NEWS

NEWS / Sep.

ENJOY『HONU』-『HONU』を楽しむ-
2018年9月5日(水)~

HONU1894.jpg上記日程より、全国のアッシュ・ペー・フランス系列店にて、JAMIN PUECHのロングセラー、人気定番モデルのトートバッグ『HONU(オヌ)』のカスタマイズイベントを開催いたします。自分好みに色を組み合わせて『HONU』で遊びましょう!

JAMIN PUECH(ジャマン・ピュエッシュ)
1991年パリのバッグブランドとして設立。毎シーズン60~70型ものオリジナリティー溢れるコレクションを発表している。数千を超えるスパンコールやビーズ、半貴石などを用い、布地とパーツの複雑なカラーコンビネーション、職人技による刺繍の繊細な仕上がりは他に類を見ない魅力を放つ。

【HONUカスタマイズイベント開催日程】
9月5日(水)~10月31日(水) JAMIN PUECH 表参道店 
9月5日(水)~9月9日(日) goldie H.P.FRANCE 梅田店 
9月12日(水)~9月17日(月) goldie H.P.FRANCE 新宿店
9月20日(木)~9月24日(月) Theatre H.P.FRANCE 銀座店 
9月26日(水)~9月30日(日) H.P.FRANCE Boutique 銀座店 
10月3日(水)~10月8日(月) goldie H.P.FRANCE 名古屋店 
10月17日(水)~10月23日(火) goldie H.P.FRANCE 博多店 
10月26日(金)~10月31日(水) H.P.FRANCE Boutique 西宮店 


JAMIN PUECHが認知されたきっかけは、デビューから数シーズン後にファッション誌に掲載されたパッチワークのバッグでした。当時はとてもシンプルなデザインでしたが、そこから数シーズンかけて現在のモデルに進化しました。通常は裏面に隠すステッチの面をあえて表に出すことで、このバッグにインパクトのあるデザインポイントを与えています。そしてこの作りだからこそ、ごまかしは通用しません。

HONU制作 (1).jpg

『HONU』は熟練の職人により、5cm角のレザー片、144枚を底面まで手仕事で丁寧に縫い合わされていきます。4片が重なる部分をどう処理するかで、バッグの表情は全く変わってしまう。計算しつくされたデザインに従って、それぞれ異なった処理がなされます。多くの時間と工程を経て1つのバッグが完成します。


マチをたっぷりと取ったサイズ感は、雑誌や書類も余裕をもって収まり、オンでもオフでも活躍。ハンドルにはボーンを釣り針のように加工したパーツを用い、軽量感を出しています。

HONUcollection94 (1).jpg

(写真左)
左: ¥105,000+Tax W30xH30xD20 
中・右: ¥65,000+Tax W20xH20xD10

(写真右)
左: ¥65,000+Tax W20xH20xD10 
右: ¥105,000+Tax W30xH30xD20



『HONU』とはハワイ語でウミガメを意味し、現地の人たちにとっては神聖なもの。現在でも、ウミガメは幸福や繁栄の象徴として大切にされています。

Back

SHOP INFO: