BLOG

roomsP BLOG アーカイブ Part.3


roomsPが今まで書き溜めたブログの数々。
roomsについてもっとご覧になりたい方、どうぞご覧くださいませ。


18.「なんとなく過去を振り返る」

19.「TOCを選んだ理由」

20.「rooms EXPERIENCE 35コンセプト」

21.「WEBリニューアル!」

22.「世に出す事」

23.「スーパーウーマン」

24.「明治神宮」

25.「最近のすずちゃん(ネコ)」


【キャンペーン】
BLOGフッターバナー.jpg

【about rooms】


【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg


roomsJi-Baバナー.jpg


insta.jpg   twitter.jpg

roomsP BLOG アーカイブ Part.2


roomsPが今まで書き溜めたブログの数々。
roomsについてもっとご覧になりたい方、どうぞご覧くださいませ。


9.「地場産の仕事」

10.「rooms×PR01.」

11.「メードインドットの企画」

12.「前回のrooms MARKET」

13.「rooms MARKET のイメージ」

14.「rooms MARKET出店者/大川知英」

15.「rooms PAPER EXHIBITION」

16.「rooms PAPER EXHIBITION/福島民報さん」

17.「rooms PAPER EXHIBITION 出展者」


→続きは roomsP BLOG アーカイブ Part.3にて!






【キャンペーン】
BLOGフッターバナー.jpg

【about rooms】


【rooms online SHOPS】
roomsSHOPバナー.jpg


roomsJi-Baバナー.jpg



FB.jpg    twitter.jpg

roomsP BLOG アーカイブ Part.1


roomsPが今まで書き溜めたブログの数々。

roomsについてもっとご覧になりたい方、どうぞご覧くださいませ。



1.「五感共感空間」

https://www.roomsroom.com/blog/?p=2562


2.「rooms EXPERIENCE」では、5つのエリアを作ります

https://www.roomsroom.com/blog/?p=2560


3.「rooms EXPERIENCE」では、5つのエリアを作りますPart2

https://www.roomsroom.com/blog/?p=2592


4.「ん?レベルが高い!」

https://www.roomsroom.com/blog/?p=2616


5.「お買い物」

https://www.roomsroom.com/blog/?p=2624


6.「Made in ./メードインドット」

https://www.roomsroom.com/blog/?p=2639


7.「Made in./メードインドットの何が変わるのか?」

https://www.roomsroom.com/blog/?p=2642


8.「Made in ./メードインドットで出会った名品たち」

https://www.roomsroom.com/blog/?p=2648


→続きは roomsP BLOG アーカイブ Part.2にて!







【キャンペーン】

BLOGフッターバナー.jpg


【about rooms】

●roomsオフィシャルWEBサイト



【rooms online SHOPS】

roomsSHOPバナー.jpg


roomsJi-Baバナー.jpg



FB.jpg  twitter.jpg




「初めましてroomsプロデューサーの佐藤美加です No.3」


三回に渡る、「初めまして佐藤美加」もこれが最後となります笑

三回で簡単に説明させていただいたroomsですが、2017年9月に名称を変え、

有料にて一般も入場できるイベントへと変化します。


roomsは、「rooms EXPERIENCE」ルームスエクスペリエンスに変わりました。

体感するroomsという意味です。

「五感、共感、空間」それがコンセプトです。

お店も、イベントもリアルですよね。

インターネットに唯一ないもの、それは体感です。

その場でしか感じられない空気、匂い、躍動感、それがリアルの一番の持ち味です。

リアルは面倒です、行くのも作るのも。

でも、その時にしか出せないもの、味わえない空気があります。



roomsは沢山のクリエーションを発信し、市場に出して来ました。

それは、ほんの少しですが文化や時代を創ったと言えます。

そんなリアルなroomsを、一般の方にも体感していただき発信者となっていただきたいと思っています。

こんな3部作ですが、興味を持っていただけましたら、今まで書いたブログも掲載しますので読んでみてください。

今後もroomsのエピソードも交え、作っていく過程を書きたいと思います。

そして、どうぞ、roomsへいらしてください。

8月31日までの期間限定となってしまうのですが、HPFの顧客様、または期間中お買い物をしてくださった方に、

roomsの無料ご招待券をお配りしています。

機会がありましたらお店に行ってみてください。











「初めましてroomsプロデューサーの佐藤美加です No.2」


暑いですね。

でも洗濯物があっという間に乾くので、嫌いじゃないです。


さて、前回初めましてで簡単に私、roomsを説明させていただきましたが、今回はroomsについてをもっと書きたいと思います。

世の中に展示会はたくさん存在しています。

ファッションだけではなく、車、電子機器、インテリアなどなど。

しかし、そのほとんどが、その業界のプロの方向けのBtoBイベントであり、一般または異業種の方は存在を知りません。

roomsもファッション界においては有名ですが、異業種、一般の方には認知されていません。


たくさんある展示会の中でもroomsは、いわゆる展示会とは少し違っていました。

まず、出る為にはオーディションが必要でした。

展示会でスクリーニングを行い、出展者を選ぶのは少し珍しいことでした。

これはH.P.FRANCEのセレクトショップで培われたものですね。

そして、商談の場である展示会なのに、アート展示や、ミュージシャンのイベントを盛り込んだのも珍しいことでした。

これは自分がバイヤーをしていた時に見る、買うが毎日続き、辛いと思った経験からでした。

展示会を楽しんでもらおうと思ったのです。

だんだんとroomsのうわさは口コミで広がり、著名なアーティストが参加したいと申し出てくれるようになりました。

そして、新人の登竜門のような存在となりました。


_DSC0702.jpg
電波組inc 2013年 rooms27

17_kimu_087.jpg
写術家 木村祐一 2016年  rooms33


スタート時から継続している、開催ごとにコンセプトを出すことも珍しい事でした。

そのコンセプトはその時代時代のメッセージとなり、そのコンセプトを元に、会場を作りこみました。


_DSC0472.jpg
コンセプト:fujisan 2013年


そうこうしているうちに、roomsはどんどん大きくなり、500ブランド参加、来場者2万人になりました。

roomsが支持され、17年継続しているのは、参加者であるクリエーターが信頼してくれている、

そして、来場者を楽しませているからだと思います。

毎年、よく続くなぁと我ながら思いますもん。


そんなroomsが2017年9月から、一般を入れるイベントへと進化するわけです。

・・・・・・・・・それはまた次号で!









「初めましてroomsプロデューサーの佐藤美加です」



H.P FRANCEで働き始め約30年、佐藤と申します。

誰だ?!ですよね。

ですので、プロフィールをご覧ください。

mika-profのコピー.jpg

佐藤美加
rooms プロデューサー

装苑賞内rooms賞をはじめとした審査員や、各種セミナー、シンポジウムにて講師を務める。
自身が福島県出身だった事から、震災後始めた地場産業活性化プロジェクトでは、
福島県のプロデュースを皮切りに様々な地方自治体、事業者、職人との協業を展開。
また商品開発やアドバイザーなど「売ること」を得意とする、独自の企業プロデュースも多数実施。
好きな言葉は「有言実行」と「才能を使い切る」、好きな動物は「カワウソとネコとハリネズミ」。


この度、H.P FRANCE内でブログを掲載することになりました。

roomsは2月と9月、年に二回開催する大型の展示会で、約500ブランドが参加しています。

スタートして17年になりますが、BtoBのイベント事業でしたので、ブログは独自サイトでしか掲載していませんでした。

しかし、今年9月から、一般お客様もご入場していただけるBtoCのイベントに進化することになりまして、

H.P FRANCEのお客様にもroomsを見ていただけるようになりました。

ならば、H.P FRANCEのサイトでもブログ掲載しよう!とあいなりました。

皆様、頑張って書きますので、読んでくださいね~。

さて、roomsとは何?

お店を運営するには、「バイヤー」が必要です。

バイヤーとは、お店に出る商品を見つけ出し、買い付ける人です。

商品を展示し、バイヤーさんに買っていただくイベント、それが展示会=roomsです。


私は元々お店の販売員でした。

ラフォーレにあった「ドミニクロンド」と言うお店の店長さんをしておりました。

その当時では珍しい、海外のバイヤーが買付けた商品をセレクトし販売するお店でした。

弊社の社長曰く、日本初のバイヤーズショップらしいです。


その当時私は、パリ在住のドミニクロンドさんというバイヤーに付いて、パリの大きな展示会で商材を買付けていました。

で、思いました。

日本にこのような展示会はあるのかなと。


時が過ぎ、お店の仕事から卸の仕事をするようになりました。

卸とは、数社の海外のブランドを日本に持って来て、ショールーム形式で日本のバイヤーさんへ売る仕事です。

H.P FRANCEで言うと、JAMIN PUECHや、SERGE THORAVALなどがそうです。

私の仕事がバイヤーから、バイヤーさんに売る仕事へと変わったわけです。

で、思いました。

バイヤーは短期に沢山のショールームを巡って買付けをしている。それでは時間が足りないだろうなと。


また時が過ぎ、ある時社長に言われました。

「日本には海外のような展示会無いので、展示会やってみれば?」と。

それがroomsをスタートさせたきっかけとなります。


社長の考えはいつでも日本の為にでした。

機能だけのバッグではなく、デザインで買うバッグで日本のファッションを豊かにしたい。

それがJAMIN PUECH。

日本の食卓を彩り、食文化を豊かにしたい。

それが、ASTIER de VILLATTE。

日本のまだ見ぬ様々なクリエーションを見つけ出し、日本から発信して欲しい。

それが、rooms。

17年で、roomsから羽ばたいたデザイナーがたくさんいます。

ANREALAGE、e.m.、Q-POT.、MIKIO SAKABE・・・。

roomsは、社長の理念を具現出来ているようです。


hiki_198.jpg

2016年 9月 rooms33



●rooms×H.P.FRANCE特設ページ