BLOG

roomsJi-Baのお雛様

 

様のご家庭に雛人形はありますか?

 

子どもから大人まで、全ての女性の幸せを祈り祝うひな祭り。

roomsJi-Baでは、「桃の節句」を "女性を祝う節目" と考え、

日本中から様々なクリエイターさんをご紹介しています。

 

私のお雛様の原風景は、硝子ケースに入ったオルゴールつきの、殿と姫の2つの人形がセットになった親王飾りです。

子どものころ、母が毎年飾ってくれたことを今でも覚えています。

私も子ども達の為に思い出に残る何かをしようと思い、毎年桃の節句にはお雛を飾り、ちらし寿司、蛤のお吸い物と、ずぼら母さんなりに楽しんでやっています。

 

お雛様は小さな宇宙だと私は思っています。

今と未来を繋ぐ、この世と別世界を繋ぐ、本当に不思議な世界観がお雛にはあります。

世の中には本当にすばらしい節句人形工芸師がたくさんいらっしゃいますが、

Ji-Baでは毎年、岐阜県の後藤人形が手がけるお雛様を紹介しています。

 

1610「春色のこころ」イメージ.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 

「春」全景.jpgのサムネール画像

 

千寿.jpgのサムネール画像

 

 

 

後藤人形の3代目、由香子さんが手がける本当に美しい人形です。

お人形、衣装、道具にいたるまで全てが繊細に、丁寧に作られています。

一目見るとその美しさに目を奪われ、お姫様に引き込まれそうになります。

上から「春色のこころ」27万+税

「春」27万+税

「千寿」23万+税

其々限定3セットずつでのご用意です。

本日より受注を開始しておりますので、気になる方はお早めにどうぞ。

 

 

roomsJi-Ba オンラインSHOP

  roomsJi-Baバナー-thumb-435x136.jpg

roomsJi-Ba Instagram

商品の入荷など最新の情報を更新しております!是非フォローしてください!

http://instagram.com/rooms_jiba

 

 

ゆく年くる年


世の中はクリスマス一色。

私の頭の中は、「犬」一色。

そう、2018年の干支は戌年です。


IMG_6890.jpg



rooms地場産が毎年力をいれている企画「roomsJi-Baのゆく年くる年」の

特設サイトがOPENしました。



IMG_6891.jpg


今年の巻頭テーマは「家族」です。

何代も続く、伝統工芸や地場産業の世界。

みんな次世代に繋ごう、未来に繋ごうと必死に頑張っています。


同じ釜の飯を囲んで、失敗も成功も共有して共感しあう。

一番身近な人との共有や共感こそが、未来を作っていく種まきだと私は信じています。

血がつながっていても、いなくても「ファミリー」は大事。

ここ数年でそのことを強く感じたので、私の中で象徴的な4つの家族にご登場いただきました。

 

エピソードはまた追ってブログで紹介をさせていただきますね。

 

是非、「rooms Ji-Baのゆく年くる年」をよろしくお願いいたします。

 

 

◎rooms Ji-Baオンラインショップ◎

roomsJi-Baバナー-thumb-435x136.jpg

◎rooms Ji-Ba  Instagram◎
商品の入荷など最新の情報を更新しております!是非フォローお願いします!


コシェルドゥの才能

 

岩手県の小笠原・澤藤夫妻のユニット、コシェルドゥ。

コシェルとは東北弁の「こしらえる」、ドゥはフランス語で「二人」

そう、こしらえる二人組みがコシェルドゥです。

 

出会って5年、様々な場面においてお二人にはお世話になりっぱなしです。

 

コシェル1.jpg

 

澤藤さんは岩手生まれ。

青年座研究所を退所後、女優の付き人として様々な現場を経験する中、クリエイションに興味をもちデザインの学校に入学。

高知生まれの小笠原さんは、当方映像美術に長年勤務し、ゴジラ等の美術製作として活躍。

そんな個性的な経歴を持つお二人は、岩手の地域資源である「成島和紙」や「漆」を使って、

20年近く様々な作品を生み出しています。

 

コシェル2.jpg

粘土→石膏で型を作り、裏張りという独特の技法で和紙を成型。

和紙が乾いたら、何度も漆を塗って仕上げます。

漆を塗ることで、耐久性がくわわり、水にも強くなります。

見た目の割りにとってもかるくて、使いやすい!長財布もはいります。

 

コシェル3.jpg

起き上がり小法師。倒しても倒れないことから、七転び八起きの縁起物として大人気!

 

楽しくてかわいらしい作品の数々。

お二人の人柄が出ています。

年末年始に向けて、コシェルドゥとは楽しい企画が満載です。

またこちらで紹介させていただきますね。

 

あっという間に12月。

一気に寒くなってきましたが、皆様お風邪などお召しにならぬよう、気をつけてくださいね。

 

コシェルドゥは通信販売が可能です。 

電話またはメールにてお気軽にお問い合わせくださいませ。

TEL03-6427-1544

mailrooms-jiba@hpgrp.com

他にもデザインがございます。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

 

roomsJi-Ba オンラインSHOP

roomsJi-Baバナー-thumb-435x136.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

roomsJi-Ba Instagram

商品の入荷など最新の情報を更新しております!是非フォローしてください!

http://instagram.com/rooms_jiba

 

エプソンさんとのお仕事

 

プリンターで有名なエプソンですが、実はものづくりの原点は「時計」にあったことを、

皆さまはご存知ですか?

 

75年前の創業時に、時計を作り始めた長野県の大和工業。

1964年に東京オリンピックの公式計時用に開発したプリンター「EP-101」の成功を受け

その製品の子供達(SON)が増えていくように、との願いをこめてEPSONという社名になったそうです。

すごく素敵なエピソードです!

 

長い間、主にSEIKOの下請けとして時計を作ってきた彼らが、

自らの名前で時計を世に出すこと、お店をもつことは長年の夢でもあったのです。

私たちは今回、店舗開発のお手伝いをさせていただきました。

 

お父さんから子どもまで楽しめる時計が揃っていますので、是非いらしてください!

このあと原宿にもお店ができます〜

 

場所:二子玉川の蔦屋家電2F

会期:124日まで

 

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

 

 

 

 

 

 

roomsJi-Ba オンラインSHOP

roomsJi-Baバナー-thumb-435x136.jpgのサムネール画像

 

roomsJi-Ba Instagram

商品の入荷など最新の情報を更新しております!是非フォローしてください!

http://instagram.com/rooms_jiba

 

 

 

陶器市開催!

 

秋の恒例行事、Ji-Baの陶器市を開催いたします。

 

陶器1.jpg

昨年京都の若手コンペで大賞受賞された人気作家、藤田さん。

早い者勝ちです~。

 

 

陶器2.jpg

猫がはみ出している器

 

 

陶器3.jpg

猫の豆皿!

 

 

陶器4.jpg

S__42024986.jpg

人気作陶家、ヤナギモト姉妹がそろって登場!

 

 

期間:11/1612/25

場所:roomsJi-Ba@渋谷ヒカリエ2F

 

陶芸市はオンラインショップでのお取り扱いはございません・・すみません。

是非店頭でご覧くださいませ。

通販にも対応しております◎

 

食器棚に入りきらないと分かっていながらついつい集めてしまう器たち。

料理は大して上手ではありませんが、器が素敵だと誤魔化しききます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 陶器通信販売が可能です。  

電話またはメールにてお気軽にお問い合わせくださいませ。

TEL03-6427-1544

mailrooms-jiba@hpgrp.com

詳しくはスタッフまでお尋ねください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

roomsJi-Ba オンラインSHOP

roomsJi-Baバナー-thumb-435x136.jpg

 

roomsJi-Ba Instagram

商品の入荷など最新の情報を更新しております!是非フォローしてください!

http://instagram.com/rooms_jiba

 

ナタリーレテさん


ナタリーさんが来日中ということで、福島県の白河だるま総本舗の15代目、なべちゃんこと渡邊たかあきさんと、会いに行って来ました。


福島プロデュース事業の一環として、ナタリーデザインのだるまを開発したのが1年前。



白河だるま総本舗 - コピー.jpg



ナタリーの繊細な絵を、渡邊だるまの熟練職人さんたちが忠実に再現。

渡邊だるまの絵付け師さんの才能はすばらしいです。


コラボレーションにあたり、ナタリーさんから頂いたコメントをご紹介します。


"アッシュペーフランスがだるまのプロジェクトと福島の職人について話してくれた時、私は職人さんたちと仕事ができることを複数の理由から最高にうれしく思いました。

それは、福島の地方産業が復興するよう職人さんを助け、そして自分の世界観が日本の伝統芸の世界とミックスされるということだからです。


私はだるまのデザインを手がけるというアイデアにすぐ関心が湧き魅了されました。

なぜならお守りのようなものがみんな好きなんです。

小さいころから願い事をするのが大好きで、庶民的な伝統やフォークロリック(民族的)な伝統のファンでもあります。


私は二つの動物を思い浮かべました。フクロウとハリネズミです。

この2匹はだるまの卵型のフォームにぴったりだと思いました。。。。

でも同時に私はだるまの伝統的な顔もキープして、そこに自分なりの世界観とフェミニンなタッチをもたらしたいと考えました。


そこで、私の世界観を彷彿とする花を描き、同時にカラーとグラフィックに関してはシンプルにして、福島の職人さんが自然なやりかたで再現できるように、彼らにとってこのコラボレーションが拘束ではなく『喜び』であって欲しいと思いました。

ナタリー・レテだるまがみなさんを魅了し、皆さんの願い事がかなってだるまの目が二つ埋まることを願っています!!!"


S__41877608.jpg

なべちゃんとナタリー


過去roomsで数ヶ月インターンをしていたなべちゃん。

あまりにも有能なので何度も引抜きを試みましたが、家業があるのでその度に丁重に断られました。そりゃあ当然ですよね。



S__41877609.jpg

S__41877610.jpg

ナタリーが一番すきなのはハリネズミだるまだそう。

新作のスカーフにも登場していて感無量!



是非皆様もJi-Baもしくはオンラインショップにてご覧くださいませ~





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

rooms Ji-Ba

〒150-8510

東京都渋谷区渋谷2-21-1渋谷ヒカリエShinQs 2階

TEL:3-6427-1544

営業時間:10:00~21:00

★通販も承っております。お気軽にお問い合わせくださいませ★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◎rooms Ji-Baオンラインショップ◎

roomsJi-Baバナー-thumb-435x136.jpg


◎rooms Ji-Baインスタグラム◎
商品の入荷など最新の情報を更新しております!是非フォローしてください!

Discover Japan

 

エイ出版のDiscover Japan最新号に「ショップスタッフのおすすめ」として

記事が掲載されました。

 

  雑誌3.jpg

 

いつもかっこいいDiscover Japanの表紙。

2008年、高橋さんという名物カリスマイケメン統括編集長が立ち上げた雑誌です。

 

合計4名のスタッフの愛用商品を取材いただきました~

 

雑誌1.jpg

雑誌2.jpg

 

私は長年愛用している紙・漆・革でできたコシェル2のバッグを、

店長は割烹着、サブ店長は林民和、カリスマ販売員で自身もデザイナーであるスタッフSを紹介させてもらいました。

 

といいつつも、Ji-Baの商品はおすすめだらけです。

是非店頭にてご覧いただけるとうれしいです!

 

 

roomsJi-Ba オンラインSHOP

  roomsJi-Baバナー.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

roomsJi-Ba Instagram

商品の入荷など最新の情報を更新しております!是非フォローしてください!

http://instagram.com/rooms_jiba

 

 

 

 

 

顔が見える安心感

 

家族写真っていいですね。

年末のとある企画のため、作り手の家族写真を集めています。

写真を見るたびにぐっときて、なかなか先に進めません。

 

1.jpg

 

2.JPG

 

 

伝統工芸や民芸、地場産業の世界は家族経営が多いです。

地方出張で作り手を訪問したときに、お茶の間に通され、ケーキとコーヒーを頂きながら、ご両親も参加されて商談、なんてこともあります。

 

我がままを言っておうちの中を探検させていただき、作り手の日常を垣間見たり、奥のほうに眠っている先代が作られた商品など見せてもらい、「お宝発見!」に心の底からワクワクするものです。

 

商品をお客様にお伝えするときに、デザインや技術を説明するのは当然のこと。品質の良さは言わずもがな、あえてアピールするポイントではないです。

それよりも、どういう作り手がどういう経緯、思いでこの商品を作っているか?会社の歴史や作り手の個性など幅広くお伝えするようにしています。

野菜を買うときに「私が作りました!」と写真が載っていることありますよね。

顔が見えると安心、というか。

 

私たちも、なるべく作り手の背景が見えるようお客様に商品の魅力をお伝えしています。

商品とその作り手に愛をもつこと。すごく大事だな~と思っています。

家族写真をまじまじと眺めながら、これからも初心を忘れずに伝え手としての使命を果たそうと思うのでした。

 

 

roomsJi-Ba オンラインSHOP

roomsJi-Baバナー.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

roomsJi-Ba Instagram

商品の入荷など最新の情報を更新しております!是非フォローしてください!

http://instagram.com/rooms_jiba

 

 

 

割烹着をもう一度

 

みなさんは、エプロン派ですか? 割烹着派ですか・・?

私は断然割烹着派です。

本当に本当に便利で、、もう手放せません。。!

 

スタッフにもファンが多い割烹着ブランド「kapoc(カポック)」を本日は紹介させていただきます~。

 

割烹4.jpgのサムネール画像

割烹1.jpgのサムネール画像

綺麗なブルー色を愛用。

 

 

1900年生まれの割烹着。

着物が濡れたり汚れたりしないようにと、料理教室の先生が考え出したのが始まりだそうです。なるほど~。

大雑把な私には大変向いている割烹着。

仕事を終えて帰宅後、部屋着に着替えることもせず速攻台所行きの私にとっては

ある意味割烹着が部屋着ともいえます。

毎度あちこち油や水を飛ばしてしまいますが、割烹着があれば全方位カバーしてくれるので安心。

 

割烹2.jpgのサムネール画像

 

リブがしっかりとついているので、下に着ている洋服の袖が汚れることもありません!

 

リネンでできているkapoc。洗濯機で洗ってはアイロンかけることもなく翌日もまた使っています。あれこれ忙しい主婦の強い見方!

 

ちなみに前後逆にすれば、、なんと簡単な羽織にもなる優れもの。

今度これを着て近くのコンビニに行ってみようかと思ってます。

 

 

割烹3.jpgのサムネール画像

 

携帯用のポケットがついているのもいいですね。

料理のレパートリーが少なく、クックパッド頼りの私には

ポケット機能はかなりのポイントです。

 

50年以上も割烹着を作り続けている会社だからこその知恵。

デザインと機能に優れた、my best 割烹着。

一家に1枚いかがでしょうか。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

kapocは通信販売が可能です。 

電話またはメールにてお気軽にお問い合わせくださいませ。

TEL:03-6427-1544

mail:rooms-jiba@hpgrp.com

ブルーの他にも色がございます。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

◎rooms-Ji-BaオンラインSHOP◎

roomsJi-Baバナー.jpgのサムネール画像

 

◎roomsJi-Ba Instagram◎

商品の入荷など最新の情報を更新しております!是非フォローしてください!

 

Ji-Baの傘

 

秋雨前線と台風のバッティングにより、長雨が続いていますね~

週末もずっと雨雨雨、、ハロウィンも運動会も旅行もあきらめた方が多かったのでは・・?

 

そんな中、Ji-Baでは傘が大変な盛り上がりを見せております。

Ji-Baの傘は絶対的な自信作ばかり。

スタッフ全員、一家に1-2本は持っている「槙田商店」の傘を本日はご紹介いたしますね。

 S__41615411.jpgのサムネール画像



傘2.jpgのサムネール画像

傘3.jpgのサムネール画像

北欧の有名デザイナー、故スティグリンドベリさんの柄

15500円+税

 傘4.jpgのサムネール画像

切り絵がモチーフの傘

13000円+税

 傘5.jpgのサムネール画像

新作

10000円+税

 

 

 

槙田商店は江戸時代末期から、富士山のふもと「富士吉田」に暖簾を構える

老舗の機屋さん。富士吉田は知る人ぞ知る、織物の産地。

色々な生地を織れるのが特徴で、地元では多くの機屋さんが日々新しい商品開発に励んでいます。

 傘6.jpgのサムネール画像

六代目の槙田洋一さん

 

槙田商店の売りはなんと言っても「ジャガード織り」

タテ糸とヨコ糸を複雑に織り合わせて、様々な柄を刺繍のように織り込む技法です。

さすが150年以上毎日織っているだけあって、本当に美しく品質の高い生地を生み出します。一度使ってしまうと、それ以外の傘は使えなくなってしまうほどの魅力をもつ「槙田商店の傘」。

出会ってかれこれ5年、毎年新作を購入しているので、我が家の傘立てが悲鳴をあげています。それでもやめられない、コレクションしたくなる傘たち。

是非一度お試しください。

 

 

販売場所:

rooms Ji-Ba (渋谷ヒカリエ2F

150-8509東京都渋谷区渋谷2丁目21-1渋谷ヒカリエShinQs2

TEL03-6427-1544

通販も行っています!

 

◎roomsJi-Ba オンラインSHOP◎

roomsJi-Baバナー.jpg

◎roomsJi-Ba Instagram◎
商品の入荷など最新の情報を更新しております!是非フォローしてください!