BLOG

花いろいろ、花器いろいろな春。


こんにちは!H.P.DECOのGTです。


ブログ...お久しぶりになってしまいましたね。

ここ数週間、風邪やらでダウンしており
まぁまぁボロボロな日々を過ごしていました。

今年はインフルもすごく流行っているし、
花粉はもう飛んでいるし、
びくびくしながら病院へ向かう日々が続き...

結果、風邪と花粉の症状がダブルパンチ!
咳・鼻水・熱ぜんぶいただきました...あちゃー。


季節の変わり目は、ささいな事が不調の引き金になります...。
皆様もご自愛くださいね。


さて、そんなこんなで
気温差に振り回されっぱなしなGTですが、
同時にそれは、春の訪れを感じることでもあります。

gt-06-19.jpg

GT宅も、水栽培のヒヤシンスが見ごろを迎えています。

この季節は、1年の中で一番お花屋さんが楽しい季節。
皆さんはどんな春の花が好きですか?

好きな花はたくさんあって、とても一番は決められないけれど...
飾る花器によってお花を選ぶのも楽しみのひとつ。


gt-06-01.jpg
La Soufflerie 左:¥3,000+税 ▼右:¥5,700+税

La Soufflerie (ラ・スフルリー)の器は小さいものが多いので
気負わず、日常的にお花をいけるのにぴったり!

フリルがおしゃれなラナンキュラスは、
たった数本でも空間がぱっと明るく!


gt-06-02.jpg
La Soufflerie ▼左:¥4,000+税 ▼右:¥2,100+税

野原で摘んだようなマーガレットは、どさっとラフに。
固くて丸いつぼみも、白いお花が咲くので
捨てずに一緒にいけてあげてくださいね。


gt-06-03.jpg
La Soufflerie 左:¥4,500+税 ▼右:¥4,000+税

品のいいフリチラリアをいけると、
この方の表情も、とてもお上品に見えますね。


La Soufflerieはガラスと水が織りなす揺らぎの表情も美しいので、
キッチンや窓辺など、
陽の光が差し込む場所に置いてもらうといいと思うのです。


女性の方なら、きっとみんな好きなアネモネは

gt-06-04.jpg
ASTIER de VILLATTE  
Regenceピッチャー ▼¥34,400+税

柔らかなフォルムのピッチャーにたっぷりと。


gt-06-05.jpg
ASTIER de VILLATTE 
Adelaideピッチャー ▼左:¥22,900+税 ▼右:¥39,500+税

ASTIER de VILLATTEの白い釉薬と花の色味のグラデーション。
このコントラストは、何とも言えず惹かれてしまいます。


gt-06-06.jpg

アネモネは、温度の変化で花が開いたり閉じたりします。
あいさつしてくれるみたいで、
GTはついつい声かけてしまいます。



gt-06-07.jpg
ASTIER de VILLATTE ▼左:¥19,500+税 ▼右:¥14,900+税

香りのいいフリージアは、
シャープなラインがでるようにすっきりとしたベースに。

gt-06-08.jpg

ちなみに、品種にもよりますが白い色のフリージアを見かけたら
今度ぜひ香りをかいでみてください。

...黒こしょうの香りがします、ふふふ。



そして、この時期は枝咲きのお花もたくさん並びます。

gt-06-10.jpg
ASTIER de VILLATTE ¥45,000+税

GTも大好きなコブシ。
背の高い花器に、思い切って高さを出して。


gt-06-09.jpg

このイガイガの蕾が割れて、こんなに柔らかな花が覗くのです。
花が咲くまでわくわく待つ時間がたまらん!となる大好きな花。


枝花といえば、この花器もぴったり。

gt-06-11.jpg
Tse&Tse associees 
四月の花器 Msize ▼¥30,000+税

言わずとしれたTse&Tse associeesの名品、「四月の花器」。

今回は週末に控えるひな祭りを意識して
桃の枝をアクセントに。

gt-06-12.jpg

3月3日までには、この蕾がきっとふくらむといいなぁ!

こうした日本の花を組み合わせていけると、
Tse&Tse associeesらしいエキゾチックな雰囲気になります。
桜や梅などをいけて、お家で一足早いお花見もいいですね!


お庭やベランダで球根を育てている方も多いと思いますが、
咲いたお花を...

gt-06-13.jpg
Amanda Moffat ¥60,000+税

こんな風に部屋で楽しむのも醍醐味のひとつですよね。


gt-06-15.jpg

Amanda Moffat(アマンダ・モファット)のフラワーベースは、
素朴なお花こそ、ぐっと引き立つような
温かみと優しさが感じられる器です。


gt-06-14.jpg

GTなら、あえて白やグリーンのチューリップだけで飾りたい。
今年は引っ越したばかりで庭まで手が回らなかったけど、
来年はこんな風に春を迎えられるといいなぁ。



そして、この器を一目みた時から、
ずっとこの季節を楽しみにしていました。


gt-06-16.jpg
Cecile Preziosa ▼左:¥18,000+税 ▼右:¥25,000+税

1点1点轆轤で丁寧につくられた
Cecile Preziosa(セシル・プレツィオザ)のピッチャー。


gt-06-18.jpg
Cecile Preziosa ▼右:¥24,000+税 ▼左:¥18,000+税


凛とした緊張感がありつつも、柔らかな発色のこの花器には、
ふわふわとしたミモザがぴったりです。


gt-06-17.jpg

ちなみに、きたる3月8日は
「ミモザの日」という日なのです。

イタリアでは、男性から女性へミモザの花束を渡す日なんだとか。
ホワイトデーより少し前ですが、花器と一緒にプレゼントもいいのでは?



花は日常のうるおい。
たった1本、たった1つ花器があるだけで
生活のリズムが整う気がします。

まだまだ寒い春待ち季節を、お花の力を借りて乗り切りましょう!


それでは、また!


staff GT



____________________________

【Bazar et Garde-Mangerより3月5日(月)営業時間変更のお知らせ】

誠に勝手ながら、Bazar et Garde-Mangerは
3月5日(月)の営業時間を
下記の通り変更させていただきます。

13:00~19:30

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。

※H.P.DECOおよび水金地火木土天冥海は通常営業しております。
 H.P.DECOの入り口階段よりご来店ください。

____________________________



【FOLLOW US !!】 

insta.png FB.png TW.png


H.P.DECO

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5-2-11

TEL:03-3406-0313 
OPEN:11:00-19:30 不定休


141128mall.gif

【通信販売について】
※当ブログに掲載している商品は通信販売を承ります。
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。







PROFILE

【写真:deco】
H.P.DECO

フランスを中心としたヨーロッパの新しいクリエーションと、デザインや年代にとらわれずセレクトしたユーズド家具を扱うショップ。海外での買付やクリエイターの魅力、家具にまつわるトピックスやスタッフのひとりごとなど、H.P.DECOの舞台裏をご紹介します。

Archives