BLOG

いろいろお知らせ。

こんにちは。ソハラです。




2017年7月23日をもちまして表参道での営業を終了いたしました。
ご愛顧いただきましたたくさんのお客様、
ならびにお力添えを賜りました関係者の皆様には
心より御礼申し上げます。


WUTは新宿に位置するセレクトショップdestination Tokyo内へ舞台を移し、
ディレクター/バイヤーであるYANN LE GOECによるセレクションを
2017秋冬コレクションからご紹介して参ります。


WUT Select Shop has moved and will reopen on 8/18 

as a shop-in-shop inside "destination Tokyo" store in Shinjuku LUMINE EST.!



2017.08.18 Fri. WUT RE-OPEN
at destination Tokyo LIMINE EST B2F


新しい場所で皆様にお会いできることを楽しみに、
ご来店心よりお待ちしております。


reopen.jpg




わたしは8月は18.19.20.21.23.26.27.28.30日店頭に立ちます。
R新宿駅の東口を出てすぐです。駅直結です。
LUMINE ESTは11:00-22:00というロングタイム営業です。
帰りにちょろっと寄ってみようかな~みたいな感じで
ぜひお気軽にお越し下さい。




WUT ONLINEは引き続き営業中です!



Spring Summer SALE ご好評いただきありがとうございます。
セールは8月14日まで。お買い逃しのないようお早めにご利用下さい。

希少価値の高いクリエイティブなブランドたちが
このお値段で買えるのは今だけです。




saleup70.jpg


TATA CHRISTIANEの1点物コレクションは8月末まで!
こちらの商品はただいま移転先であるdestination Tokyoで
ご覧いただけます。オンラインショップからもぜひ。


期間限定の展開ですので、この機会にぜひ!


goods_11001_11.jpg

goods_11091_11.jpg

goods_11079_11.jpg


ほな新宿でお会いしましょう!!!


SEE YOU SOON ;)
SOHARA


https://www.facebook.com/pages/Wut-berlin/151819871885

http://twitter.com/Wutberlin

http://instagram.com/wut_store



 
 

WUT in destination Tokyo
160-0022 東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト B2F
B2F LUMINE EST 3-38-1 Shinjuku Shinjuku-ku Tokyo 160-0022
Tel. 03 3350 5027



2016-2017-2020












まいど高谷です









振り返りブログも最終回。



こうやって文章で残すとすごく名残惜しいです。

昨日はWUTお別れ会。


WUTを辞めたスタッフも駆けつけてくれました。




IMG_0712.jpg



IMG_0713.jpg



僕は働いて5年。
WUTが誕生して11年。


いろんな人がWUTをつくってきたことを実感しました。





昨日のTシャツは「GESU(下衆)」です。







さて、最終回




WUTは僕にとって出会いの場でした。

お客さまはもちろん、友人もよく訪ねてくれました。


最後はそんな思い出を綴りたいと思います。





2016


WUT10周年を祝い盛大なパーティを開催しました。



IMG_2776.jpg



WUTチームで集合写真。



Tigran Avetisyan、ZLISM、TATA CHRISTIANEもお祝いに来日しました。
200人以上の方々にお越しいただきました。



IMG_2888.jpg


IMG_2715.jpg



ムーチョが来てくれました。

山村のムからとってムーチョ。
小学校時代からの友人です。
今は世界的モデルとして活躍しています。
つい先日、キューピーマヨネーズのCMに抜擢されました。


昔からとても優しく、初恋の人にフラれたときは

「元気だしや、消しゴムあげるわ」

と励ましてくれたのを鮮明に覚えています。
ちなみにお兄ちゃんも地元ではムーチョの愛称で慕われていました。




アフターパーティーも大盛況でした。



IMG_2883.jpg


IMG_2884.jpg



IMG_2882.jpg



IMG_3320.jpg



IMG_2962.jpg



IMG_2885.jpg



IMG_2961.jpg



親友のハマちゃんが踊りくるっていました。

ハマちゃんはWUT近所のサンタモニカ(古着屋)で働いていました。
よく自転車で店の前を通っては冷やかしに入店していました。


今は空調屋さん。


エアコンでお困りのことがあったらご連絡ください。


WUTが閉まるよと報告したらすぐに駆けつけてくれました。
一番通ってくれた友人です。


IMG_7851.jpg



口癖は

「無地のTシャツありますか??」


結局なにも購入せず、閉店を迎えました。





同じくらい冷やかす友人といえばシンペー(mitograph)。

僕のブログには度々登場しているので、ご存知の方も多いのでは。




IMG_1348.jpg



彼とは大学からの友人です。

卒業後NYへ渡米。
今では有名カメラマンです。

僕が東京で働き始めて2年目に帰国。
それ以来、いつも刺激をくれる親友です。




IMG_1357.jpg



IMG_7248.jpg




京都時代の友人も、東京に来ればWUTを訪ねてくれました。
WUTの路面店がなくなると聞きつけ、会いにきてくれました。

ただ、WUTで働く僕は真面目なので、大体の友人はガッカリして店を出ていきました。




IMG_8468.jpg



IMG_4160.jpg



IMG_5023.jpg



IMG_7618.jpg



IMG_7623.jpg





2016はANNTIANとNACOも来日しました。
Xander Zhouもちょろっと顔を出してくれました。

2015に引き続き、会いたいデザイナーには全員会えました。


今思うと本当に恵まれた職場でした。




IMG_0767.jpg



IMG_3964.jpg



IMG_0037.jpg




全員ちゃんと紹介できたかな?

「行ったのに紹介してくれてへんやん」


とデザイナーに言われるなんてことは、まぁないでしょう。



いろんな国に知り合いがいるなんて、5年前は考えれませんでした。




5年前は関西しか知らない関西弁野郎がグローバル野郎に成長できたのも、
すべてWUTのおかげです。

感謝





さて、終盤です。



WUT移転という2017ビッグニュースはファッション業界を揺らした。かな?


色んな人が名残惜しく来店されました。




36ABF91A-F2E6-4881-BF28-237F92A0DF71.jpg



大親友大先輩スギちゃん。


僕が東京に出てくるきっかけを作ってくれた人です。
出版時代に営業でスギちゃんに出会って、5秒で断られました。

「たかやさん、お酒好きそうですね〜ご一緒にどうですか?」


と飲みに誘ってくれたあの時、僕の人生は大きく変わりました。


あれから7年。


「たかやん〜婚姻届の保証人になって〜」


とWUTを訪ねてくれました。

なんと5年間で二度目の来店です。
一度目は自転車を置きにきただけでした。





その後も来店ラッシュ。



IMG_0127.jpg



最高の兄貴ボブさん。


関西の頃から憧れの存在でした。
今は仲良くなりすぎて、憧れの方向性が変わりました。

WUTではcoffyというジュエリーを買ってくれました。

その頃、面識はなく、緊張して接客をしたのを覚えています。


あとから聞くと


「たかやん、むっちゃきもかったで」


だそうです。






「最終日に行けないから」

長年WUTに通うお客さまも沢山ご来店いただきました。



IMG_0484.jpg



IMG_0474.jpg



金井さん


僕がWUTで働く前からのお客さま。

BERNHARD WILLHELMの良いアイテムがすぐ完売してみなさんガッカリしたでしょう。
犯人は金井さんでした。

最後はお子さんを連れてご来店いただきました。









IMG_0548.jpg



寺岡さん


本当に何回来店してくれたでしょう。
いつもオシャレで、お姉ちゃんのような存在です。

WUTが移転すると聞いて、走って会いにきてくれました。

その後も何度も来店されては別れを惜しみました。







IMG_0450.jpg



内山くん


ほとんど、兄弟です。

はじめの頃は髪もあったのですが、坊主にした内山くん。
洋服もほぼWUT。
いつのまにか弟のように可愛がっていました。


そして、去年になって歳が僕より2個上という事実を知りました。








IMG_0470.jpg



中城さん


僕が働いてすぐの頃、出会いました。
それ以降、WUTのビッグダディーといえば中城さんでしょう。

毎月、多い時は毎週、雨の日も雪の日も家族全員でご来店くださりました。

かわいい娘さんも5年で大きくなり、成長を見てきました。


「たかやくんとのWUTたのしかったよ」


最後にそう言っていただけたことが販売員としての誇りです。









2017.7.23






いよいよ最終日。


WUT路面店の閉店を惜しみ、お客さま、友人が来店。



IMG_0579.jpg



IMG_0595.jpg



IMG_0587.jpg



IMG_0598.jpg



IMG_0590-1.jpg



IMG_0591.jpg




IMG_0602.jpg




IMG_0606.jpg



IMG_0689.jpg



IMG_0652.jpg



IMG_0612.jpg





みんな大集合。


ソウルメイト菅原小春ちゃんも仕事で韓国にいたのにすっ飛ばして来てくれました。

「たかやんと出会った場所だから来るっしょ」




ほんまみんな最高や。




ほんまWUTで働いてよかった。







いろんな出会い。

いろんな経験。

いろんな感動。




いま走馬灯のように駆けめぐっています。

本当に良い5年間でした。






最後になりましたが、私、高谷祐介は本日をもちまして、退職いたします。

みなさんと出会えたことがすべてです。






ありがとう





ほなまたね〜





YUSUKE.






IMG_0577.jpg







2015










まいど、高谷です







今月23日でWUT表参道の営業が終了しました。

振り返りブログも終盤です。



本日は2015をお届けします。





2015はデザイナーラッシュイヤー。

TIGRAN AVETISYANのスペシャルディスプレイが皮切りでした。




IMG_0220.jpg





TIGRAN AVETISYANの3rdコレクション。


WUTとの合同企画が実現しました。
香水ラベルを剥がしたようなイメージをWUT外壁で表現しました。
香水ばかりが売上を伸ばす大手メゾンへの皮肉です。


僕は香水が嫌いです。
その人の香りや季節特有の香りを消してしまうから。
ちなみにフアっと香る柔軟剤は大好きです。


断然ランドリン派です。






IMG_0252.jpg



IMG_0293.jpg



IMG_0346.jpg



僕は商品が届いた日が一番幸せでした。


パッキン(段ボールの業界呼び)を開け、納品作業をしながら、ウズウズ。
「はよ、着てみたい」
踊る心を押し殺し冷静に作業をします。

検品も終わり、ついに試着。
クウウウーーー。


この感覚は仕事終わりの一杯目のビールと同類です。



そんな洋服に囲まれていたことが幸せです。




IMG_0351.jpg


(センス抜群のポップデザインは僕です)


TIGRAN AVETISYANとの合同企画を祝してお披露目会をしました。

以前からTUNE藤田さんがTIGRAN AVETISYANの才能を評価し、
同誌で紹介してくれた経緯からタイアップが実現しました。


その日は限定Tシャツも販売。

ルックはこちら



IMG_0142.jpg



IMG_0141.jpg




モデルは男前の西洋人でした。




パーティーも大盛況で、藤田さんには感謝です。

藤田さんはこちら



IMG_0435.jpg





最後はWUTチームの集合写真。
しんぺー(mitograph)が撮ってくれました。

全員TIGRAN AVETISYAN着用。
かなりお気に入りの写真です。



IMG_0439.jpg





さぁどんどん行きましょう。

春にはベルリンのイケメンVLADIMIR KARALEEVが来日。


フリマしました。





D39A2F65-F49A-428F-BEFD-F34EF26EF3B7.jpg



28CC3DFF-3B98-42F1-A8F9-7BC6798C3118.jpg



DFEFF234-3674-4588-BD88-B7BAC08A2FDB-1.jpg


CA5BED8C-B5A3-4E19-A985-0D62986A87E2.jpg


D71DBA79-C9B8-4296-9630-CC0863447D43.jpg




長身ハンサム優男のデザイナー。
声もハイトーンです。

2m近い身長で僕との身長差はチュンリーとサガットくらいあります。
サガットがあんな繊細な服を創り出すなんて素敵すぎますね。

ちなみにJames Blakeも196cmです。
Lil Wayneは165cm。
ラルクのhydeは157cm。

才能に身長は関係ないようです。




秋にはROBERTO PIQUERASが初来日。


IMG_1363.jpg



前情報ではバルセロナの危ないエリア出身のクレイジー野郎と聞いていたので、
僕の中での勝手なイメージではK-1選手のシリル•アビディーでした。

結果

キティーちゃん好きの優しい目をした少年でした。



IMG_1933.jpg



IMG_2011.jpg



IMG_1987.jpg



IMG_1942.jpg



バックピースのROBERTO PIQUERAS。
よく見てみると曽原もバックピース。

うちのオカンもよく使います。

ちなみにイギリスではバックピースは中指を立てると同じ行為らしいです。
アウトローですね。




忘れていました。

2014の暮れにJULIAN ZIGERLIも来日しました。

前情報では大手アルマーニから支援される実力派若手デザイナー。
僕の中での勝手なイメージは俳優オーランド・ブルームでした。

結果

テンションアゲアゲクレイジー野郎でした。




68DE8C8F-BC17-4412-836B-81FFA2FF19B2.jpg



F1A0A3B9-B90F-4C95-906B-08F31C4C7620.jpg



B2DED51C-000C-486A-8B1D-5F161B68F469.jpg



C6D691DA-6A5D-4BA4-9F7B-8173D394CB8D.jpg




WUT地下スペースでトークショーをしました。

これは初の試みで、お客さまにも喜んでいただけました。
WUTは洋服を売るだけではなく、体験できる良い箱でした。






そして2015の終わり。
ついに彼がやってきました。

BERNHARD WILLHELM



「突然お店に行くからバナナファッションで待っててね」
とデザイナーから素敵な連絡がありました。


僕は興奮気味でバナナを買いにスーパーへ。
なぜバナナなのか?

2015のコレクションがバナナだらけだったからです。



05DD388D-2D75-455F-A543-F46016FCFD24.jpg



780FFAE4-ED88-49C6-91F1-0C9C914A422F.jpg



AEB939B4-DB58-4E01-ACFE-35599852F93B.jpg


19C2868E-8E7F-4A94-B678-3BF8F34963B6.jpg



僕はこのバナナドレス(8万円)とバナナハット(2万円)をオーダーしました。
どちらもクローゼットに奥に保管されています。

いつか着る時が来るだろう。




バナナを並べました。

鼻歌を歌いながら並べました。





B03696FE-77C9-47C9-9A0A-55B3D8086838-1.jpg



C6719696-D8BA-4BD7-B598-8437A6BA5087.jpg



DF115F2C-C2FE-4E9F-BCCA-C8A6FFD3CB58.jpg




その日、デザイナーは現れませんでした。

閉店後、店長とバナナを回収したときは空虚感に襲われました。



翌日


いきなり現れた。

大急ぎで冷蔵庫に保管していたバナナを差し出すとデザイナーはご機嫌でした。





42171BCE-F08F-40DD-9EDC-3D625AB868EE.jpg



F3A41EA7-CE3F-4AD0-A34E-E68A6A385AB7.jpg



D553D99B-7A03-4759-8CCB-BEAC75A3A817.jpg



A5C276C2-9430-4A23-9091-BA6286A83F47.jpg




バナナにサインをくれました。




2015の締めくくりにふさわしい来店でした。

憧れのデザイナーに認知されている。
これは販売員冥利に尽きます。



そんな沢山の出会いがあった2015も特別な一年でした。




2015終わりです。




次回、最終回おたのしみに。





ほなまたね〜






YUSUKE.







2014-2











まいど、高谷です








前回に引き続き2014続編をお届けします。




WUT表参道での営業も本日で終了です。

なかなか実感が湧かない。


東京に来て5年
あの時の感覚は思い出せないけど、ワクワクでした。


5年後の今、また違ったワクワクです。




さて、2014は海外編。





御一行はファッション都市パリへ。






IMG_4596.jpg




人生初パリでした。

どこを切り取ってもオシャレで、テーマパークにいるような感覚になりました。


ディズニーよりUSJに近いかな。



IMG_4588.jpg



IMG_4591.jpg



IMG_4594.jpg





ANDREA CREWSのショップはまさかのお休み。

ラフなところも憎めないです。



ずっと行きたかったmerciへ。

出版社時代は雑貨のデザインにも携わっていたので、憧れのショップでした。


日本人クリレイターの雑貨も取り扱われていました。

居心地も良くここなら何時間でも居れました。



しかしアポイントの時間が迫っていたので移動。

いきなりパリでの一大イベントです。



WALTER VAN BEIRENDONCKの展示会へ。


招待状の地図を見ながら辿り着くと、そこは一軒家でした。
小さなポスターが貼ってなかったら通り過ぎていたでしょう。

階段を上がりインターホンを押しました。

ガチャと扉が開きました。


そこには




巨匠 is here






wvb004.jpg


wvb001.jpg



wvb002.jpg



wvb003.jpg





あまりの迫力に緊張しました。
と言いたいところですが、すごく優しい笑顔で迎え入れてくれました。

扉を開けてくれたのも巨匠ですからね。


「ユスケ、オネガイだからはしゃいだり写真パシャパシャやめてね」


とヤンさんに注意されていたのですが、心の高揚は誰にも止められません。

静かに写真を撮りました。






IMG_4602.jpg



IMG_4601.jpg



IMG_4599.jpg



IMG_4603.jpg



IMG_4605.jpg


IMG_4607.jpg




言葉にできません。


世界中のバイヤーさんはこんな感動味わっているのか。
しかも年に二回も。

僕が一人で気になった緑のジャケットを触ってると、
巨匠が

「これはむっちゃ生地にこだわってんねんで」

と優しく説明してくれました。(たぶん)


ヤンさんを説得して一点オーダーしてもらいました。

まったく売れなかったので僕が買いました。
巨匠との思い出ジャケット、今でも宝物です。


今年の冬もヘビロテでした。




写真あったので貼っておきます。



IMG_3595.jpg





御一行は次の展示会へ。

KTZとANDRE CREWSに会いにいきました。

展示会はバイヤーとショールームスタッフの熱気に溢れていました。
一応、常識としてサングラスは外しました。




7DCE9A04-4F4E-4C82-B48E-C2AB59B5B59D.jpg



133043C8-22B1-475D-A7FD-0A04A7EAFD19.jpg



03055CF5-3A15-4E63-B3C7-684B3194BA84.jpg



900744E7-4837-433F-BAF0-9728FD839E36.jpg



51F5CC03-5090-4391-881A-9912426EFEB0.jpg



EEB9B7FB-D799-4903-ACDC-E8364A630274.jpg



BF32B047-F1CD-42D2-AD08-4A62C3710BCA.jpg



85A64DE8-F6E7-4E16-8A75-D2A84546E0CD.jpg





KTZのCEOに


「あなた知ってます。コクジンさん。」

と言われ驚きました。
インスタアカウントがkokujin28goだから覚えてくれてたんですね。



日も暮れ、御一行はパリ市内観光へ。



IMG_4635.jpg



IMG_4632.jpg



IMG_4633.jpg



IMG_4630.jpg



IMG_4631.jpg




今年12月20日をもって閉店すると発表したcolette。

クリエイティブな世界で働く人間なら誰しもが憧れる存在。
出版社時代にも何度も売り込んでいました。

「HELLO」
「HAPPY BIRTHDAY」

と書いているTシャツをcoletteバイヤーが買い付けてくれました。

京都の田舎で湧いたのを覚えています。
ジャンルを越えて愛されるショップの閉店は今年一番のニュースです。



僕の感想は



混みすぎ



です。





歩き疲れ、ようやくディナー。

ヤンさんの親友3人と弟も駆けつけました。
フランス語が飛び交い、僕はパニックでした。

フランス映画を観る度に、このディナーを思い出します。


注文もよくわからず、「日本で言うとユッケ」らしい物をオーダー。





IMG_4652.jpg




酸っぱい砕かれた生肉でした。
お口にはまったく合いませんでした。

その晩、高熱が出て、翌日パリのホテルで24時間寝ました。



ホテルの天井を眺めて、ユッケを呪いました。


そしてパリでの観光は何一つ出来ず、帰る日に撮った写真がこちら。





IMG_4664.jpg






パリやね






次回2015おたのしみに〜



ほなまたね〜




YUSUKE.








2014











まいど、高谷です







振り返りブログも中盤です。


2012 新人

2013 まぁまぁ新人

2014 まだ新人やね



というわけで2014は海外に行くことにしました。

ヤンさんと片桐さんに同行です。
(バイトだったので僕だけ実費です)


海外旅行ツアー年5回の母に
「おかん、今度バイヤーについてドイツとパリ行けることなったわ、実費やけど


と伝えると、興奮気味で


「色んなツアー体験したけど、そんなツアーは滅多にでけへんで!」




ツアー連呼した後に快く旅費を貸してくれました。








2014忘れることのない貴重な体験が出来ました。





IMG_4296.jpg



ヤンさんは先にベルリンに行っていたので、片桐さんと二人で出発。

フランスで乗り継ぎという難関ポイントもクリア。


ただマクドの注文がうまく出来ず、指差し注文で恥をかきました。




家を出てから24時間後

ベルリン到着





IMG_4298.jpg




ビールやね


ドイツのビールはぬるいと聞いてましたが、キンキンでした。

ビール党としては夢のような国です。




その日はぐっすり眠って次の日に備えました。




IMG_4330.jpg




ベルリン最大級の合同展示会へ。

ドイツといえばベンツ。
みんなベンツ。
タクシーもベンツ。

ベンツ乗ってステータス感じたい人は是非ドイツへ。



IMG_4310.jpg


IMG_4309.jpg



日本人と違うポイントは出展者がまったり楽しでいる。

それはどこの展示会でも感じました。



TATA CHRISTIANEも出展していました。

ジュリーにも再会できました。



IMG_4314-1.jpg



IMG_4315.jpg




誰よりも早く新作に触れられる優越感は展示会ならでは。

試着しまくりました。


当時もっともツボだったデザイナー、TOM VAN DER BORGHT。

彼にも会えて僕は有頂天でした。





IMG_4316.jpg



IMG_4318.jpg



IMG_4326.jpg




惜しくもこのコレクションはすべてお蔵入り。

酸いも甘いもファッションです。



その後、一行はデザイナーアトリエ訪問へ。

プレミアムが準備してくれたハイアーが豪華でした。
気前がええとこも海外やね。




IMG_4383.jpg




まずはANNTIAN。


アトリエに着くなりシャンパンと手づくりクッキーでもてなしてくれました。

昼から酒を楽しめるのも海外ならでは。




IMG_4334.jpg




クリスチャンとアンは本当におしゃれ。


幸せな生活のお手本となるような人たちです。
僕の真逆にマッピングされます。

アトリエのどこを切り取ってもANNTIANらしい。





IMG_4336.jpg



IMG_4337.jpg



IMG_4338.jpg



IMG_4339.jpg



IMG_4340.jpg



IMG_4341.jpg



IMG_4343.jpg



自分が家を建てたらANNTIANに空間デザインしてほしい。

次はSTASTYLING。



IMG_4363.jpg



IMG_4374.jpg



IMG_4377.jpg



IMG_4379.jpg



IMG_4376.jpg



STARSTYLINGはちょこちょこギャグってきます。

どちかいうと僕サイドの人たちです。



ここではたくさんのスタッフが働いていました。


みんな無口でコツコツ作業している中でデザイナーは遊んでばかりでした。

やはり僕サイドだと確信しました。




その日は締めくくりはESTHER PERBANDTのファッションショー。



IMG_4443.jpg



あとから聞くとベルリンファッションウィークで一番の目玉だったそうです。

歴史ある劇場でのファッションショーでした。
まるで舞台を観ているような感覚でドキドキです。

ソファの座り心地が良すぎてぐっすり眠れました。
ハっと目が覚めたときにショーがはじまりました。

隣を見ると片桐さんも爆睡していました。



IMG_4416.jpg



IMG_4404.jpg



IMG_4423.jpg



IMG_4439-1.jpg



IMG_4433.jpg



ショーが終わると観客総立ちでした。
ヒョー!とか歓声も湧いてたので、僕もとりあえずヒョー!しました。


海外は感動を全身で表すところも好きです。

ワイルドスピード スカイミッションは海外で観るべきでした。




次の日もアトリエ訪問&ファッションショー。

すこしペースあげていきましょう。

TATA CHRISTIANE。
VLADIMIR KARALEEV の二本立てです。


IMG_4549.jpg



IMG_4553.jpg



IMG_4550.jpg



IMG_4557.jpg



IMG_4560.jpg



IMG_4561.jpg



IMG_4563.jpg



IMG_4565.jpg



IMG_4569.jpg



IMG_4571.jpg



IMG_4568.jpg



IMG_4573.jpg






アトリエで洋服をつくるように洋服もアトリエをつくっているんですね。
とか言ってしまいたくなります。

常にあたらしいものが生まれる素敵なアトリエ。



ここに記憶として残しておきます。




さて、パリに続きたいのですが、疲れました。

読む人も正直飽きてきたと思うので本日はここまで。




ほなまたね〜








YUSUKE.



IMG_4449.jpg








2013











まいど、高谷です








振り返りブログ、少し進めます。


ファッション2年生。

2013は東京にも慣れてきた年です。


2012の口癖は



「あー雑誌のりたい」



でした。

2013ようやく夢が叶いました。








85FEC93B-7129-44FD-B6E0-5C6FB92624F6.jpg





STREET に載りました。

左から
かすみさん

ヤンさん
アントナ
いづみさん



「たかやん、STREETに載ってるで」
と友人から連絡があり、半信半疑で本屋に走りました。

この写真はTUNEに載ると聞いていたからです。

写真を撮られたのが2012年の夏くらいでした。
writtenafterwardsのショーをWUTチームで鑑賞した時です。
僕は翌月から毎月、TUNEをチェックしました。
ですが来る月も来る月も掲載されず。
半年経って、頭をかすめた言葉が"お蔵入り"でした。

TUNE常連のスギちゃん(FRANK BLACK店長)曰く

「イケてない写真はボツっちゃうよ〜」

それを聞いて諦めかけていた矢先の出来事だったのです。


雑誌を開くときは信じられないくらい緊張しました。


ペラペラとゆっくり開いていると、


あれ?

俺やん





F79AFE40-C993-415E-BECB-465D8B03659B.jpg





なんと二枚も掲載されてました。


ダブルハッピーです。



雑誌を閉じた瞬間に、スギちゃんに電話して飲みにいきました。

「よ〜やく載れたんだねぇ〜おめでと〜」

その日のお酒は仕事の達成感とはまた違った味でした。



何ヶ月かあとでスギちゃんと同じ号に載れたので貼っておきます。



3B48DD60-2866-4C7C-A374-C3F4354AC96C.jpg




484D3F87-E804-4026-9872-633CC602209A.jpg






その後、原宿を歩く度にTUNEのカメラマンさんに声をかけていただきました。

今では本音で何でも話せる呑仲間の藤田さん(THE FOUR-EYEDオーナー)。
当時はTUNEカメラマンでした。

街で会ったら「たかやーん」と声をかけてくれる度に嬉しかったです。

この頃から東京に立っていると自覚できました。








お店ではwrittenafterwardsのディスプレイが衝撃でした。



B80FEA0C-0D9A-485F-AC19-2D6D82E43B3E.jpg




BED04970-876E-4D7A-8018-69A53F09333F.jpg




2ED61068-068C-43F1-AF9D-265918C27EE9.jpg




DF641117-088C-4142-A6DC-0CAADDE52F7B.jpg





国内外で話題になったコレクションピースが展示されました。

クリスマスシーズンに引き継ぎ正月の祝感を演出されました。
きゃりーちゃんも飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍されていた頃です。

DAZEDの表紙にもなり、ファッションの最先端だったことは間違いありません。




2013といえばSTARSTYLINGが来日しました。




9600A13F-0536-44D1-AA65-E18E4AEDCF6E.jpg




EF81B527-4D23-42E2-91C1-6E7E7B6DE32D.jpg




ABFD82AA-BF16-4E93-AB82-4BD4ED3C2C82.jpg




F03C7191-5257-4CC1-95AB-5F1AF7EE0736.jpg




B036E9AF-320B-4B7C-95AE-558B89DF25D9.jpg




デザイナーのカイとカティア。

本当に大好き。
パッションとユーモアとゲスがバランスよく混ざった魅力的な人です。

「ユースケはヒップホップだからXLサイズで服つくったよ」

とカラフルなドットパーカーをいただきました。
今でも自分だけの宝物です。





5F316AC4-EF6B-4110-A924-D3D6E382645B.jpg




デザイナー来日を記念して髪の毛を染めてみました。

これが4年後の今、自分の毛根を追いつめています。
2013の後悔です。





2013もうひとつ印象に残っているのはクリスティーナ•クリナさんの展示です。

圧倒的なパワーに恐怖すら感じたほどです。






0EE294F1-9124-4C1F-A730-EA5AC1125BC3.jpg



9DC05CAB-0E5D-4125-AAA5-BCA4E60BF38E.jpg



ECA5C745-FBBC-425B-9162-285EA2FF6D33.jpg



71F1A1DF-5EA0-4A27-8A51-87BF02628627.jpg



4DC269C6-A6AE-437F-B368-E543C84966CF.jpg






編む行為を洋服だけでなく空間で表現した素晴らしい展示でした。

来店するお客さまが怯んでおられたのも良い思い出です。





さて、2013はこれで終了。



2014も頑張って書きます。




ほなまたね〜




YUSUKE.























2012









まいど、高谷です







先日ご報告があったように、今月23日を持って表参道の営業を終了します。


常に変化とは大事なことです。

変化を楽しんでいきましょう。




この場所は僕にとって素晴らしい思いでばかりです。

少し記憶に残った出来事を振り返っていきたいと思います。





151234F4-99BF-43E1-A9EC-0E894B250834.jpg



Wut BERLIN
のロゴがなつかしい。

まだボロボロのバイクが店頭にありますね。

手前に立てかけてる自転車は僕が京都から持ってきたもの。



一ヶ月でパクられました。



東京の洗礼ですね。






2435B3BF-65B7-4CC9-9C28-637CBB9FA088.jpg




はじめての商品紹介写真がこれでした。

レッグを使用したROBERTO PIQUERASのマスク。
初出勤の日にワクワクしたのを覚えています。


ほとんどが知らないデザイナーだったので日々、読み方を復習していました。



お気に入りのルックをご紹介します。




921D0D44-7672-4051-B5A7-2E277574E8D7.jpg



ANN.jpg




69076DE7-E735-4599-AE1C-DBDE9791116F.jpg




HEN.jpg




376353CD-D1C0-4793-BE94-BB6EDC32F117.jpg



47EE7834-7892-4245-9AAE-3434DAB21A5D.jpg



316C450D-76D0-4CA5-A46B-FE86F2B3E346.jpg



49F8FB9E-6DD2-4570-95D2-78B333C3055C.jpg



BERN.jpg


daniel.jpg




うーん



どれもオシャレですね。

最後の角がたくさんついているDaniel Palilloのスウェット。

地元の友人たちの間でかなり話題になっていたそうです。



ファッションの世界をまったく知らなかった僕にとって毎日が刺激でした。

そして僕にとってはじめてのインパクトはもちろんファッションショーでした。




CF9F1494-6437-42A9-A423-1FF77BCC6E09.jpg



C1E44C1A-3C80-4AC9-A3A9-635BA700581F.jpg



105FF350-32B7-4DB0-B876-BE570EEDD3E6.jpg



7FD7429F-52B4-4E05-A0F1-1A53A535AA4F.jpg



054F89E7-DDCB-408E-99D8-17029A5C97CE.jpg



5CD0CA8F-C322-4C75-85B2-45500D3C2239.jpg



25C6B3ED-F31C-4A58-9941-0326435F789D.jpg



9D8697BE-3E93-4B09-9FF8-B3822B5EBD1E.jpg





店内に入りきらない観客数。

ファッションの熱気を肌で感じた瞬間です。

こんな環境で働けることを誇りに思いました。




そして、日々入荷するクレイティブな洋服に心奪われていきました。





お気に入りは加速していきます。





1F1E8C35-5AF8-4C83-A226-9FB92AA83D05.jpg



9DAD70BB-494B-48DB-AE8E-0F7314A4F628.jpg



8A660730-C507-43F6-88A8-6601879FAC66.jpg



2BD35282-4E8D-44A8-B739-E90BBC040427.jpg



D42B6D58-0AA2-4160-A632-69E6029C5C21.jpg



96AE31FB-1E62-4D95-AADE-E43EF9333E8F.jpg



80AC3456-A252-420B-8729-CBF08C647A34.jpg



ED1F40C5-DDB7-45F2-B0AD-21A131343C70.jpg



A7A29087-18A2-476A-A345-BBD9C7376BC6.jpg



5DA489EA-7F83-482D-8F19-94C32CA5024F.jpg





2012はこんな感じで〆ます。



ファッション1年生。

今こうやって振り返ると面白いですね。


WUTのクリエイションは常に斬新で独立していることがわかります。




2013もお楽しみに。






ほなまたね!





YUSUKE.















移転のお知らせ "WUT IS MOVING!!"

 

いつもWUTへご来店頂き誠にありがとうございます。

2006年2月WUTが誕生してから11年、WUTは常に進化をし続けてきました。

そしてまた新たな形として生まれ変わります。

WUT storeは8月18日(金)よりLUMINE EST. 新宿 B2Fにございます

destination Tokyo内へ移転いたします。

現在のお店の営業は7月23日(日)までとなります。

 

表参道での最後の営業日、皆さまへ感謝の気持ちを込めてパーティーを開催いたします。

どなたでもご入場いただけます、皆さまのご来店スタッフ一同心よりお待ちしております。

2017.07.23 Sun. 16:00-20:00

Moving Party @ WUT with special discount

MOVING.jpg

WUT IS MOVING!!

It is time to change!

WUT store will be moving inside "destination Tokyo"

Store at Shinjuku LUMINE EST. from August 18th!

The store in Omotesando will close on July 23rd.

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2017.08.18 Fri. OPEN!

WUT in destination Tokyo / LUMINE EST. SHINJUKU

160-0022

東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト B2F

TEL.03-3350-5027

OPEN:平日11:00-22:00 土・日・祝 10:30-21:30

 


https://www.facebook.com/pages/Wut-berlin/151819871885

http://twitter.com/Wutberlin

http://instagram.com/wut_store



 
 

150-0001 東京都渋谷区神宮前5-1-15
5-1-15 Jungumae Shibuya-ku Tokyo 150-0001
Tel. 03 3797 1505 

LOOK OF THE DAY

TATA CHRISTIANE
Unique pieces Collection SS17
"Utopie Aléatoire"




LOOK OF THE DAY

IMG_4991.JPG


PANTS Out of Stock


mayutata1.JPG




mayutata2.JPG




maiko.JPG




maiko2.jpg



maiko3.JPG




撮影協力//model:Maiko(wall harajuku staff)


すべて1点物の商品となっております。
These items are one of a kind.

サイズや素材はオンラインショップからご覧いただけます。
Please see the size and material from ONLINE SHOP


お問い合わせはお電話又はメールにてお受けいたしております。

Tel. 03 3797 1505
>>MAIL<<

皆様のご来店をお待ちしております。






https://www.facebook.com/pages/Wut-berlin/151819871885

http://twitter.com/Wutberlin

http://instagram.com/wut_store





150-0001 東京都渋谷区神宮前5-1-15
5-1-15 Jungumae Shibuya-ku Tokyo 150-0001
Tel. 03 3797 1505






TONIGHT!!! MORE SALE START

test

 
MORE SALE
TONIGHT START!
2017.6.29 THU. 19:30~ ONLINE:

WWW.WUTBERLIN.COM

2017.6.30 FRI. 11:00~ SHOP
本日1930分よりWUT ONLINE STOREにてMORE SALEを開催いたします。
セール対象外だった商品が40OFFに、
すでにセール対象商品もさらにお安くお買い求めいただけます。

WUT
店頭では明日630日よりMORE SALEを開催いたします。
皆様のご来店をお待ちしております。

ANNTIAN - TATA CHRISTIANE - AU JOUR LE JOUR - DRINK BEER SAVE WATER - NACO PARIS - TIGRAN AVETISYAN - MAISON BALUCHON - BERNHARD WILLHELM - HENRIK VIBSKOV - NEAR.NIPPON - HETOLDME - 9BIJOUXCLOUD

FILIP VON POLEN - HUI-HUI - STARSTYLING - VLADIMIR KARALEEV - CHRISTOPHER SHANNON - TYPICAL FREAKS - ZL BY ZLISM
OUTLET


https://www.facebook.com/pages/Wut-berlin/151819871885

http://twitter.com/Wutberlin

http://instagram.com/wut_store





150-0001 東京都渋谷区神宮前5-1-15
5-1-15 Jungumae Shibuya-ku Tokyo 150-0001
Tel. 03 3797 1505

PROFILE

【写真:Yann】
WUT

WUT(ヴット)は表参道にある世界各国の革新的なデザイナーを集めたセレクトショップ。ここではWUTのスタッフがショップやブランドそしてファンタスティックな洋服たちについてお知らせします。

Archives