimura

2001年金沢から上京。水金地火木土天冥海バイヤーとして日々日本を考えることを通して、黒猫やインドやおばあちゃんに自分と日本のルーツを見る。毎日のビアーと帰り道の猫発見に命を賭ける、旅好きテクノ好きの猫狂い。現在、新しい時代の日本企画に向かって邁進中!

Categories