BLOG

「rooms×弊社社長」


先日弊社社長と6時間ミーティングってのをしました。

次のroomsには、弊社社長の考えがかなり入って来ます。

今までは、私の考えいっぽんでやってきましたが、代々木競技場でroomsは第一章を終えたと思っているので、次なるroomsは社長と考えよう!と思っていました。

開催2か月前なので進行は大変ですが、さすが社長、すごく面白い提案が出てきます。

まずは、H.P.Franceの路面店が集まる、通称「青参道」がそのまま地場産を集めたエリアMadein・(メードインドット)に出展します。

*青参道とは?社長が考えた名称で、青山通りと表参道に抜ける道に弊社路面店を集め、勝手に命名したものです。

何故メードインドットに出すのか?

青参道は元々、ストリートを使って、その地域をクリエイティブに発展させたいと社長が考えたものです。地域活性と言うんですかね。

地味ながら、弊社のこのような取り組みはいくつかあります。

NYのミートパッキングエリアにセレクトショップを作り、その周りにどんどんファッションのお店が出来、おしゃれな人が増えたり。

勝手にやっているので街から評価はされませんが、地域の方には感謝されています。

町づくりを勝手にやっている、そんな思想を私は尊敬しています。


roomsの基本コンセプトは、H.P.Franceと同じわけなのですが、言葉で共有語みたいなも
のを使ったことがありませんでした。

そこで社長が出した、うちってどんな会社?の言葉が・・・。

「まーるい地球の暮らし方」でした。

なるほど!いつもこれからの生き方、今の生き方の提案をしてきた弊社、はまる言葉です。

日本人の食卓を豊かにと、20年弱前からアスティエ・ド・ヴィラットの販売をスタートさせ、定着に15年ほどかかりましたが、今ではアスティエ・ド・ヴィラットの食器をいろいろな方が愛用してくださっています。

社長の持ってくるものは、いつでも最初は「なんだこれ?」と思うのですが、辛抱強くその商品を扱い続けると、なるほど、と思うのです。

食器ひとつで自分の暮らしが楽しくなる、そんな「気持ち」を提案しているのです。

・・・・かなり、じぶんち自慢のようになってしまいましたが、改めて弊社は面白いと社長6時間ミーティングで感じました。


まだまだ社長アイディアはあるのですが、それはまた。

次のroomsは、あまり姿を見かけない弊社社長の感性が感じられるのでは?と思います。

n-20171224_2.jpg
アスティエ・ド・ヴィラット


【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg


「鈴の誕生日」


12月24日で2歳になりました。

鈴おめでとう!と連絡くれたのは、ONEO社長松井君と、鈴の乳母、弊社社員中川さん。

そして乳母の中川さんは、鈴の大好きなカツオ一本を持って来てくれました。

誕生日 鈴.jpg
中川さんと、でっぷり鈴

二重あごになり、ますます巨体になる鈴。

誕生日ちょっと前には、鈴の頭に2個穴が開いており血も滲んでおり、きゃ~~と驚愕し病院へ。

診断は「にきび」です、原因「食べ過ぎかなぁ」。

え?

そんな、結果面白いなと笑わせる鈴。長生きしてね。


【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg

「出展者続々」


続々と新しい才能が集まってきています。

rooms TRADESHOW出展決定!

ACC01.jpg

Masaki Shimizu

【プロフィール】

多摩美術大学工芸科金属専攻卒。

2014JJA日本ジュエリーデザインアワードにて東京都知事賞受賞、

同年、山縣良和が代表を務めるここの学校に入学、2016年ITSにて、ジュエリー部門のファイナリストに選出。

金属だけでなくうずらの卵をはじめとした素材に捉われない新しい表現を試みている。

他ブランドのショーピースでのコラボレーションやアイテム製作、イベントを中心に活動の幅を広げている。


CHARA CHARAエリア出展決定!

IKEBANA01.jpg

仙石 達也

【プロフィール】

愛知県生まれ。武蔵野美術大学造形学部にて、空間デザインを学ぶ。卒業後草月流に入門。

現在「OHaNa仙石本家」としてフリーで活動中。

アレンジメントギフト、店舗などのいけ込みの他、カフェやギャラリーなどで暦、季節に合わせたワークショップを随時開催。

男子のための生け花稽古「いけばな男子部」主宰。

「花を紡ぎマチを編む」花を通して人とマチをつなぐ地域の場作りにも従事。


rooms MARKET出展決定!

SUNA01.jpg

kisato

【プロフィール】

1983年、東京都出身。2012年5月からサンドアートを始める。

砂で描かれる絵や物語の諸行無常の儚さや一瞬の感動の尊さに心揺さ振られ、

砂表現の美しさや楽しさを日本国内に広めていきたいと一念発起。

会社員を辞め、2013年3月より自宅のアトリエでサンドアート教室を開講、フリーのサンドアートパフォーマーとして活動開始。

講師業の他、結婚式やイベントでのパフォーマンス、映像向けの砂描画制作等を行っている。


宇宙ガラスのplus alphaさんからご紹介いただいたkisatoさん。

クリエーターの周りにはクリエーターが集まる。


【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg

「女子会」


先週2本の女子会が。

一本は、リミフゥの山本りみとプレスの守部との会。

年末に何故か毎回呼び出すりみ。

いつもは大体がりみが遅刻、私と守部はきっちりなのですが、今回はわたしが予定をすっかり忘れてました。

みかさんが遅刻?と思った守部から電話があり、30分遅れで合流。

りみいわく、みかさんで年を締めたいとのこと。そうなのか。

女子感が薄い3人の女子会は、やはり女子感が薄かった。

ちょっとずつ食べよ、とか、みんなで何頼む?とか、皆無。

好きなものを好きなだけ頼み、すごいスピードで食う女子会って。

でも、りみと守部といると、大笑いしまくるから、確かに良い年の締めだな。

そんな女子会でした。

むろん、女子感の薄い3人は写真を撮ることはなく、終了。


もう一本の女子会は女子力満載のシトウレイちゃんと。

レイちゃんも何故か年末にわたしを呼び出す。

レイちゃんは、おしゃれなお店を予約してくれて、とっても女子力の高いプレゼントまで用意してくれていた。

何頼もうか~とか、かわいいやり取りあるし、クリスマスファッションだし、女子ってこれだよね・・と女子を堪能、

っていうかわたしは彼氏気分。

もちのろん、写真もある。


どちらも個性は違うが、どちらもとても楽しい。

そして誘ってくれる女子がいることに感謝だなと思っております。

S__19775614-2.jpg


【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg


「roomsの企画4」


冨樫1.jpg
梶尾聡美さんの作品

GIRL'S PRODUCTでは「女子の脳みそ」をコンセプトに

女子の世界観を自由に表現するアーティストの展示を行います!

2年前に、美術館の外で見た一枚の写真に心を奪われ、

今回ついにそのアーティストとコレボレーションすることになりました。

テキスタイルで作る、女子の脳みそをのぞき込んだような作品が魅力のアーティスト「樫尾聡美さん」。

彼女の脳みそを見に来てください!(GIRL'S PRODUCTディレクター村上談)



Made in.にまた新たな天才が現れました。


この盆栽を作っているのは、東京盆栽生活空間「中島さん」です。

2017年1月にブランドを立ち上げ、手の平サイズの「マイクロ盆栽」や、土を使わず水で育てる「アクア盆栽」や、

仏像と盆栽を組み合わせた「仏像盆栽」などなど、見たことのない盆栽達がMade in.に並びます。

盆栽を通して、日本の伝統美・伝統技を新しい感覚で発信している中島さん。

響く人には必ず響きます。私にはがつんと響きました笑


【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg

「roomsの企画2」


Made in.では、「ファミリー」と言うテーマで出展者さんの家族写真を展示します。

rooms36のコンセプトである「人間」をMade in.の目線で考えたとき、日本各地で出会ってきた沢山の家族が頭に浮かびました。

伝統工芸や民芸、地場産業の世界は家族経営が多いです。

地方出張などで訪問すると、お茶の間に通されケーキとコーヒーを頂きながら、

ご両親も参加されて商談、なんてこともあります笑

親の背中を追って職人になる方もいれば、営業になる方、営業支援をされる方など、

今まで長年守り育ててきた家業を次の世代に繋ぐため、みんなそれぞれのやり方で一生懸命です。

そんな方々の写真を展示します。(Made in.ディレクター石塚談)

なべ一家.jpg

右端の男子、ダルマを作り続け15代目の高章君は、毎回roomsにスタッフとしてお手伝いしに来てくれています。

今回高章君はroomsのどこでお手伝いをしているんでしょうか?!探してみてください。



【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg


「roomsの企画3」


ETHICALエリアで、再び、あの!けん玉兄さんが登場!

KENDAMAN.jpg

ストリートけん玉の第一人者KENDAMANさん。

スポーツメーカミズノと取り組むアップサイクルモデル、福島県のケヤキで制作しているけん玉、

スケートボード廃材で作ったけん玉JACなどなど、エシカルコンセプトに根付いたけん玉を提案しているKENDAMANさん。

BANDAIと商品開発し、子供達がけん玉を手にするよう仕向けた第一人者でもあります。

けん玉という切り口から様々な活動へとつなげていく、本物とはこういう人ですね、かっこいい。


NISHIYAMA MIYA.jpg

CHARA CHARAエリアでは、衣装デザイナー MIYA NISHIYAMAさんが展示します。

特殊生地を使用したインスタレーションを行います。

不思議で可愛い彼女の空間をお楽しみに~!


【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg

「roomsの企画」


次回の企画が続々と決まってきました。

文ちゃん2.jpg ぶんちゃん.jpg
【プロフィール】
1997年12月1日生まれ。 定時制高校に通うフリーランスモデル兼スタイリスト。
昨年より「水曜日のカンパネラ」で知られる「コムアイ」のスタイリングを手がける。
また、自身で古着をセレクトし販売するイベントを企画し、
12月に2回目となるポップアップストア「文太祭」を実施した。


ヴィンテージ大好き芸人大川の部屋の続く、マーケット企画「ファッション大好き清水文太の部屋」

文ちゃんの部屋をまんま持ってきます。

文ちゃんはrooms期間中、からっぽの部屋でどう過ごすんだろう笑



世良さん1.jpg 世良さん2.jpg
【プロフィール】
1978年東京生まれ。桑沢デザイン研究所卒業後、株式会社白組にて3DCGの映像制作に携わる。
独立後フリーランスのイラストレーターとして活動。同時に、大好きなテキスタイルと、
自分のイラストレーションが融合できる方法を模索し続け、
「自分のデザインでのぬいぐるみ制作」という結論に至る。
以後、イラストの業務と並行して独学でぬいぐるみオブジェの制作を開始。
「見た時に楽しい気分になる作品」がモットー。


ガールズプロダクトエリアに、出展することとなった世良有里子さん。

NHKなどでイラストレーションを手がけ、ぬいぐるみの提供もしています。

柔らかい雰囲気の世良さんですが、中にはどっしりとした個性を秘めている、と感じました。

ご参加いただくのが楽しみです。



【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg

「志賀君」


roomsのプレスを担当してくれることになったPR01.の男子。

彼の良いところはなんてったって、熱いところ。

熱い男子最近少ないですよね。

すぐ顔が真っ赤になってしまう志賀君、この時代には希少で大事な人間性を持っている気がします。

一生懸命roomsを考えてくれている人って、仕事がスムーズに出来る人より事業には大切な存在なのだと思います。


志賀さん.jpg

これからもよろしくね志賀君。


【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg



「陸王」


池井土さんの下町ロケットに続く、老舗足袋屋さんの生き残りドラマ。

感じるものありすぎて、ゆったり観ていられません笑

今日はrooms的池井土さん風ストーリーを書きたいと思います笑

「実績が出てからと言うが、実績を出すにはまずスタートさせるしかない」陸王のセリフです。

ほんとにそう。


roomsが全くの無名時代、施工費が捻出出来ず、でも使いたいものがあり協賛獲得の営業をがんがんしていました。

それはそれはどこにも相手にされない。

ならばどうやって知名度を上げようかな・・・と思っていたところ、

その当時roomsのプレスをやってくれていた平尾さんと言う女性が、アナウンサーに知り合いがいる、

TVのニュースに出てはどうか?とすごいネットワーク力と、行動的かつ大胆な提案をしてきました。

ありえない、でもやってみようと二人で動きました。

10名ほどのTV局の人の前で、人生初プレゼン。

その当時はプレゼンなんてしたことはなく、今思えば一生懸命と言う完全オリジナルなプレゼンでした。

何を話したか覚えていませんが、このオリジナルプレゼンはひとりのディレクターの心に響いたらしく、

ニュースで10分ぐらいの特集でroomsを追いかけてくれることになりました。

ディレクターが三か月ほど密着してくれて、とても良い内容で放映されました。

さて、この放映がどのような反応をみせてくれるのか?


ヒューレットパッカードさんに印刷と大型TVの協賛をいただきたいと営業をかけました。

なんと、担当の方が放映を観ていました。

なんと、協賛が決まってしまいました。

陸王的内容だと思いませんか?笑

協賛のお蔭で納得のいく施工が出来、roomsの評判はとても良いものになりました。

仕事人生長いですが、かなり印象的な思い出に残る出来事です。

あれから15年ほどですかね?平尾さんは独自の成功の道へと羽ばたき、ディレクターはかなりの出世をし、

ヒューレットさんはその後5年間協賛をし続けてくださいました。

お蔭様でroomsも知名度が上がり、拡大しました。


思いを共有できる同志がいると、意外と叶ったりする。

この出来事で学んだことです。


【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg

「キム兄のお嬢さん」


キム兄のお嬢が1歳になりました。

そのお祝いにみんなでお食事に。

キム兄お嬢さん1.jpg

かわいすぎる

キム兄お嬢さん2.jpg

ほんとうにかわいすぎる

お嬢に心底惚れているわたし。

会えるのが楽しみでなりません。

生まれたな~と思ったら、もう一歳とは・・・。

立てるようになってるし、少し歩けちゃうし。

かんぱーいと言うと、かんぱーいと返してくるし。

ママにダメよと言われると、知らないふりしてごまかしてみたりするし。

もう、日本語が通じているじゃないか。

あっという間にどんどん進化していくので、お嬢とは頻繁に会い成長過程を見たい。

そして、大好きなおばちゃんとして君臨したい、と決意しました。



【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg

「パーティー」


12月は、パーティーが多いです。

最近だと、エプソンのイルミネーションショップのパーティーと、ビームスさんの素敵ホテルウェスティンでのパーティー、ベルギー大使館のパーティーなどなど。

いろいろな方にお会い出来るので、パーティー参加は楽しいです。

エプソンさんではジュンコ先生にまたまたお会いし、エプソンの社長とお話も出来、

ビームスさんでは、石川次郎さん(伝説の編集長)に久しぶりにお会いし、パルコの牧山社長にもお会いしなどなど。

普段会うことがなかなか無い方々とコミュニケーションが取れるのはとても楽しいです。

ですが、パーティー参加の一番のプレッシャーはファッション。

普段、カジュアルいっぽんのファッションなので、ちょっとこじゃれたパーティファッションは毎回プレッシャーです。

設樂さん.jpg
ビームスさんのパーティーでスピーチする設楽社長。

毎回良いお話しをされますが、今回も良いお話しでした。

激変するだろう時代で、ビームスが大事にすべきことは「思い」だと。

絶対にそうです。


あきえさん.jpg
ベルギーから勲章を授与された昭恵さん。

友人として、とても嬉しかった。思わず泣きました。


【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg  twitter.jpg


「素敵な保育園」


二子玉川の保育園 ロハスキッズ・センタークローバー(以下クローバー)へ行って来ました。

roomsにずっと出展してくださっているアーティスト、田中健太郎君からこの保育園を紹介していただきました。

クローバーは、既存の教育というものを根本から見直し、レールの上を歩かせるのではなく、子供の声に耳を傾け意見を引き出し、子供たちに決めてもらう、

そんな私が子供だったら、行きたかったな~~と思う保育園でした。

アート制作や、ワークショップ、企業とのイベントにも子供達を積極的に参加させることで感性を育て、

それぞれの個性を伸ばしています。

そして、子供たちがのびのびとしている雰囲気が伝わって来ました。


roomsで保育園?と思われる方が多いと思うのですが、子供たちがroomsを見てどう思うんだろうと聞いてみたかったのです。

概念なき心でroomsを見て、感想を聞いてみたい。

そんなことを考えていたら、友達の健太郎が保育園を紹介してくれました。

クローバーの園長さんは、心も姿も美しい女性でした。

そんな園長さんと縁が出来たのも、良い出会いでした。

さて、園児たちとroomsは何をするのか?ですよね。

まず、園児をroomsにご招待し、アテンドもつけ見てもらいます笑

そして感想を聞き、その感想を動画か、書きとめるのか、まだわかりませんが、集めます。

そして、アーティスト田中健太郎とアート作品を作ってもらいます。

まだ企画案の段階ですが、決まったらまた詳細はここでお伝えしますね~。


センタークローバー.jpg

ロハスキッズ・センタークローバー 公式ホームページ



【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg   twitter.jpg

「福島県」


福島県庁主催のふくしまふれあい懇談会に行って来ました。

知事、ジュンコ先生.jpg
JUNKO先生と、知事。


ジュンコ先生が来ると華があるったら!

会場全体が先生に目を奪われていました。

福島の県産品のプロデュースの仕事で、ジュンコ先生にはデザインの依頼をしました。

元々仲良しなので、「いいよ!」と快諾してくださった先生、大好きです!

最近、ブルゾンちえみさんのお母さん役としても有名になった先生。(ドコモのCM)

子供たちに「ちえみのお母さんだ~」と声を掛けられるらしいです笑



【about rooms】

【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg

roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg   twitter.jpg