BLOG

ASTIER de VILLATTEで彩る春の食卓



こんにちは。
ちょっぴりお久しぶり、H.P.DECOのスズです!

春到来の気持ち良い気候に浮かれて、
ついつい金髪にしてしまったわたくし...笑。

だって、鮮やかな花もたくさん出回る季節だし、
DECOにも一人くらい派手な頭が居たっていいよね...?
って勝手に自分で納得して、エイヤ!と脱色。(ごめんよ頭皮)


そう。
まさに春は変化の季節!!

とは言っても「う〜ん...大した変化なんてないよ〜」って方もいらっしゃるはず。
でも、あえて自分で変化を作ってみると、気分がシャキッ!と切り替わって
気持ちが良いものだと思いますよ◎




さてさて。
今日のブログの本題に入りましょ〜。

先週末、久々にASTIER de VILLATTEが入荷しました!!
ドドンと約300ピース。

n-180305blog_12.jpg

系列店の中でも特にバリエーション豊かに展開している
青参道のH.P.DECOですが、さらに盛り盛りに!!見応え抜群〜。


そんな中、一際目を引くのがこちらのプレート。

n-180305blog_10.jpg

美しいアラベスク模様が刻まれた大皿。

アラベスクとは、フランス語で「アラビア風」。
植物のつるや葉っぱ、花の美しさを表現した左右対称に連続する、
宗教的世界観を表現した華やかな模様です。

n-180305blog_1.jpg
◼︎29,000円+税

食器としてはもちろん、飾り皿としても良いですね。
個人的に、こういった模様が大好きなので一番最初におすすめしました!
とっても素敵です。



独特の「白」に心奪われるASTIER de VILLATTEの陶器。

お皿全体に模様が施されたコレクションは、
黒い土と、白い釉薬のコントラストがとても味わい深く、
職人が作り上げる1つ1つの表情の違いをより感じ取れます。

n-180305blog_4.jpg

フランスを代表するデザイナーNathalie Lete(ナタリー・レテ)との
コラボレーションシリーズも、そのひとつ。

n-180305blog_3.jpg
◼︎8,200円+税〜14,100円+税

女性デザイナーらしい、柔らかな草花の表現が素敵!

お皿の一面に細かいスタンプを押して作られた、
ものすご〜く手間をかけたコレクションなのです。


細かな柄なので、お料理を盛り付けても主張せず、
さりげなく食卓を彩ります。

n-180305blog_7.jpg
◼︎12,600円+税

私は、この高台付きのボウルが好き。
スープボウルやサラダボウルに...
小さめの丼ぶりにしても丁度良いサイズ感。

n-180305blog_5.jpg

「おふくろ、もう一杯!!」
と言いたくなるのは私だけでしょうか...。



マグカップのシルエットは、持ち手がポイント!
大きくて持ちやすく、愛嬌のある歪み具合が絶妙なのです。

n-180305blog_6.jpg
◼︎左から18,500円+税、16,000円+税

小春日和に、暖かいお茶と焼菓子を合わせて、
のほほんとした時間を過ごしたいものですね〜。



こちらも同じく、ナタリー・レテの手がけた「フルール」というシリーズ。
うっすらと浮かび上がる蝶々や花が、春の訪れを喜んでいるかのようです。
中心には「POUR TOI = あなたへ」の刻印が。ギフトにもGOOD!

n-180305blog_8.jpg
◼︎10,800円+税


ここまで、お皿に模様が施されたシリーズをご紹介しましたが、
もちろん人気アイテムもしっかり揃っていますよ!!


シンプル・イズ・ベスト◎
その名の通り、まさにそれ!って思う。「シンプル」シリーズ。
サイズ違いで何枚も欲しくなってしまいます。

n-180305blog_16.jpg
◼︎7,700円+税〜


私も愛用中の「アデライデ」シリーズは、
ふちにパール粒が連なった愛らしいデザイン。
ボウルタイプには、フレッシュな果物を盛り付けると、
割増で可愛らしさUPデスヨ!

n-180305blog_13.jpg
◼︎7,300円+税〜


エレガントな曲線美のシリーズ「レジェンス」
18世紀初めのフランスの美術様式のことを"Regence"と呼び、
有名なベルサイユ宮殿をはじめとする、華やかで気品溢れるデザインが特徴です。
なんとも優雅で贅沢な気持ちにさせてくれるコレクションですね〜。

180305blog_18.jpg
◼︎7,300円+税〜


こちらは「グラン・シャレ」シリーズ。
ASTIER de VILLATTEが影響を受けた偉大な画家バルテュスが晩年を過ごし、
今も奥様の節子夫人が暮らす、スイス最大も木造建築"Grand Chalet"から名付けられました。
建物の外壁に施された装飾モチーフを、お皿の縁に再現したデザイン。
シンプルで洗練されたラインと、半円が連続する美しい模様...
組み合わせて、ぜひコーディネートしてみて下さい◎

n-180305blog_15.jpg
◼︎12,000円+税〜


他にもご紹介したいシリーズがたくさんありますが、
今日はここまでーー!!

私も新しいお皿が欲しくなって、お店をウロウロ...。
どのシリーズを攻めてみようかしら♩


新しい季節、ASTIER de VILLATTEの白い陶器で、
食卓を楽しく!美しく!彩りませんか?
入荷したてほやほやの店内で、皆さまのご来店をお待ちしております!




最後に・・・
ここ最近、私が感動した映画を1本ご紹介させて下さい。


ベルギー出身のファッションデザイナーのドキュメンタリー映画、
『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

生み出す作品に対する揺るぎない信念、
そして何と言っても私が感動したのは、私生活の美しさ...!!

プライベートな庭園で、季節の花や野菜を心から愛でる。
完璧に整えられた自宅の空間は絵画のようで、
花を飾り、採れたての野菜を美味しくいただく。
仕事とプライベートで全く違うものに没頭することって大切だな〜と思いました。

それが結果、すべて彼の美意識に繋がっている。



見終わってからすっかり影響を受けて、
家で「花を愛でる」ことから真似している私...。笑

きっと私の場合のプライベートは、好きな映画を見たり音楽を聞いたり。
まさにそういう事に没頭して得てきた感覚が、
結果今の仕事にも繋がっているのかも...なんて思ったのでした。

n-180305blog_14.jpg
◼︎左から22,500円+税、26,000円+税

なんだか締まりがイマイチな感じで終わってしまいましたが、
今日はこの辺でスタコラサ・・・


それではまた〜〜!!


スズ
____________________________

【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png

H.P.DECO
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-2-11
TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。











PROFILE

【写真:deco】
H.P.DECO

フランスを中心としたヨーロッパの新しいクリエーションと、デザインや年代にとらわれずセレクトしたユーズド家具を扱うショップ。海外での買付やクリエイターの魅力、家具にまつわるトピックスやスタッフのひとりごとなど、H.P.DECOの舞台裏をご紹介します。

Archives