BLOG

秋の夜長

水金から青山通りを渡って HIGASHIYA さんへ。

季節限定の「生姜羊羹」に

爽やかな日本酒を合わせてみました。

S__55787523.jpg

せわしない日常に句読点を打つように、

たまにはゆるりと秋の晩酌。

芳しい今宵の空気にぴったりな、ガラスの器でちびりちびりといただきます。



って。

素敵だなぁ。








昼間はお互いに駆け抜けて、家に帰ってからもやれご飯作ったり、お子さんをお風呂に入れたり?

せわしない毎日だけれど、



秋の夜長22時も過ぎた頃かな~、

お昼休みに買っておいた季節の甘味を少しだけ、とお気に入りの器に盛って

これまたお気に入りの酒器で 美味しいお酒をちびちびやる。




今日あったことを話したり、懐かしい音楽を聴いて談義したりして、






そんな美味しい時間に一役買ってくれるのが

素敵な器たち。


境田亜希さんの酒器は 色も形も柔らか。




熊谷さんと境田さんご夫婦は、

秋田県ご出身だけにお酒はお好きなんだそうで

毎晩お二人で一杯やるらしいですよ。




素敵なご夫婦だなぁ。








はなかげのグラスと、はなかげの片口

こちらの柔らかな灰色シリーズは 水金のイベントために製作してくださったもの。

1AAB0F76-EB8F-4EC2-B048-6A9266FC1D4F.jpg

灰色のゆらぎが美しいです。




熊谷峻さんと 境田亜希さんのガラス展

10月14日までです。





デレデレ灰色の猫さん。














PROFILE

【写真:Masami】
Masami Tsuchimura

2001年金沢から上京。水金地火木土天冥海バイヤーとして日々日本を考えることを通して、黒猫やインドやおばあちゃんに自分と日本のルーツを見る。毎日のビアーと帰り道の猫発見に命を賭ける、旅好きテクノ好きの猫狂い。現在、新しい時代の日本企画に向かって邁進中!

Categories
Archives